営業を辞める

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事が良い【結論:異動or転職】

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事がしたい・・・

 

給料高いけど精神的にシンドイし、残業も多いし、休日出勤もある。

 

給料減らして言いから仕事もノルマも減らして欲しい・・・

 

そんなお悩みにお答えします。

 

こんにちは、拓@サラリーマンブロガーです。

 

私も全く同じ気持ちを経験したことがありまして、色々考え、社内で行動もした結果、転職しました。

 

正直、ぜいたくな悩みなので相談しにくいですよね。

 

この記事を読んで、少しでも、気が楽というか、あなたに寄り添うことが出来ているなら嬉しいです。

 

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事が良い【結論:全然OK】

今の仕事と比べて給料が下がっても、それでも精神的に楽な仕事がしたいというのは、何の問題も無いし、何も悪くないです。

あなたが重視する「価値」を選べばよい

給料が今より低くても楽な仕事したいというのは、周りから見れば、「何を贅沢言っているんだ?」みたいな風になりますが、それは気にしないようにしましょう。

 

なかなか難しいですが、あなたにとって、重要な価値をしっかりと自覚し、他人と比べる必要はありません。

 

人によっては、命削ってでも高給をゲットできる職に就くことに価値を感じる人もいれば、定時で帰れてプライベートや家族の時間を楽しむことに価値を感じる人もいます。

 

人によって、価値感は全く違います。

 

だから、周りから見たら贅沢な悩みだと言われたとしても、それは周りの人の価値観が基準であって、あなたの価値感とは違います。

 

なので、あなたが、給料が今より低くても楽な仕事したいという事に価値を見出すならば、何も問題無いですし、他人にとやかく言われる筋合いは無いです。

 

詳細は後半で書いていますが、私は実際に給料半分以下になる転職をしましたが、「信じられない」とか「ありえない、おかしいんじゃない?」まで言われましたが、自分の価値を信じ貫きました。

 

少しキツイ言い方をすると、他人から異見されて悩んで足踏みしていたら、後で絶対後悔します。

 

自分の価値観を信じて大丈夫です。何の問題も無いです。

 

 

楽な仕事は人生を豊かにします

実際私は、転職という選択肢で、給料下がってでも精神的に楽な仕事が出来る環境を作りましたが、マジで人生は豊かになったなと思います。

 

時間の余裕はもちろんですが、気持ちの余裕がスゴイ出来ました。

 

なので、公私ともに良い方向に向かいました。

 

もちろん、ボケっとしているだけで良い訳ではないですが、ノルマに追われないとか、時間に追われないとかだけで、精神的な気持ちの余裕が全く違います。

 

仕事の関係もですが、仕事以外の事も勉強しようというモチベーションにもなりました。

 

また、少々良くないかもですが、出会いを求めて転職もした、つまり、出会いをゲットできるだけの時間の余裕を作りたかったというのもありますが、それもうまく行きました。

 

考えられなかった、平日夜18時くらいからの飲み会(私はお酒飲みませんが)に参加できるとか、控えめに言って最高でした。

 

もちろん上記の通り価値観もありますし、異論もあると思いますが、少なくとも私は、実際に給料が下がっても人生の幸福度は増したと言えます。

 

 

迷っていたら行動しましょう

迷っているなら、その間に行動しましょう。

 

迷ってやらずに後悔するのと、やって失敗して後悔するのとでは、前者の方が精神的ダメージはでかいです。

 

あなたは、自分に正直になってみて、どうですか?

 

給料安くても精神的に楽な仕事が良いなと思っているなら、行動に移した方が良いです。

 

おそらく今行動に移さないと、1ヶ月後も、グダグダしながらため息つきながら変わらず追い込まれた状態で仕事していると思います。

 

実際私は行動に移す前にそうでした。

 

でも、その不安な気持ちや1歩踏み出せない気持ちはすごく分かります。

 

でも踏み出せば、あとは惰性でぎゅーーーーんって進みます。

 

 

給料半分で精神気に楽な仕事に転職した私

実際私は給料が半分以下になる転職を経験しました。

 

年収を下げる転職 逆張りすぎますが全然アリです【体験済】年収を下げてでも転職したいって思うこと、ありますよね。 でも、本当に良いのか?転職先が見つかるのか?という不安もあるでしょ...

 

上記に詳しく書いていますが、私はあなたと似た考えと言うか価値観でして、とにかく楽な仕事がしたかったんです。

 

そのためには、給料が下がっても良い、という感じでした。(ただし、しっかりと自分を見つめ直し、自己分析などした結果です)

 

毎日毎日ノルマに追われ、長時間労働で、若いのに精神的にも肉体的にも疲弊していました。

 

働く為に生きているみたいな生活でした。

 

高い給料をもらっていましたが、物欲もこれと言って無いし、節約家でもありましたから、そこまでツライ思いをして高い給料をもらう必要があるのと思い始めました。

 

そこから、「時間」に対する価値感が生まれたんですよね。

 

仕事に割かれる時間を極力減らし、仕事以外の時間を充実させることが、自分にとって、幸せな事だと悟りました。

 

で、社内での異動が出来ないのかと色々と調べたり、上司にも相談しましたが無理と言うか、全く話になりませんでした。

 

そこからは、もう早かったですね。

 

転職エージェントに登録して相談し、いくつか選考を受け、転職しました。

 

なかなか仕事が休めずに選考に時間かかりましたが、半年かからずして転職しました。

 

 

そんな理由で転職できるのか不安と思いますが大丈夫

しかしながら、楽な仕事がしたいという理由で転職できるのかと言う不安もあると思います。

 

言い方悪いですが、バカ正直に面接で、「楽な仕事したいです」って言うと、間違いなく玉砕します。

 

少しひねりを加える事で、十分な理由になります。

 

このあたりは転職エージェントが色々助けてくれます。

 

例えば私の例だと以下のような感じです。一発では無理なので、何度かひねります。

 

・仕事が辛くてしんどいから楽な仕事がしたい

→今の仕事が忙しすぎて気持ちの余裕が無い、ノルマ優先状態。

→気持ちに余裕を持ち、ノルマ優先ではない状態にしたい

→しっかりとひざを突き合わせ、向かい合い、取り組む仕事がしたい

 

と、3回くらいひねったところで、少しいい感じになりましたね。

 

こんな風に、ド直球でシンプルに表してしまうと、転職理由や志望理由として NGですが、ひねりを足していけば、それっぽくなります。

 

この辺りは、経験しないと浮かばないので、エージェントに遠慮なく相談してみてください。

 

エージェントは、あなたの転職成功が成果なので、成功に導く為のアドバイスは色々やってくれます。

 

それが彼らの成果に繋がる訳ですからね。

 

言い方悪いですが、とことん利用してしまってOKです。

 

なお、エージェントは最初から色々登録して話を聞いてみてから絞る方が良いですね。

 

絞ってしまうと、そこにしか求人出していないところにしたエントリー出来ませんからね。

 

会社によっては複数のエージェントに求人を出していますが、割合としては少ないです。

 

データ上は、平均4社くらいというのもあります。

 

なので、広く情報を取るには、一度登録して話を聞いてみてから判断と言うのが推奨です。

 

実際に利用した転職エージェント【迷ったら全部活用してみる】ネットで転職エージェントって検索すると、めちゃたくさん出てきます。 比較サイトもたくさんありますが、評価がマチマチで何が正...

 

 

給料安くても精神的に楽な仕事に就く為のステップ

異動の相談

まずは、今の会社を辞めることなく、異動で、楽な職種や部署に就けないか、考えてみましょう。

 

コチラの記事でも書いていますが、転職って、結構大変ですし、人生の一大イベントの一つです。

 

転職はしない方が良いです 経験者が語る本当のところを解説今の仕事が嫌だから転職して違う仕事したい・・・ 今の会社の人間関係が嫌だからもっと楽しく和気あいあいとした職場に転職したい・・・ ...

 

軽い気持ちでやる事ではないです。

 

ダメという事ではなく、転職しか選択肢が無いなと言う状態なら、転職でも全然OKです。

 

しかし、まずは今の会社で異動で対応できないのかを考えるのがベストです。

 

その時、正直に言った方が良いです。変に回りくどい言い方をしても伝わりません。

 

「精神的にシンドイので、違う部署に異動させてほしい。給料は下がっても良い。」

 

シンプルかつストレートです。まずはこれです。

 

 

異動無理or給料下がりすぎなら転職

異動の相談をしてみたけど、無理っぽい、もしくは、給料が下がりすぎるならばそれは転職という選択肢をチョイスです。

 

異動が無理ならもう、その会社ではずっと精神的にシンドイ仕事をし続けないといけない問うことですね。

 

また、給料が下がりすぎるのも転職をするトリガーですね。

 

私は半分になってでも転職しましたが、それは守るべきものが何もない20代の頃です。

 

年齢は関係ないですが、流石に半分は無理でしょみたいな考えもあると思います。

 

どの程度の給料減までならあなた的にOKかという基準は持っておいた方が良いです。

 

いずれにしても、異動を相談しても出来ない感じや取り合ってさえくれない、異動出来そうだけで給料の減り方がNGという事なら、転職の方向に切り替えです。

 

実際に利用した転職エージェント【迷ったら全部活用してみる】ネットで転職エージェントって検索すると、めちゃたくさん出てきます。 比較サイトもたくさんありますが、評価がマチマチで何が正...

 

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事が良いと言っても、なりふり構わず何でも感でもという事ではなく、ちゃんと順を追って、進めていきましょう。

 

そうすれば、精神的に楽な仕事にたどり着け、豊かな人生が待っています。

 

まとめ給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事が良いなんて、最高です

まとめますと、給料安くても精神的に楽な仕事が良い、なんて考え方は、最高です。

 

精神的に楽な仕事は、人生を豊かにします。

 

他人からは批判と言うか、「良い給料もらっているのに贅沢な悩みだな」みたいに恨み節のように言われるかもですが、そもそも価値観が違うんですから当然です。

 

あなたにとって価値があるのも、重視したいものは、他人と異なりますから、他人の意見は無視して、あなたがどうしたいのかをしっかりと見つめることです。

 

激務過ぎてイヤだ、ノルマがイヤだ、人間関係がイヤだ・・・・いくら高い給料もらっていても、正直耐えれない問題は誰でもあります。

 

だから、給料安くても精神的に楽な仕事がしたいというのは、何の問題も無いし、その状態で転職できるのかと言われても、余裕で出来ます。

 

実際私はその状態からスタートして転職しましたし、精神的に楽な仕事で人生が豊かになりました、

 

もちろんそこには、転職エージェントという味方がいたからこそですので、不安かもですが、1歩踏み出して、転職エージェントへ相談してみることから始めましょう。

 

その1歩がとても重く、大変な決断ですが、逆に言えばその1歩は、あなたの人生を豊かにする1歩です。

 

迷って悩んでいても、楽な仕事には辿りつけないです。

 

まずは勇気を振り絞って、踏み出してみましょう。