営業を辞める

仕事でパワハラが辛い時は、我慢せずに逃れる方法を考えるべし

仕事でパワハラが辛くて、日々それに耐えながら仕事していませんか?

 

「これはパワハラじゃなくて指導だ。俺の事を思ってくれているんだ」

「ここで逃げたら今後、会社で居場所が無くなる」

「そもそも逃げること自体、許されないことだ」

 

そんな風に言い聞かせて我慢するのは、絶対やめてください。精神崩壊します。

 

実際、精神崩壊してうつ病になった私がアドバイスするので間違いないです。

 

勇気が要りますが、その場から逃げましょう。それが最善です。

 

この記事は以下のような人に役に立ちます。

・上司からパワハラを受けている

・だけど、自分としては、パワハラとは思いたくない、思わないように自分に言い聞かせ、我慢している

・逃げたい気持ちもあるけど、逃げたら負けだしみんなに迷惑かかるし、会社の居場所も無くなる

 

 

仕事でパワハラが辛い時は逃げるべし

耐えてなくて良いです

パワハラは、耐えてないようにしましょう。耐える必要性はゼロです。

 

特に仕事面で思われがちですが、耐えることが美徳、辛いことが美徳みたいな間違った考え方がありますよね?

 

おまけに、上司という立場の人に逆らうというか、指示に従わないなんて言語同断みたいなこともあるでしょう。

 

でも、耐えないでください。

 

特にパワハラは耐えれる人は耐えれるかもですが、心身に異常をきたします。

 

耐えれると思っている人が一番危険で、大丈夫・耐えている、と思っている間に知らない間に徐々に心身崩壊が進んでいて、いつか爆発する、ということになりかねません。

 

実際私はパワハラに必死に耐えました。怒られているうちが華、これは指導、等の自分に言い聞かせ、励まし続けて耐えましたが、ダメでした。

 

自分でも「ああ、これはダメだな。」と思うほど、心身崩壊しまして、結局うつ病という診断を受けました。

 

耐えることは美徳かもしれませんが、あなたの心身を文字通り削ってまで耐えなくて良いです。

 

逃げる事は悪い事じゃないです

パワハラという、正直、犯罪に近い行為を受けているなら、それは逃げるべきです。

 

そして、その逃げるということは、パワハラという非常に辛い状況であれば、何一つ悪い事ではありません。

 

逃げるというと色んな方法がありますが、上司とか人事部とかに相談する、ということなどが挙げられます。

 

会社という組織の中で、弱音を吐くとか逃げるということは、あなたにとって一大事と思うでしょう。

 

確かに、パワハラを受けている事、パワハラをしている人を、通告というか報告して対処を求めることは、とても勇気の要ることです。

 

私も、上司からパワハラを受けている事を耐え切れず報告するときは、ものすごい勇気が要りました。

 

上司の更に上司に相談したのですが、その相談の時間を取ってもらう決断をするまでに何日もかかったのを覚えています。

 

・こんな相談していいのか

・自分は甘えているんじゃないのか、自分に負けているんじゃないのか

・本当に自分に事を思って指導してくれているんじゃないのか

・パワハラだと感じてるのは自分だけで本当は違うんじゃないのか

 

こんなことが何度も何度も頭を巡り、本当にどうしたら良いのか分からなくなっていきました。

 

ですが、もうこの時は自分が壊れていくのが分かっていたので、不安も恐怖もありましたが、告発というと言い過ぎですが、パワハラを受けていて、辞めさせてほしいと伝えました。

 

 

仕事を休むのもアリ

パワハラを受けていて、仕事に支障を来しているなら、仕事を休みましょう。

 

前に述べた、上司への報告(上司からパワハラを受けているならさらにその上司)をした上で、仕事を休むのもありです。

 

仕事を休む=周囲に迷惑をかける、と思うでしょうし、これによって気が引けるかと思いますが、これも勇気を持って休みましょう。

 

あなたの心身を犠牲にしてまで仕事はしなくて良いです。

 

また、厳しい事を言いますが、心身が崩壊寸前の状態で仕事をしても、マトモな成果は出ません。

 

誰かにやってもらった方が、何倍も良いです。

 

上司の承認を得たうえで、仕事を休み、仕事からもパワハラからも逃れ、まずは気持ちを落ちつけましょう。

 

仕事を休む=逃げ、みたいな構図があるかもですので、かなり思い切った決断も要るでしょうし、周囲の目も気になると思いますが、あなた自身のためと思って行動しましょう。

 

 

最後の手段として考えるべきだが、辞めるという決断

辞める、という手段もありますが、これはあくまで最後の手段と思っておきましょう。

 

また、辞めるなら、必ず次を決めてからでないと非常に危険です。逆に言えば、次決まっていたら、辞めてもいいです。

(というか、次決まっている時点で、転職活動している訳ですから、辞める気マンマンだと思いますが・・・・)

 

 

パワハラに耐えられず、また、パワハラされた上司への怒りとして、いきなり辞めるとか、バックレるみたいなことも、報復としてやりたくなる気持ちはわかります。

 

ですが、辞めた後の事の方が大変です。

 

次決まってなかったら、辞めた後から転職活動となり、相当な苦戦が強いられる事が予想できます。

 

どうしても次決まってなくても辞めたいくらい大変な状況であれば、有休の残数を確認し、全部消化する前提で、それまでに次の内定を取るくらいの勢いで転職活動しましょう。

 

なお、もし有休取らせてくれないとかになれば、それは労働基準法の違反になる可能性があるので、人事に相談するとか場合によっては労基署に通報するとかして、取得しましょう。

 

どうせ辞めるくらい腹括っているなら、これくらい強気に出てもいいです。

 

仕事でパワハラが辛いけど逃げずに耐えたら・・・

たぶん精神崩壊してうつ病になる

ストレスへの耐性はひとそれぞれなので、一概には言えませんが、パワハラはかなり精神面にダメージを受けるので、耐え続けても耐え切れなくなり、やがて精神崩壊します。

 

そして、うつ病になります。

 

私は耐えて耐えて耐え切れなくなって崩壊し、うつ病になりました。

 

耐えているとパワハラは終わらないんですよね。むしろ「効いてないな」みたいな感じでエスカレートする可能性もあります。

 

また、ただでさえ周囲は気づこうとしない為、耐えて平静を装っていると、なおさら誰も、パワハラで精神面が徐々にやられている事に気づきません。

 

うつ病は、軽度でも、かなりしんどいです。今思い出しても二度となりたくない病気ダントツ1位です。

 

精神崩壊する前に耐えることを止めて、逃げる方法を考えましょう。

 

 

アイツは厳しい指導にも耐えれる

上記でも少し書きましたが、パワハラを受けて耐えていることで、そういった叱責とか厳しい指導に強い、という全く要らない評価を得ます。

 

しかもこういうのは、ゴシップというか社内の色々なネタが好きな輩が広めていくんですよね。

 

「〇〇さんは、△△さんからボロクソ言われていたけど、何事も無かったかのように仕事している。効いてないんじゃないかな」

 

こんな風に言われるんですね。そしてなぜかこういう人づての話ほど、第三者は信用しがち、という意味不明な事もあります。

 

そして更にうざったいことですが、こういう話が巡り巡って上司の耳に入ると、え?何それ?みたいな内容になっているんですね。

 

「〇〇さんは、△△さんからボロクソ言われていたけど、何事も無かったかのように仕事している。効いてないんじゃないかな」

 

こうだったのが、

 

「〇〇さんは、△△さんにボロクソ言われていたけど、『何言っているかよくわからんから適当に聞き流した』って言ってました」

 

みたいになります。

 

いやいた違いすぎるやろ!と思うかもしれませんが、これ本当にこんな風に伝わるんですよ。

 

意味わからんでしょう?

 

ですが、噂というか伝播ってこういうものです。

 

こういうのが積み重なり、叱責に強いとか、叱責して成長するみたいな全く無駄で意味不明な位置づけに、半ば強制的にされます。

 

全然要らない名誉なので、こんな風に言われていたら、逃げる方向で考えましょう。

 

いくら言っても変わらない、会社の社風です。

 

まとめ:仕事でパワハラが辛いなら逃げよう

まとめますと、仕事でパワハラを受けていて辛い状況なら、耐えるのではなく、逃げる方法を考えましょう。

 

仕事という世界だけでなく、逃げることは、何だか意気地なしというか、自分に負けた、自分に甘いみたいな風潮がありますが、一切気にしなくて良いです。

 

逃げることは、勇気が要るし、自分の負けを認める等プライドにも関わりますので、なかなか決断は難しいですが、一歩踏み出してください。

 

何故なら、そのままパワハラに耐えていても、良い事ないですし、遅かれ早かれ、そのストレスにより、精神崩壊が起こる可能性が極めて高いからです。

 

そうなると、通常の状況に戻すのに、何年もかかります。

 

また、耐えることで、何故か会社の中で、「アイツは叱責に強いからいくら怒っても大丈夫だ」とか「怒っても効かないからもっと怒ってやる」みたいなことになります。

 

全く無意味で、風評被害も良いところですが、実際に起こります。

 

そんな中で、あなたが自分を鼓舞して耐えるのは、何もメリットがありません。耐えることが美徳みたいに思われがちですが、精神崩壊と引き換えなんて、全く割に合わないですよね。

 

パワハラを受けて辛い時は、耐えずに逃げるのが最善の方法です。

 

逃げることで、あなたは精神崩壊を免れることができ、通常の仕事をすることができます。

 

最悪は会社を辞めることも考えて良いです。

 

それくらい、パワハラからは逃げるが勝ちです。

 

経験者の私が、耐えて耐えて精神崩壊を起こしたので、そうならないように、みなさんも早めに逃げてください。