営業を辞める

営業向いてないと言われた[あなたもそう思うなら辞め時]

営業向いていないと言われた。

 

でもぶっちゃけ自分でもそう思う。だから営業はもうやめたい・・・

 

けど、違う道ってどんな風に歩んだらよいのだろうか?転職とかしても同じような仕事だったら嫌だしな・・・。

 

こんなお悩みを持つ向けの記事になります。

 

私も営業辞めたいって思ったことは幾度となくあります。合わない人には本当に合わないですよね。

 

でもなかなか違う職種や仕事に就くのは結構難しいイメージがあります。

 

そんな時どうしたらよいのか、私のこれまでの経験をもとにアドバイスいたします。

 

向いてないと言われてあなたもそう思うなら辞め時です。そして道はいろいろあります。

 

詳しく見ていきます。

 

営業向いていないと言われたら

あなたも向いていないと思うなら辞めたほうが良い

他人からはもちろん、あなた自身も自分が営業に向いていないと思うなら、なんとかしてやめる方法を考えた方が良いです。

 

自分は向いていないと思っても、他人や会社からとか顧客からの評価が良い場合もあります。

 

しかし、他人もあなたも向いていないという感覚を持っているならばそれはもう向いていないと言えます。

 

つまり、主観的にも客観的にも同じ考えなので、これ以上無理に続けるのは、意味がないしあなたにとってもシンドイだけです。

 

 

向き不向きがある

仕事や職種には、向き不向きがあります。

 

生まれつき持っている性格や考え方とか、これまでの経験とかに基づいているものです。

 

会社はある程度そういった向き不向きの判断をしています。

 

あなたが苦手でも例えば会社判断で営業向きなら営業になる可能性はあります。

 

とはいえ、向き不向きがあるので、これは自分に正直にすべきです。

 

あなた自身が不向きだと思っていることをやらされるのはストレスだからです。

 

 

辞めることは悪ではない

辞めることは悪でもなんでもありません。

 

悪と思ったりするのは、つらいことから逃げ出すこと=悪、という固定概念があるからです。

 

つらいことに耐えて忍んでいくことが社会人の勤めであり給料をもらっている背景だみたいなのを、よく聞くと思います。

 

そういうのは基本無視してOKです。

 

慣れないかもしれませんが、他人にどう思われようと気にしなくてよいです。

 

私はそれを気にしてこれまでいくつも決断ができなかったり、不安を感じたりしました。

 

最低限は気にする必要はありますが、他人のことを気にしなくなってからは、すごく身軽ですし、決めたことに自信を持てます。

 

間違ってもいいんです。だって正解がわからないから。

 

あなたが決めることですから、他人の意見に左右されたり、他人の視線を気にしたりしなくてよいですし、それは無駄な不安をあおるだけなので、スルーでOKです。

 

 

営業向いていないときの辞め方

3つくらい考えられます。

異動を申し出る

まずは今の会社で別の部署に異動を申し出ることです。

 

ただ、この時ただ単に異動したいだけだと、上司からすればどの部署に異動したいのかとか、どの部署に異動さればよいのかが全く分からないので、結局何も動けないということもあります。

 

なので、営業をやめたいけどこういう仕事がしたいからこういう部署にという希望くらいは伝えましょう。

 

それをある程度考えてから異動を申し出たほうが良いです。

 

 

転職する

会社が異動を全く聞く耳持たない感じでしたら、転職を検討しましょう。

 

むしろ、異動の申し出とともに、転職エージェントへの相談を行うように、並行してやったほうが良いです。

 

どちらもかなり時間がかかりますから、効率を考えると同時並行が良いです。

 

異動の申し出をして、それがどうなるか判断出てから、となるといつまで経ってもどうなるかわからないとか、あるいは、最短でも半年後とかかもしれません。

 

転職エージェントは、別に転職をしなくても登録相談して問題ないです。

 

例えば今回のケースだと、転職活動開始して面接もしたけど社内で異動できたという場合でも、別に何の問題もないです。

 

エージェントには少々申し訳ない気もしますが、違約金とかも発生しませんし、選考を受けた企業にお詫びするとかも要りません。

 

良い表現ではないですが気軽に活動してよいです。

 

ちなみに私は2回転職していますがいずれも利用したのが以下です。

 

【リクルートエージェント】
 求人数10万件以上、実績41万件以上の最大手。

マイナビエージェント
 求人数3万件以上、優良事業者認定で安心。

パソナキャリア
 求人数3万件以上、転職支援の老舗企業。

 

キャリアチェンジする

転職もひとつの案であることをお伝えしておきながら申し訳ないですが、転職だと同じ営業職での求人が多く紹介されるかもしれません。

 

つまり、会社が変わっただけで仕事は営業という可能性があります。

 

もちろん、エージェントに希望を出せば、別の職種の紹介もありますが、中途採用は基本的に即戦力や戦力強化を求めますから、まっさらな新しい仕事という意味でわざわざ中途採用をすることはレアです。

 

キャリアチェンジという選択肢も持っておいてよいです。

 

その場合、私の経験上おすすめしたいのが、IT業界へのキャリアチェンジです。

 

私はIT業界に入ったことで、人生救われた経験があります。そしてIT業界に入ってわかったことはエンジニアのニーズが非常に高いことです。

 

そしてしかも未経験でも全く問題ないということです。

 

これはキャリアチェンジの中でも結構大きなチェンジなので、ハードルは高いですが、検討の価値はあると思います。

 

なので、選択肢の一つとして取り入れてみても良いかと思います。

 

IT業界?エンジニアってなんだ?というところからでもOKです。

 

実際、ITエンジニアを育成するサービスがありますが、そこでは未経験者向けのものだったり、無料の相談会・体験会がありますので、そこでITエンジニアったなんだというのを解決してもらうと、選択肢として有効かどうかがある程度わかるかと思います。

 

GEEK JOB:20代は無料。7割以上が未経験からスタート。カリキュラム体験有。

>>GEEK JOBの無料相談はこちらから

ゼロスク:35歳までは無料。

 

プロエンジニア:30歳までは無料。殆どが未経験。体験入学もあり。

 

 

今後の市場規模も拡大の一途ですし、ITエンジニアとしては、いきなりは無理ですが数年で独立も可能ですし、キャリアアップやジョブホップがほかの業界より圧倒的に多いし優位だからです。

 

独立も可能、ステップアップも可能、エンジニアのみならずコンサルタントとしても活躍可能です。

 

さらにはIT業界の動向から来る人手不足によりエンジニアの市場は売り手市場です。

 

営業やっているより、全然良いですよね。私はもう少し若いころにITエンジニアとIT業界への挑戦を知っていたら、間違いなく目指したでしょう。

 

実際のIT業界で働いてそう思いますからね。

 

選択肢としてぜひ検討してみてください。

 

 

まとめ:営業向いていないと言われたら辞め時

まとめますと、営業向いていないと言われたら、辞め時です。

 

そして、あなた自身も自分が向いていないと思うなら、もう間違いなく辞め時で、次の道をすぐに考えた方が良いです。

 

仕事や職種には向き不向きがありますから、自分に正直に向き不向きを考えてみましょう。

 

次の道としては、社内で異動するのが最もお勧めですが、なかなか思い通りにはならないので、その場合はもう転職ですね。

 

転職でも営業以外の職種にチャレンジ可能ですが、とはいえ、転職は基本的に即戦力を求めますから、前職の経験を活かして云々が多いです。

 

なので、全く新しい道を自分で切り拓くという選択肢も視野に入れましょう。

 

その全く新しい道が、IT業界やITエンジニアという仕事です。

 

これも合う合わない、向き不向きがありますが、将来性のある仕事なので、一度肌で感じてみてから判断してみても良いと思いますよ。

 

無料でそういった肌で触れる機会がありますので、是非選択肢のひとつとして、検討してみてください。