仕事

仕事を辞めたいならバックレてもOKと思います[論理的に解説]

仕事辞めたいんだが、退職の相談とか有休消化の相談とか色々面倒くさいし、上司との関係も微妙だから、バックレたりできないかな。

でもバックレなんて社会人としてダメだと思うけど、実際問題どうなんだろうか?

 

このようなお悩みにお答えします。

 

退職するときって、色々面倒ですから、出来るなら、バックレみたいに逃げ出したくなりますよね。

 

バックレは社会人としての常識で考えるとNGという意見が当たり前な風潮ですが、場合によってはアリかなと思います。

私も以前の会社を辞める時はパワハラもあり上司との関係は最悪だったので、バックレの論理的解釈が出来、強いハートがあれば、バックレてやったかなと思います。

 

少々非常識な内容かもしれませんが、後半できちんと論理だてて(こじつけ?)で説明していますので、その点もお読み頂ければと思います。

 

これを読めば、バックレた方が楽だったり、あなたの心身に良いなら、バックレても良いと思いますし、合法的な理由もわかると思います。

 

バックレても良いと思う退職時のシチュエーション

辞めたいのに辞めさせてもらえない

退職を申し出ているのに拒否されるとか、退職願を受理してもらえないとか、手続き進めてくれない等、辞めたいのに辞めさせてもらえない場合は、バックレても良いんじゃないかと思いますね。

 

 

詳細後にも書きますが、従業員は、辞めるという意思を伝えれば、会社は止めることが出来ません。

 

なので、辞めさせてくれないという事は実は法律上は成立しないので、こういう時はバックレてOKです。

 

 

耐えがたいハラスメントを受けている

パワハラやセクハラなど、ハラスメントを受けていて、それが耐えがたくて辛くて辞めたい・・・

 

そんな時はバックレはアリかなと思います。

 

あなたをそんな風にするような会社に対し、義理人情で対応する必要はありません。

 

ハラスメントは違法行為です。

 

バックレは、ある意味ギリギリの合法行為です。

 

一目瞭然ですね。

 

ハラスメントは、労基署とか色々相談しても、後で会社が組織ぐるみで報復をしかけてくる可能性もありますから、関わらないのが一番です。

 

そのため、バックレてしまうのが、一番楽です。

 

 

有給休暇を消化させてもらえない

辞めるときは有給休暇を消化したいですが、させてもらえないケースが多いです。

 

そんな時は、退職願とかを提出する際、有休を全消化した後の日付を退職日として記載して提出し、その後、バックレましょう。

 

有給休暇は、従業員の権利ですから、上司だろうが会社だろうが、取得を拒否は出来ません。

 

ただ、唯一、会社が従業員に対してNGを出せる状況があるのですが、それは余程の事が無い限り、ありません。

 

色々書くと分かりにくいので、ざっくり書くと、「あなたが休んでしまうと会社の業績や業務に等、多大なる影響を及ぼす場合」という感じです。

 

まあよっぽど無いですよね。

 

表現が良くないかもですが、あなた一人が急に有給で休んでも会社の業務は多少滞り程度で、業績には恐らく何の影響もありません。

 

なので、勝手に有休消化を設定してしまってOKです。

 

私も今思えば、こうやってバックレてしまえばよかったかなと思っています。

 

2社目の会社を辞める時、有給休暇消化を申し出たらふざけてんじゃねえぞてめえ、辞める分際で何が有給消化だ!みたいに恫喝されました。

 

当時は今みたいに誰に何を思われてもいいみたいなマインドではなかったので、びびってしまって、大量の有給を捨てました。計算上、何十万円も損した訳です。

 

退職届を叩きつけて、そのまま出社せずに辞めてしまえばよかったかなと後悔してます。

 

もし、度胸が無かったり、私のようにビビったりするのであれば、退職代行に依頼してバックレてしまうのもアリでしょう。

 

例えば50,000円の代行費用がかかっても、有給でもらえる給料が300,000円とすると、頼む価値ありますよね。泣き寝入りで有休消化できずに本来もらえる大金を捨てるか、50,000円投じても十分おつりがくるくらいの退職金をもらえるか。

 

どちらを選びますかと言われたら、間違いなく後者ですよね。

 

〇〇ならば、弁護士が対応してくれるので、法的対応も問題無く処理してくれます。

 

一つの手段として考えてみてください。

 

退職の時に有給を捨てるのは超もったいない[お金を捨てています] こうした疑問にお答えします。 退職のときにおそらくほぼ全員がぶち当たる壁の有給消化問題ですね。 ...

 

バックレは論理的に考えて問題無いと言える

さて、バックレですが、そもそも、その行動は非常識だという風に思われますが、論理的に考えると、問題無い事だと言えるのです。

 

バックレは、上記の通り非常識扱い、また、無責任な行動ななど、社会人という立場として、どういう神経しているんだ?みたいに思われることもあります。

 

いろいろネガティブ意見が多いですよね。と言うか殆どですかね。

 

バックレって言葉のせいかもしれないです。

 

が、よくよく、法律や規定、その他の情報を元に理論的に考えれば問題ないことが分かります。

 

例えば会社の規定です。

 

会社にはいろいろな規定があります。

 

そこには退職に関するものもありますが、だいたいは、退職の2週間前までに、意思を伝えること、とあります。

 

でもそれ以外って書いてないです。もし今会社の規定を見れるなら、チェックしてみてください。

 

つまり、退職の意思を伝えることさえすれば、何も問題ないと解釈できるわけです。

 

もう少し詳しく言いますと、辞めますという事を上司なり人事なりに伝えることさえすれば、それ以外は何もする必要はない、という解釈にもなるのです。

 

 

規定の内容をシンプルに解釈すると、別にバックレ自体問題ではないと言えます。

 

ただ、逆に言えば、このバックレが、職務怠慢とか、職務放棄みたいに捉えられるかもしれません。

 

そうすると、これも規定によりますが、職務放棄は懲戒解雇の対象になるというような解釈になると、あなたは会社から解雇通告されるとかいうリスクもゼロではありません。

 

恐らくあなたが辞めることに会社はそこまで労力をかけないと思いますが、とことんやる会社もあるでしょう。

 

バックレたいけど上記のような、半ば報復的な事が不安でしたら、法的対応も可能な退職代行サービスを利用するのもアリでしょう。

 

中でも退職代行のガーディアンは、法的措置もとれつつ料金は安価で、追加料金も無い¥29,800ポッキリです。

 

会社に法的措置を取られたりするとそれに対抗しないといけないので、そういった法的対応が可能な退職代行にしておくと良いです。

 

退職代行ガーディアンを解説 コスパ良く法を盾に退職率100%退職代行ガーディアンって、安心して依頼できるのかな?評判とか安心材料とか知りたいな。 そんな疑問にお答えしたいと思います。...

 

 

まとめ:バックレは論理的に問題無し

まとめますと、バックレは、論理的に考えれば問題は無いですし、状況次第でOKと言えます。

 

ハラスメントなどで精神的や肉体的、あるいは両方で苦痛を受けていてとても辛い場合、退職の相談なんてできる状態ではないですよね。

 

あとは陰湿なイジメをうけてるとかも一緒です。苦痛を感じる場面は様々ですが、逃げ出したいくらい辛いならバックレOKでしょう。

 

精神も肉体も、もっといえば命削ってまで働くことはないです。もっといい会社あります。

 

また、社会人としての常識、暗黙の了解等としてどうなのかという問題もありますが、それを言ってしまうとキリがありません。

 

また、バックレは社会人として非常識だと思われることが大半ですが、法律的にはもちろん、会社の規定などをもとにロジカルに考えれば、問題ないことがわかります。

 

ただ、会社側も報復的に、あなたに対して、バックレた=職務放棄=懲戒解雇 みたいにしてくる可能性もゼロではないので、弁護士が対応してくれる退職代行サービスの利用も並行しておけばベストでしょう。

 

その道のプロが対応してくれるので、料金は必要ですが、安心してバックレられます。

 

退職代行ガーディアンを解説 コスパ良く法を盾に退職率100%退職代行ガーディアンって、安心して依頼できるのかな?評判とか安心材料とか知りたいな。 そんな疑問にお答えしたいと思います。...