プログラミング

AIエンジニアに文系でもなれるのか?現役IT企業勤務の私が解説

AIエンジニア目指したいんだけど、文系でもなれるのかな?理系が強い気がするから気になる。

 

こういった疑問にお答えします。

 

AIエンジニアは市場価値は高いし将来性もあるから目指したくなりますよね。

 

一方で、特に文系の方にとってはハードルがとても高そうな気もしますよね。

 

この記事では、AIエンジニアに、文系の人間がなれるのかどうかを解説していきます。

 

私は現役でIT企業で働いており、AIプロジェクトは多数経験しまして、多くのAIエンジニアと関わってきました。彼らの経歴も知っていますので、リアルな実態に基づき紹介します。

 

AIエンジニアに、文系でもなれる道筋もご紹介します。

 

 

AIエンジニアには、文系出身でもなれるのか

文系でも未経験でもAIエンジニアになれる

結論からですが、文系でもAIエンジニアになれます。未経験でもなれます。

 

何故なら、私自身、今のIT企業で仕事をしている中で、そうした人を何人も見てきたからです。

 

バックグラウンドも様々で、知っている限りですが、以下です。

 

・介護関連の営業

 

・経営コンサルタント

 

・地質学とか地層の研究者

 

文系はもちろんですが、ITに縁もゆかりもない感じですよね。

 

こういった方々でも、AIエンジニアになれていますし、実際AI開発を行っています。

 

しかも超大手企業と契約したAI開発のプロジェクトです。

 

恐らく日本人ならだれでも知っている超大手企業です。

 

という訳で、実際AIエンジニアになれた文系の方の実例、しかも私が実際に一緒に仕事した方というリアルな実例になります。

 

 

理系だから簡単という訳でもない

AIエンジニアは文系だと難しいというイメージがあるようですが、理系だから簡単ということでもないです。

 

確かに、数学の知識とか統計学の知識とか必要ですし、エンジニアという職業そのものが、理系寄りな気がしますよね。

 

でも実際というか、本当にITの現場で必要とされるAIエンジニアは、理系的な要素も必要ですが、コミュニケーション能力とか、どうやってその課題をAIで解決しようかと考える思考力とかが重要になります。

 

AIエンジニアの仕事って、AIを作る事のみという気もしますが、確かにそれは間違いではないです。

 

しかしそのために、つまりAIを作るためにはAIの設計が必要で、その時に必要な事は、課題の解決、そして仕事の中でどうやってAIを活用できるようにしていくか、という点を考慮しないといけないんですよね。

 

なので、文系の人の方が難しい云々ということは無いです。

 

総じて難しいということです(笑)。

 

だから、人材としての希少価値が高いとも言えます。

 

 

ぶっちゃけかなり頑張らないといけない

文系からAIエンジニアになるには、というか、AIエンジニアになること自体、かなり頑張らないといけないと思います。

 

これはAIエンジニアに限ったことではありませんよね。

 

例えば会計士とか弁護士は人生かけるくらい頑張らないといけないし、語学で言えばTOEIC800以上とかも相当頑張らないといけないですよね。

 

高度なスキルやノウハウを習得するのは、どれも並大抵ではありません。

 

特に文系目線で言えば、不慣れというか、むしろ過去に捨てて気かもしれない数学の知識が必要など、勉強することがたくさんあります。

 

当然ながら、AIを作る主なプログラミング言語であるPythonも学ぶと思いますがこれも初めてと思います。

 

最初は知恵熱が出るんじゃないかとか、脳みそが焼けるような、キツい感じがしますし、何言っているのかサッパリ分からないみたいな事にもなります。

 

しかし、学びを続けていけば、徐々に理解できるようになってきます。

 

実は私もPythonを学び、簡単なAIを作ってみましたが、最初は勉強していても全く意味不明で、理解できたとか理解できないとかとかそういうレベル以前の問題でした。

 

しかし、勉強を続けていくと、「ああ、そういうことか」という感じでストンと腹落ちするときが来ます。

 

そしてさらに次のステップに進む、ということの繰り返しです。

 

最初のころは、何が分からないのかが不明というカオス状態ですが、耐えて続ければ分かってきます。

 

なので、AIエンジニアになるためには、かなりの頑張りと分からないながらも前進する強い気持ちが必要です。

 

しかし、言い方を変えれば、キツイけれども、必ず理解できるようになり、仕事としてやれるレベルになるということですね。

 

 

AIエンジニアに文系でもなるためのルート

AIエンジニア育成スクールの活用

文系からAIエンジニアになるという手段として、まずあるのが、AIエンジニアの育成をサービスとして提供しているスクールの活用ですね。

 

実際のところ、結構な割合で、ITやプログラミングそのものを全く経験していないところからスタートする人がいます。

 

そういった全くの未経験者でも、立派なAIエンジニアになれるようにカリキュラムを組んでいたり、チューター等が質問対応するなど充実したサービスを提供しています。

 

初期投資として、スクール費用がかかりますが、中には講座終了後になりますが、国の給付金を活用すれば7割くらい還付されるものもあります。

 

就職の支援もしてくれるAIエンジニア育成サービスは主に以下です。

・AIジョブカレ:実践的カリキュラム。未経験でも転職支援あり(無料)。

 

・キカガク:実践重視のカリキュラム。転職はDODAと連携(無料)。

 

どちらも、スクール受講前に、無料で相談会や説明会をやっていますから、一度話を聞いてみるのが良いと思います。

 

>>AIジョブカレの無料説明会の申し込みはこちらから

 

 

どっちか良いか、とか、学び方や実績、もちろん費用で決めるなど色々基準はあると思うので、ざっくばらんに聞いてみるとよいです。

 

 

AIエンジニアとして就職する

学ぶことをすっ飛ばして、いきなりAIエンジニアとして就職するという荒業です。

 

そんな事無理でしょ?と思うかもですが、実際そういう人は結構います。

 

私がプロジェクトで一緒になったAIエンジニアは、全く未経験状態で会社に入り、3ヶ月猛烈に勉強してその後AIエンジニアとして活躍しています。

 

いわば、実践でAIエンジニアとしての色々な事を学んでいく訳ですね。

 

確かに、AIエンジニア育成スクール等で基礎を学ぶことも重要ですが、こうした実践形式で叩き込んでいくのもある意味重要ですね。

 

机上の知識を現場で活用できないと意味ないし、時に、机上の知識が役に立たない時がありますから、ある意味合理的です。

 

基礎がちょっとあやふやになる点は少々気になりますが、それも含めて実践で学んでいく感じです。

 

以下は、未経験からIT企業へ転職することを支援してくれるサービスです。

 

・ウズキャリIT:ブラック企業排除済。就職後の定着率は97%の安定感。

 

・IT求人ナビ:給料もらいながら研修が可能。ITへの未経験転職を13年間支援。

 

>>ウズキャリITに登録して求人を探してみる方はこちら

 

 

>>IT求人ナビに登録して求人を探してみる方はこちら

 

 

ここから、AIエンジニアの求人を探してみるというのも手段としてアリでしょう。

 

「ある訳ない」「受かる訳ない」と思うかもですが、やってみないとわかりません。

 

求人探しは無料ですから、リスクはゼロですから、ぜひやってみてください。

 

 

AIエンジニアの将来性[参考]

最後にAIエンジニアの将来性について簡単に解説します。

 

経済産業省のデータにもありますが、AIなどを扱える人材は、ニーズが増えるのに人材が足りないという事態が将来起こりうるという状況です。

 

2020年時点で、既に人材不足は発生していて、市場規模等からざっくり計算して5万人近く不足している状況です。

 

仮に同じ割合で市場が成長し、人材が育成されたとしても、2030年には60万人近く不足するという強烈な推測があります。

 

実際にIT企業でいくつもプロジェクトを進めている立場からすれば、今でも足りていないのがリアルなところですし、市場も成長しているのは手に取るように分かりますから、推測に大差は無いと感じますね。

 

そして確かに経産省のデータ通り、AI開発のニーズは増えています。

 

AIの開発って、結構個別というか、使い方とか用途をしっかりしないといけないので、サクサク作れる訳ではないんですよね。

 

また、一品一葉というか、同じAIは存在しないとも言い切れるくらい、必要とされるAIの用途はマチマチです。

 

例えば最近よく引き合いがあるのは、熟練工とかベテランの「勘」をAI化することです。

 

しかしその「勘」は山ほどあります。

 

不良品を見極める、材料の配合を決める、温度や湿度から最適な配合を決める、などなど、あなたも匠の技的なことをパッと思いうかべるだけでもかなりありますよね。

 

そんな感じで、AIの用途がめちゃくちゃ広く、そしていろんな事に活用出来て、なおかつ投資対効果が高いので、グイグイ伸びているんですね。

 

今後も人材としての必要性は高いため、希少価値があることから、好待遇で仕事が出来る可能性が高いと言えます。

 

 

まとめ:AIエンジニアに文系でもなれます[頑張りは必須]

まとめますと、AIエンジニアに文系でもなれますかという事に関しては、なれますと言い切れます。

 

実際に私の知っているAIエンジニアが実際に文系出身だからです。

 

おまけにIT未経験からのAIエンジニアです。

 

ただし、なれますと言いましたが、かなりの努力や頑張りが必要です。

 

なるための方法はいくつかありますから、あなたに合ったものを選択すればよいと思います。

 

AIエンジニアになるのは大変ですが、ITの現場では非常にニーズが高く、待遇も良い職種なのは間違いありません。

 

文系でも関係なく、努力次第ですから、頑張って見る価値は、めっちゃあると言えますので、挑戦してみてください。