生き方

新卒で入った会社で絶望したとき[落ち込むけど前を向けば勝てます]

新卒で入社した会社で働いているけど、毎日絶望しか感じない。

仕事は合わないし激務だし辛い。

 

こういったお悩みにお答えします。

 

新卒で入った会社って、少なからず希望を持っていたり、不安だけどワクワクもしていて・・・という感じですよね。

 

でも、その新卒で入った会社で、仕事が合わないとか人間関係最悪とか、激務薄給のブラック企業だったなんてあると絶望しますよね。

 

この記事では、そんな新卒で入った会社に絶望しているあなたへ、絶望からの抜け出し方をお伝えします。

 

私も新卒で入った会社では、全く適性が無いのに営業に配属になり、ノルマ未達で毎日激詰めされる日々でした。地方で友達も居なく出会いもなく、公私ともに絶望していましたが、前を向き、自ら行動することで、そこから脱出しました。

 

この経験をもとにあなたの力になれればと思います。

 

では行きましょう。

 

 

新卒で入った会社に絶望したら

落ち込みますが、前を向いて、次なる一手を打ちましょう。前を向いた者が勝ちます。

違う会社行きましょう

新卒で入った会社に絶望したら、シンプルにその会社は見切りをつけて、次の会社にいくことが良い選択肢だと思いますよ。

 

何故なら、絶望している会社でその後何十年もやっていけるでしょうか?

 

モチベーションも無いし、希望も無いしという状況では、長く働く事にリスクしかありません。

 

近い将来、心身に異常をきたして、最悪は人生終わる可能性だってあります。

 

確かに、新卒で入った会社って、厳しい就活を勝ち抜いた事だったり、迷った上で選んだとか、いわゆる思い入れ的なものもあるでしょう。

 

また、新卒で入った会社で生涯勤め上げることがサラリーマンに求められることだ、みたいなマインドもあるのも事実だと思います。

 

ですが、もっと広い目で、かつ本質を考えるとそういった、新卒の会社への思い入れとか長く働く事が美徳的なことって暗示とか固定概念です。

 

働く理由って、お金を稼ぐためですから、言ってみれば会社はどこでも良い訳ですよね。

 

だから、あなたの納得いく稼ぎを得られるなら、一部上場だけでも2,000社以上ある中から働ける会社で働けば良いのです。

 

乱暴な言い方ですが、これが本質です。

 

新卒で入った会社に絶望したなら、次の一手としては違う会社で給料もらうことにしましょう。

 

 

前向いて行動すればその時点で勝ちです

新卒で入った会社に絶望した場合、前向いて行動を起こせば、その時点で勝ちのルートに乗ったも同然です。

 

正直、新卒で入った会社に絶望したら、めちゃくちゃ落ち込みます。

 

私も相当落ち込みました。

 

人生の選択失敗したな、とか、人生終わったかも、みたいな風に思ったんですよね。

 

ただ、経験から言えば、落ち込むのも、人生終わったって思うのも、全然OKです。

 

何故なら、ほとんどの人が、そう思うからですね。

 

ポイントは、その絶望状態から、前を向き、今をあなたの手で変えようと動き出すことが出来るかどうか、です。

 

絶望しつつ働いても、現状は変わりません。

 

もちろん、会社の中で変化が起こって良い方向に行くかもしれませんが、それは他力本願です。

 

あなたの力ではどうしようもないですよね。雨乞いみたいな感じで神に祈るほか無いという感じです。

 

しかし、次なる一手として紹介した別の会社に行くこと、すなわち転職はあなたの力で今を変えれる手段な訳です。

 

そして、絶望した後に、前向いてその次の一手を打てる時点で、あなたは勝ちです。

 

絶望から這い上がるチャンスをつかもうとしているからです。

 

そのまま勝ちましょう。

 

 

新卒ですぐ転職してもキャリアに傷はほぼゼロ

とはいえ、不安としてあるのは、新卒早々転職したりキャリア変えたりというのが今後の経歴に影響が出ないか等だと思いますが、おそらくほぼ傷は無いと言えます。

 

また、新卒早々で転職活動しても求人はおそらく結構ありますから、安心して問題ないです。

 

第二新卒なんて言葉もあるくらいですし、第二新卒特化の転職支援サービスなんかもありますから、安心して良いでしょう。

 

実際、新卒の年に早々に辞めていった後輩が何人かいますが、いずれも、こういったら良くないのかもですが、名の知れた企業に再就職しています。

 

とはいえ、古い企業や超がつく大企業となると厳しいかもです。

 

いまだに学歴とか経歴を重視していますからね。

 

ちなみにですが、大企業で働くからと言って、良い訳ではないです。本質は、良い待遇でやりがいのある仕事や向いている仕事に就くことですから、その点は忘れないようにしましょう。

 

 

大企業を辞めるのはもったいない?[実際大企業を辞めた私が解説します] こういう疑問にお答えします。 私は大企業を辞めた経験がありますので、それをもとにアドバイスします。...

 

 

新卒に絶望して別の会社に行く手段

複数ありますのでご紹介します。

転職で別の仕事

最も頭に浮かぶ手段ですが、転職になります。

 

会社を変えて、時には仕事も変えてという感じですね。今持っているスキル・能力・経験をフルに活用できる環境を手に入れましょう。

 

仕事に絶望して異動希望とか出しても、希望が通る可能性は非常に低いです。

 

「まず今の仕事で結果出したからだ」ということを言われます。まあ正直これも意味不明とは思いますが・・・・。

 

今の仕事で結果残したら異動希望叶えてやるってよく考えると、ロジックとして全く理解できないですからね。

 

なので、一番早いし、何よりあなたの行動で今を変えれる手段です。

 

おまけに、転職支援してくれる、サイトやエージェントの利用は完全に無料ですから、リスクはほぼゼロですね。

 

大手のエージェントと、第二新卒とか20代特化のを複数活用すれば、良い情報を効率よく集められます。

 

ちょっと管理とか連絡が大変ですが、それがベストです。

 

私が使ったエージェントは以下にまとめています。

 

おススメ転職エージェントまとめ【実際利用した中で良かったもの】 こういった疑問にお答えします。 私もかつて、転職活動の際には、エージェントをどれが良いかめっちゃ悩みました...

 

第二新卒とか20代特化だと以下があります。いずれも無料で活用ができます。

 

第二新卒特化型の転職支援サービス「ハタラクティブ」

第二新卒の就職なら!【ハタラクティブ】

キャリアのコーチングもフォーカスした支援サービス「ポジウィルキャリア」

キャリアコーチング特化+転職のポジウィルキャリア

 

 

 

キャリア変えて別の仕事

転職でもキャリアを変えられますが、いわゆる専門的な仕事や手に職系のキャリアに変えて、別の仕事に就くという方法もあります。

 

唐突かもですが、ぜひITエンジニア(いわゆるプログラマ)を目指してみるというのも良いのではと思いますよ。

 

更に専門的なAIエンジニア、つまり人工知能エンジニアもアリと思います。

 

IT業界の将来性とか待遇はもちろんですが、ITエンジニア(プログラマ)に無料でなれるサービスもあるからですね。

 

スキル獲得の講習(いわゆるスクール)とITエンジニアへの転職がセットになって全て無料です。

 

怪しいかもですが、通常の転職と同じで成果報酬ですから、ビジネスモデルはリクナビとかと同じです。

 

言い方を変えれば、そうでもして人材を集めて育成しないと足りないという状況な訳ですね。

 

以下が完全無料でITエンジニア(プログラマ)を目指せるサービスです。どちらも無料相談会をやっていますので、入会前に一度お試しが可能なので、検討してみてはどうでしょうか。

 

無料のGEEK JOBを現役IT企業勤務の私が解説[やや追い込み型]完全無料のITスキル習得&就職支援サービスのGEEK JOBについて、現役IT企業勤務の目線から解説していきます。 結論、...

 

[コスパ最強のキャリアチェンジ]完全無料のプログラマカレッジ人生を変えたい、このままの仕事や職種を将来も続けたくはないというあなたに対し、私からはIT業界やITエンジニアへのキャリアチェンジという...

 

 

また、AIエンジニアはさすがに無料はありませんが、費用面で安価なところだと20万円チョイでAIエンジニアになれるというサービスがあります。

 

AIエンジニアは、新卒で1,000万円出す会社もあるくらいですし、過去私が担当したプロジェクトだと月額400万円という単価もありましたから、待遇は良いですし、同じく将来性があります。

 

こちらも、入会前に無料相談会やってますから、キャリア変えようと思っているのであれば活用してみて、選択肢に含めてみてください。

 

【AIジョブカレ】人工知能技術専門プログラミングスクール

 

【キカガク】AI人材育成サービス

 

未経験でも半年で人工知能エンジニアになれるキカガクの講座 こうした疑問にお答えします。 キカガクは、会社名でして、AI関連の人材育成コースをビジネスとしているもので...

 

 

新卒で絶望した私の行動[参考]

営業の仕事で絶望

本社の販売促進とか企画とかの職種があったのでそれを希望しましたが営業配属になりました。

 

営業は仕事で一番向いていないと思いましたが、やるしかないと腹をくくりました。

 

しかし、実際の仕事は過酷で絶望でして、ひたすら売り込みまくり、とにかく売上を上げてナンボの超体育会系な職場。

 

顧客の課題を解決して・・・とかではなく、何が何でも売ってこい的な感じで、良心を捨てる感じでした。

 

ノルマ未達だと激詰めされるという辛い日々で、毎日絶望しかなかったですね。

 

 

激務で絶望

更には激務で絶望しました。定時はありますが無いに等しく、だいたい平均して朝7時~夜22時が普通でした。

 

じんましんが出た事もありますし、突然高熱が出て幻覚を見たこともありました。

 

それでも休めないので夜間診療に行って・・・とかしてましたね。

 

それで、土日は2週間に1回くらい戦略会議とか言う感じでしたので、働くマシンと化していました。

 

俺は何のために働いているんだ、何のために生きているんだ・・・と悲しい気持ちになっていましたね。

 

激務さに絶望していました。

 

異動希望は一切かなわず絶望

唯一の光とも言える異動希望ですが、一切かなうことなく、絶望しました。

 

色々社内を調べてみても、職種が変わる異動等ほとんどなく、全国の営業所を転々とする異動が大半でした。

 

希望を出しても叶わず、一生この激務を続けるのかと思うと、もう人生終わったなって思いました。

 

今を変える為に自ら行動を起こした

それでも、このまま働くために生きるロボットでは嫌だったので、色々なリスクはありましたが、人生を変えるために行動を起こしました。

 

当時の会社の人脈、待遇(激務で絶望していたけど年収は良かった)、短いながらも積み上げた経歴はすべて捨てて、転職しました。

 

ぶっちゃけ年収は半分になりましたが、それでもハッピーでしたよ。

 

結果論かもですが、やはりあの時、意を決して転職して良かったなと、今は思いますね。

 

もちろん、一時期は、その転職が失敗だったって思ったころもありました。紆余曲折ありましたので。

 

でも人生山谷ありますし、失敗も糧と思えば、前を向けます。

 

やはり前を向いて、仮に失敗しても、次なる行動を起こす事で、絶望から脱出できます。

 

 

まとめ:新卒で入った会社に絶望したら前向いて次です!

まとめますと、新卒で入った会社に絶望してしまっても安心してください。

 

落ち込みますし、辛いですが、前を向けば、色んな選択肢が広がっています。

 

シンドイですが、前を向いて次の一手を自らの行動で起こしましょう。

 

そうすると、世界は広い、会社なんて山のようにあることがわかり、気持ちが楽になってきますよ。

 

転職もアリですし、キャリアチェンジもアリです。スキル習得して全然違う仕事に就くのもアリです。

 

全てにおいて、あなたを支援してくれるサービスが存在します。

 

不安もあるし、勇気も要りますが、ぜひ、前を向いて次の一手を打ちましょう。

 

それが絶望から立ち直れる手段です。