仕事

退職の時に有給を捨てるのは超もったいない[お金を捨てています]

退職するんだが、有給休暇の消化をさせてもらえなさそう。上司もだめって言っている。

 

円満退職しておきたいから、譲歩して、残った有給は捨てるしかないのかな。

 

こうした疑問にお答えします。

 

退職のときにおそらくほぼ全員がぶち当たる壁の有給消化問題ですね。

 

日々の仕事忙しくて、満足に有休なんてとれないから、毎年付与されるものが、積み立て状態で増えていっていますよね。

 

その多さゆえ、全消化は言い出しにくいし、円満退職のためにもあまり揉めたくないからどうしても、未消化分を捨てるという方向になりがちかと思います。

 

しかしそれは超もったいないので、何とかして全消化しましょう。私は殆ど捨てたことがあるので反面教師にしてください。

 

この記事では退職時に有給を捨てることのもったいなさと、それを回避するための策をお伝えします。

 

退職時に有給休暇を捨てる損失

圧倒的にお金です。

 

有休は有給休暇の略です。つまり、給料が発生する休みな訳です。

 

そのため、有給休暇を捨てることはお金を捨てることになります。

 

20日くらい残っていたら、毎月の給料に匹敵するくらいのお金が入るわけです。

 

悪い言い方ですが、引継ぎも終えて、次の仕事まで何もしないのに給料が入ってくる訳ですね。

 

それを、上司や会社からの圧力や、円満退職ということで空気を読んだり譲歩したりして捨てますか?と聞かれるとどうでしょうか?

 

目の前にある月給をゴミ箱に捨てれるでしょうか?

 

即答でNo、つまり、何が何でも取得しようと思いますよね。

 

取得しましょう。

 

 

 

退職時に有給休暇は捨てる必要があるのか?

結論、捨てる必要は全くありません。むしろ前に述べた通り、何が何でも取得しに行きましょう。

有給休暇の消化を拒否される筋合いは無い

あなたが有給休暇の消化を希望すれば、会社や上司から拒否される筋合いは一切ありません。

 

有給休暇は、労働者に認められた権利で、会社もそれを認めていて、おそらく規定等に書かれています。

 

上司を含めて会社は、有給休暇の取得に際して、基本的には拒否することは出来ないからです。

 

基本的に拒否できない、という表現をしたのは、「時季変更権」というものを上司も会社も持っているからです。

 

まとめると、ちょっとこの時期は人が足りなくて仕事回らなくてヤベーからお願いだから有給休暇の取得時期をずらしてくれませんか?というものです。

 

ただこれはあくまで有給休暇の取得の【時期】を変更するものであり、却下するものではありません。

 

つまり、あなたの有給休暇の取得(消化)は誰も拒否できないんですね。

 

なので、拒否される筋合いは無いということです。

 

また、会社の規定で、「上司の承認を得ること」というものがあったとしても、それは「承認」を得ることであって、拒否は出来ません。

 

会社というのは、統制が取れているか、ダブルチェックが機能しているか、などのために、必ず何かしら上司の承認を得ることを定めています。

そのため、法的には不要なのに有給休暇の取得に際して上司の承認がいるということにしているケースが多いのです。

 

もっと言えば、規定などでも、承認を得ること、とありますが、拒否されることもあるみたいなことは書かれてないはずです。

 

そのため、上司や会社からすれば、あなたの有給休暇の取得の申請は、承認するしかない訳です。

 

このことを勘違いしている人が多いようです。

 

実際に私が退職するときもそうでした。

 

当時の上司は、私に対して堂々と「有休消化はダメだ」「テメエ退職する分際で何ほざいてるんだ。退職するならさっさと辞めろ」と言い放ちました。

 

当時はビビってしまったり、承認が無いから有給休暇の消化できないと思い込んでしまい、それ以上粘りませんでした。

 

お金を捨てたわけです。

 

 

有給休暇の消化を拒否されたら人事に報告・相談する

上司が有給休暇の消化を却下するなら、それは人事に報告し、相談しましょう。

 

昨今、コンプライアンスとかめちゃくちゃうるさいので、有給休暇の消化の申請却下等ということは、人事としても見過ごすことはしません。

 

なので、人事からあなたの上司に指導が行き、承認されるでしょう。

 

上司や会社とは揉めるかもしれませんが、そこは有給休暇を捨てることで損するお金には代えられないです。

 

有給休暇の残数にもよりますが、20日くらい残っていたら月給と同じくらい、40日くらい残っていたら月給の倍が何もしないで入ってきます。

 

しかも、別に悪い事している訳ではなく、当然の権利を主張しているだけです。

 

上司から有給休暇の消化を拒否られたらまず人事に相談しましょう。

 

 

最終手段的に強引に取得してもいい

有給休暇の消化を拒否されたり、却下されたり、あるいは絶対あなたの申請を承認しない等の状況であれば、少々強引でも無理矢理取得するなど強行策を取ったらいいです。

 

円満退職を行おうと色々とあなたは考えていたり、気を遣っていたりしていると思います。

 

しかし、あなたの有給休暇の消化の申請を拒否されているのであれば、別問題です。

 

その場合は強引に取得してもいいんじゃないですかね。

 

承認されないなら、退職日から、残っている有給休暇の日数を逆算して退職届を書き、同時に有給休暇の申請をしましょう。

 

会社の申請書のフォーマットがあるかもですが、その点は無視して、メールで申請しておけば良いです。

 

で、ここまで来ると完全に会社と揉めている状態になるので、色々面倒くさいです。

 

退職の手続きもあるし引継ぎもあるし、次の会社に向けてもあるので、色々手が回らなくなり始めて、最終的に「もう面倒だからいっか」という感じで有給休暇を捨ててしまいそうになりがちですが、そこま踏みとどまりましょう。

 

もう一度言いますが、月給を捨てますか?ということです。

 

なので、どうしても有給休暇の消化が承認されない、揉めている状態ならば、全て消化する前提で退職日を決めて退職願を出して、あとは退職代行ガーディアンに頼みましょう。

 

 

 

退職代行ガーディアンは、法を盾にできて、かつ、安価に退職代行してくれるサービスです。退職含め、お金や契約が絡むものは法を盾に出来るところでないと対抗できない場合があります。

 

会社も弁護士とかいますからね。

 

揉めている状態ですからぶっちゃけもう関わりたくないと思いますから、そこは代行費用を払ってでも依頼したほうが良いですね。

 

結果的に、お金はかかりますが、あなたが交渉するより多くの有給休暇の消化を実現してくれるでしょうし、面倒な交渉もしなくて良いですから、プラスになる可能性大です。

 

>>退職代行ガーディアンに申し込む

 

退職代行ガーディアンを解説 コスパ良く法を盾に退職率100%退職代行ガーディアンって、安心して依頼できるのかな?評判とか安心材料とか知りたいな。 そんな疑問にお答えしたいと思います。...

 

 

退職時に有給休暇を捨てた私を反面教師に

ここで、僭越ながら私の経験をお伝えしますので、ぜひ反面教師にしてください。

 

私は2つ目の会社を辞める時に、残った有給休暇を消化させてもらいたいと直訴しました。

 

前述の通り、罵倒され叱責されて却下されそれを鵜呑みにしてしまいました。

 

当時の会社は、上司の言うことは絶対で歯向かうことは許されず、という社風でした。何をやるにしても上司の承認が無ければできない。

 

もし承認を無しにやってしまったら、もう大変です。叱責どころではないです。

 

ある意味恐怖政治みたいな感じだったんですね。

 

なので、有給休暇の消化に際しても、上司が却下=もうダメみたいな感じでした。

 

おまけにその上司からパワハラ受けてたので、早く辞めたいのともうこれ以上関りたくないという思いから、有給休暇を捨てることにしました。

 

30日分くらいは残っていたかと思いますが、それを捨てました。

 

今思えば、今後関わることも無いし、パワハラ受けてたので、その復讐とばかりに、円満退職クソくらえで、退職代行に全て依頼して、有給休暇を全消化しつつバックレ状態でやめてやればよかったなって思います。

 

たられば言えばキリがないですが、要は、後先考えず強引に有給休暇の消化をする方向であらゆる手立てを講じてOKということです。

 

 

まとめ:退職時に有休は絶対に捨てないように

まとめますと、退職時に有給休暇の消化が出来ずに捨てないといけないようなシチュエーションになった場合でも強引に取得しましょう。

 

もしも有給休暇の消化をしないで退職する場合は、その分のお金を捨てることになります。例えば20日間の有休が残っていれば、月給に匹敵する額を捨てることになります。

 

出来る限り捨てないようにしましょう。

 

最悪、退職代行サービスに有給休暇の消化を含めて一切の交渉を依頼して、あなたは果報は寝て待て状態というのもアリです。

 

お金はかかりますが、あなたが交渉するより多くの有給休暇の消化を勝ち取ってくれますし、何よりあなたは退職に関する交渉を何もしなくて良いので、最高ですね。

 

私は有給休暇の消化をできずに辞めて、何十万円を捨ててしまいました。その経験から、このようなアドバイスをいたします。

 

悪い事は一切無いし、法で認められた権利ですから、何を言われようがどう思われようが、場合によっては円満退職なんてクソ食らえという気持ちでもいいので取得しましょう。

 

退職代行ガーディアンを解説 コスパ良く法を盾に退職率100%退職代行ガーディアンって、安心して依頼できるのかな?評判とか安心材料とか知りたいな。 そんな疑問にお答えしたいと思います。...