仕事

出世できないとわかったら?【出世が全てではない】

同期に先を越され、後輩にも抜かれ、もう出世は無理だな・・・

このままずっとヒラ社員で定年かもな・・・

 

そう思うとちょっとヘコみますよね。

 

同期が上司とか、後輩が上司とか、めちゃくちゃやりにくいし嫌ですよね。

 

私も本ブログで偉そうな事言っていますが、育休を取ったこともありますが、昇格は同期(中途なので同期というべきかですが)の中で多分一番遅いですし、後輩に追いつかれたりしてます。

 

考え方、気持ち次第的なところもありますが、出世は出来ないなとわかった時にどういう風に考えれば良いかをご紹介します。

 

 

出世できないなとわかったら

出世が全てなのかを考えてみる

あなたにとって、出世することが人生やサラリーマンとしての全てなのか、今一度考えてみましょう。

 

出世できないと人生終わった、くらいまで思えるのか、などです。

 

まあ確かに、対外的と言うか、知人等と会った時に、役職に就いていたりすると自慢げに出来ますし、出世したら給料が上がりますから悪くは感じ無いでしょう。

 

しかし、出世したらそれだけ仕事は増えるし、責任も増えるし、という感じです。

 

給料に関しては、結果重視という感じになり、例えば部長になったら、部の成績が自分の成績みたいになります。

 

プレイングマネージャーで、個人的に良い成績を出しても部署がダメだったらダメという烙印を押されて終わりです。

 

あなたの目標や人生計画は出世が無いと成り立たないでしょうか?

 

そういった視点でも考えてみて、本当に出世って重要なのか?という目で見てみると、捉え方が変わってくるので、一度試してみてください。

 

 

 

出世した方が損すると思うようにする

出世したら、良い事ばかりではなく、損とか苦労することもあります。そう思っておけば、本当に出世したいか?となります。

 

なので一概に、出世=良い、とも言えません。

 

例えば課長や部長になることで、損することもあります。

 

例えば、部長の例で言うと、以下のような事が、結構大変です。

 

①部署の成績が自分の成績。部下が頑張らないと達成できない

②残業がつかない。労組から抜ける為。

③部下の失敗、部署の未達など全てにおいて責任とらないといけない

④管理職としての仕事が増える。時給換算で下がるかも。

 

どれも結構キツイですが、個人的には、①と③がきついと思います。

 

自分がいくら頑張っても結果に反映されないというのはかなりキツイです。部下や同僚の力を借りないといけないどころかそれが全てです。

 

また、③については、基本的にはミスやトラブルのお詫びです。ある意味怒られ役みたいな感じです。

 

これも、自分のミスやトラブルではないのに頭下げないといけないとか結構キツイです。

 

もし、部下が一生懸命真面目にやった上であれば致し方無いという気持ちになりますが、そうでもなくて不真面目な部下によるミス等だとはらわた煮えくりかえる感じですね。

 

出世して給料もらっても楽な事はなく、損と言いうか精神的にきついです。

 

 

 

出世できない事をフル活用する

出世できないならば、その立ち位置をフルに活用するという、悪い言い方をすると開き直りをしてしまうのもアリです。

 

言い方悪いですが、責任取らなくても良い立場ですし、自分の仕事は自分の成果ですから、いろんなしがらみや制約が無い中で、伸び伸び仕事が出来ます。

 

自分が頑張るか頑張らないかで成績が来まるから、明白ですよね。

 

出世すると上記の通り、自分の頑張りどうのこうのではなく部下の頑張りが自分の成績になるから、悩ましいことばかりです。

 

なら、伸び伸びやる中で、仕事するのが良いですよね。

 

例えばテレワークをメインにして、空いた時間に副業やるとかもありです。

 

別にテレワークならば誰にも縛られないし、ちゃんと結果出しておけば別に何も言われないし、そもそも誰にも見られて無いですからね。

 

出世するとそういう訳にも行かず、30分の会議のために電車乗り継いで会社に戻るとか、無駄な事をたくさんしないといけないです。

 

出世しない方が開放的ですし、時間を自由に使えます。

 

幸福度で言うと、こっちの方が上かもしれませんね。

 

 

若くして出世てもツラいだけ

もし若くして出世して役職についても、ツライ事ばかりです。

 

上記で、同期や後輩が上司、ということを書きました。

 

逆で、年上の部下、というのはどうでしょうか?

 

年上に指示命令しないといけないし、年上を評価しないといけないし、もっと言うと年上にちゃんと働け結果出せと、時には叱責しないといけない訳です。

 

やりにくくてしょうがないですよね。

 

気を遣わないといけないけど成果出してもらわないと困るみたいなところで、板挟みではないですが、かなり神経を使います。

 

最年少マネージャー、とか、最年少部長、とかって結構気持ちい響きですが、響きだけで、実態は辛い事の方が多いですね。

 

 

 

出世できないとわかった人の生き方実例

私の身近に居ました出世できなかったけどイキイキしている人を紹介します。

ベテランエンジニアのAさん

以前は部長まで上り詰めたエンジニアですが、ある時、上層部の意向で部長降格を言い渡され、給料や階級はそのままですが、ヒラになりました。

 

実力も人間性も素晴らしいのですが、ただの上層部の友達人事ではじき出された感じです。

 

が、上記の通り人間性がすばらしいですし、実力もあるので、若手やベテラン、そして部署関係無く広く仕事をしていて、伸び伸びやっていました。

 

少し悪い言い方をするとやりたい放題やっている感じでした。

 

その後、早期退職を利用して退職金を割り増しでもらって、隠居生活を送っています。

 

部長から降格なんて言われると落ち込みますよね。それ以上の出世はもうないと言われているも同然ですから。

 

しかし、その後の方がイキイキしていました。

 

何が幸せなのか、何が自分にとって良いのか、という点を考えてみれば答えは出るのかもしれませんよ。

 

 

ベテラン営業マンBさん

かなりのベテランで、20代の社員から見れば自分の父親と変わらないくらいの年齢です。

 

過去に役職に就いた事もなく、階級としても、年齢に対して低いです。

 

しかし、成績は抜群で、顧客からの信頼も厚く、とても優秀な営業マンです。

 

管理職としての適性が無いのか、上層部から好かれていないのかは不明ですが、成績にそぐわない感じです。

 

しかしその営業マンは、別に気にしていなくて、伸び伸び仕事していますし、上記エンジニアAさんと同様、好き勝手にやっています。

 

自分より年下の人に次々と出世レースで抜かれているので、出世できない事は理解しているようですが、「だから何?」と言った感じです。

 

気持を切り替えたのか、全く出世に興味がないのか、期待されていないのか、詳しい事は不明ですが、いずれにしても、今の状態を理解し、自分にとってベストな選択や働き方をしていますね。

 

わたしのこと

まだ完全に出世できないと決まった訳ではないですが、同期に遅れを取り後輩から並ばれ、と言う状態だと、なかなか出世の道は開けない感じもします。

 

なので私は今は自由にやりたい放題やってます。

 

テレワーク中は、会議であまり出番無い場合はブログ書いてますし、会社行かなくても何も言われないので、ずっとテレワークしてます。

 

まぁ、ちゃんと評価されない時期もあったので、その仕返しというと言い過ぎですが、いずれにしても、家族と副業の時間をどうとるかを優先しながら仕事しています。

 

会社を利用するスタンスで、仕事してます。

 

楽で良いです。

 

 

このように、出世できなくても自分らしく、幸福度高い生き方はたくさんあります

 

出世が全てではないし、出世したら損すること、苦労すること、ツラい事の方が多いこともあります。

 

出世できないと分かったら、じゃあどうする?何が自分にとってハッピー?という事を考えてみれば良いです。

 

 

出世できないとわかっても出世を諦められないなら

とはいえ、やはり出世というものに拘ったり、テッペン取りたいという思いを捨てきれない場合、あるいは、年下上司とかプライドが許さん!みたいな感じのように、出世を諦めきれない場合もあると思います。

 

あるいは何で俺を出世させないんだ、という会社に対しての不満を持っている場合もありますよね。

 

そんな場合は、今の会社でいくら頑張っても不満をぶちまけても出世は無理なので、転職した方が良いです。

 

出世できないのは何かしら理由があります。あなたの能力等が評価されなかったり友達人事で出世が決まるみたいな感じなら、その会社であなたの出世は無理です。

 

他の会社での出世を求めるべきです。

 

成績では判断できない大きな力で、あなたの出世が妨げられている訳です。

 

となると、その変な大きな力の及ばない、別の会社という選択肢が良いです。

 

実際に利用した転職エージェント【迷ったら全部活用してみる】ネットで転職エージェントって検索すると、めちゃたくさん出てきます。 比較サイトもたくさんありますが、評価がマチマチで何が正...

 

 

まとめ:出世できないとわかったらベストな選択をする

まとめますと、出世できないと分かったら、あなたにとって、ベストな選択肢は何なのかを考えてみてください。

 

また、そもそも論かもしれまんせが、出世が全てではないですし、出世することで損したりツラい思いをすることもあります。

 

周りを見ているとその方が多い気がしますね。

 

出世して白髪増えたとか、ハゲてきたとか、太ったとか。いずれもストレスです。

 

出世は対外的にはすごく良く見えて、順調にキャリアを積んでいるとか、出世街道ひた走るみたいな前向きなイメージですが実態はそうでない事の方が多いです。

 

出世できないとわかったならば、その状況をフルに活かして、どうすることが人生の幸福度を上げることなのかを考えれば、出世に拘る自分が、スゴイ小さい人間だと思えて来ます。

 

もっと広い視野で見る必要があります。

 

出世できないとわかってしまっても、それでも出世にこだわる場合は、別の会社で出世を目指しましょう。

 

選択は自由です。

 

あなたにとって、ベストを選びましょう。