その他IT

SIerからフリーランス目指すってアリ?【結論:大アリです】

フリーランスで、ITのエンジニアとして働いていけるようになりたいな。

 

でも、どんなステップでフリーランス目指すのが良いんだろうか?SIerに入ってからってなると、時間結構かかるかもだから遠回りかもだけど、いきなりフリーランスというのも不安だしなあ。

 

こんな悩みにお答えしていきたいと思います。

 

フリーランスを目指すのであれば、Sierからフリーランスを目指すのがひとつ手ではあると言えます。

 

これは、実際にSierの現場で仕事をしているからこそ、そう言えます。

 

フリーランスになりたいなと思っているのであれば、SIerをステップとするのは、全然アリで、少しデメリットがあるのも事実ですが、それでも、良い事の方が多いんじゃないかなと思いますね。

 

SIerのリアルな実態を語れる立場にいるからこそ言えることも踏まえ、解説していきます。

 

 

SIerからフリーランスを目指す事

お金の面では双方にメリットがある

いきなりお金の話で恐縮ですが、非常に重要、かつ、両者にメリットがあるので、包み隠さずお話します。

 

上記の通り、お金の面では、両者にメリットがあると言えます。

 

SIerからすれば原価が減り、あなたから見れば手取りはSIer勤務時代から増えるという、どっちにも嬉しい事になります。

 

ただし、あなたがSIerを辞めても引き続きフリーランスとしてプロジェクトに入るという前提です。

 

あなたがSIerに居る間、原価と言う意味では、あなたの給料+管理費+エンジニア原価となります。

管理費と言うのは、あなたが働く為必要な道具や、あなたを雇用・維持していくために必要なお金のことで、例えば貸与されるパソコンとか、携帯電話とその料金とか、机・椅子・電気代などなどです。

だいたい一般的には、給料と同じ額が必要と言われます。

 

しかし、あなたがフリーランスになると、会社としてはエンジニア原価の負担のみとなります。

 

あなたは給料は無くなりますが、エンジニア原価が給料になります。

 

私の会社の例では、実際の数値と少し変えていますが、エンジニア原価はだいたい1ヶ月に120万円~150万円くらいになります。

 

つまりこれより低い金額で、フリーランスとして契約すれば、SIerとしては原価が下がるし、あなたにとってもSIer時代の給料より高いという事になりますよね。

 

仮にですが、月額100万円契約できれば年間1200万円です。スゴイ額ですよね。

 

このように、フリーランスとして結構高めの月額で契約できても、会社からすれば、コストは下がっていることになり、働く人のスキルは変更なし(なぜならあなたは変わらないから)という事で、お金の面で言うと双方にメリットなのです。

 

 

実践でのスキルが身に付く

お金の面の次にこれが一番大きいと思います。

 

実践と言う最高の経験を積めます。

 

実践は何が起こるか分からないし、例えばもしもスクール等で課題や仮想プロジェクトをやるのは全く異なる対応が求められるので、柔軟な対応できる力がつきます。

 

これは今後フリーランスでやっていく場合でもとても重要です。

 

SIerのプロジェクトに限らず、ビジネスでも予期せぬ出来事は必ず起こります。

 

また、不具合やトラブルもあり得るでしょう。

 

そんな時に、実践経験があると無いとでは全然違います。

 

私も、仕事は営業ですが、ロールプレイングと実践は180度違うなって感じた事があります。

 

それくらい、実践と言うのは、教科書に無い問題が載っているケースが多いので、めっちゃ有益です。

 

 

 

いきなりフリーランスになるよりも確実性が高い

実践積まずにフリーランスになるよりも、確実性が高いとも言えると思います。

 

クラウドワークスとか、ランサーズとかで受注を目指すのもアリですが、実績ゼロからのスタートだと結構シンドイです。

 

あなたがもしも依頼する側なら、実績ゼロと実績10なら、実績10を選ぶと思います。

 

そこにさらに実務経験もあるとなると、実績ゼロを選ぶのは相当勇気が要ります。何より心配で依頼しにくいですよね。

 

しかし、実践経験ありであれば、実績ゼロでも、その実務経験が実績になりますから、武器ですよね。

 

本当に何の実践経験も無く、実績も無いとなると、なかなか依頼してくれる人は少ないですし、提案したとしての選考で落ちる可能性が高いです。

 

 

フリーランスになってすぐに仕事をゲットできる可能性大

SIerからフリーランスになれば、営業活動やエージェントからの紹介をもらわなくとも、仕事をゲットできる可能性があります。

 

SIerをやめてフリーランスになる際、もと居たSIerから引き続き仕事をゲットできる可能性って、十分あり得ると思いませんか?

 

いわば、立場が変わるだけであなたという人やスキルは変わらないですから、会社的には別に、フリーランスであるあなたと契約すれば、何の問題も無いです。

 

下手に違うエンジニアをチームに入れるよりも、むしろ、ある程度経験を積んでいる人の方が、イロハを分かっていたり、いわば阿吽の呼吸と言うのも何となくわかっているはずです。

 

なので、もしもあなたがSIerを辞めてフリーランスになっても、場合によっては契約だけ交わしてあとはそのまま変わらずプロジェクトに居るみたいなことが可能になります。

 

また、そのプロジェクトが終わっても他の仕事をその会社からもらえる可能性大ですから、安定です。

 

ただ、同時に、他の仕事をゲットできそうな営業活動は必要。レバテックフリーランス等に登録して、今のプロジェクトと並行して進めると良いです

 

仕事があるうちに、新しい仕事を探しておくのは、営業的視点からもその通りで、仕事が途切れると、給料が途切れるという事に直結しますからね。

 

注意です。

 

 

 

SIerからフリーランスになる事の懸念される点

SIerを踏み台にしていると思われないか

SIerで仕事を経験してからフリーランスとなると、何だか踏み台にした、みたいに思われないかという懸念がありますよね。

 

また、あなた自身も、踏み台にしたという思いで、悩ましいかもしれません。

 

そうかもしれませんが、SIer含めてIT業界はジョブホッパーが多く、かなり出入りが激しいです。

 

私もこれまで経験してきた仕事や会社の中で、結構出入りが多いなと言うのがIT業界やSIerの印象ですね。

 

転職していく人も多いし、転職してくる人も多い。なので、辞めていくのには、ある意味慣れているから、踏み台にされたという感は、SIer側からしても、無いですね。

 

 

最初からフリーランスのエージェント等に頼る方が良い?

SIerからフリーランスになると、少々遠回り間があるので、最初からフリーランスのエージェント等から仕事紹介をもらった方が良いのでは?という懸念もあると思います。

 

た早くフリーランスに、という事なら、エージェントを頼るのが早いです。が、上記の実績や実践経験の点をお伝えしたように、いきなり仕事をゲットできるかどうかという点が問題として浮上してきます。

 

SIerからフリーランスになるという事であれば、短く見積もっても1~2年は経験積んだ方が良いのでその分フリーランスになるのは遅れますが、確実に実践経験を積むことができ、プロジェクトに入ることが可能になります。

 

この点は、非常に優位で、SIerでは色々プロジェクトが動いているので、途切れることなく次々と経験を積めます。

 

フリーランスでしかも最初の実績が少ない時は、そんな継ぎ目なく仕事は得られない可能性があるので、期間は少々必要ですが、SIerからフリーランスを目指した方が長い目で見てメリットですね。

 

 

 

まとめ:SIerからフリーランスは良いステップ

まとめますと、SIerからフリーランスを目指すのはとても良いステップです。

 

生々しい話ですが、お金の面で言うと、あなたがフリーランスになれば、SIerから見れば原価が下がってハッピーです。

 

そしてあなたから見れば、手取りが増えてハッピ―です。

 

どっちにもメリットがあると言えます。

 

また、実践というに何にも代えがたい、そして血となり肉となる経験が詰めることは、長い目で見て非常に大きなものです。

 

やはり実践経験が多いと、トラブルや不具合や予期せぬ自体への対応力が格段に違いますからね。

 

おまけに、SIerに居れば、工数が開いていれば次々にプロジェクトに投入されますので、嫌でも経験を積めます。

 

色々経験できて辞めるというのも、何だか踏み台にしている気がするかと思いますが、SIerを含めIT業界は出入りが激しいので、慣れっこです。

 

何より前に述べた通り、お金の面でお互いメリットなので、そこまで踏み台にされた感は無いですね。

 

ぜひ、SIerからフリーランスを目指すという道も考えてみてください。