その他IT

フリーランスはSIerとの直接契約を狙おう。双方にメリットあり

フリーランスの方は、SIerにて日々プロジェクトに入って仕事をされているかと思いますが、ある程度実績が出来てきたり、企業側にも認められる成果が出て来ていれば、直接契約に持ち込むという手もあります。

 

もちろん、直接契約というリスクはありますが、SIer側にもメリットがあります。

 

言い方を変えれば、そのSIerへのメリットを、フリーランスであるあなたがうまく伝えらえれれば良いのです。

 

双方にメリットがあることですから、相談してみるのもアリです。

 

 

フリーランスとSIerが直接契約するメリット

ざっと以下にまとめます。

 

項目 フリーランス SIer
単価(コスト) 高くできる 安くできる
スキル 常に向上 高スキル人材の確保
安定性

 

こんな感じです。詳しく見ていきましょう。

 

 

単価(コスト)

フリーランスから見れば単価、SIerから見ればコストになりますが、要は月額単価とかです。

 

フリーランス側からの視点だと、思っている以上に高い単価でも問題無いです。

 

100万くらいはイケると思います。もちろん、下請けとかだと結構厳しいかもですが、プライムとか呼ばれる、対顧客の最前線に居るSIerならこれくらい大丈夫です。

 

というのは、SIerで現役で働いているからこそ分かるのですが、そのくらいの月額単価でも全然利益出るからなんです。

 

もちろん、プロジェクトによっては非常に厳しい単価設定になる場合がありますが、それはかなり限定的です。

 

そして更なる裏付けとして、SIerからみてコストと言えるSIerの月額単価ですが、例えば月額100万でも、痛くはないです。

 

もちろんそれより安いフリーランスとかエンジニアは居ます。

 

しかし、あなたがしっかりとした成果を残していれば、月額100万でも契約したいとおもいます。

 

実は、この月額100万というのは、原価として見た場合、高い訳ではないんですよね。ハッキリ言って正社員を使うより安価です。

 

フリーランス等は、正社員ではないので、正社員ほどの管理費がかかかりません。

 

会社全体とか、事業部隊での利益を見た時に、その管理費はコストとして乗っかってきます。

 

そのため、管理費のかからないフリーランスというのは、正社員より多少原価、つまり月額単価が高くても、問題無いのです。

 

 

スキル

あなたはフリーランスとして生きていくためには、常にスキルを向上させていくという気持ちを持っているはずです。

 

そうしないと、特にIT業界ではどんどん陳腐化していきますから、停滞は後退に等しいです。

 

そのため、常に新しいスキル、新しい学びに対して熱心で吸収もスゴイハズです。

 

実際、私が営業担当だったプロジェクトに入ってくれたフリーランスの方は、そんな感じでした。

 

ぱっと見はそんな感じしませんが、やはりプロというか、格が違いましたね。自分への投資や、知識への投資、吸収のスピードも違います。

 

異なるサービスを扱うプロジェクトにもすんなり入り、適応性の高さもありました。

 

企業から見れば、その熱意と向上心を持つ人材は、高い金を払っても確保したいと思うものです。

 

こんな言い方をする良くないですが、SIerの正社員には、まだまだ受け身で向上心の無いぬるま湯に浸っているようなヤツがいっぱいいます。

 

言われたことをやればいい、自分の階級で出来ることをやればいい、新しい事は義務化されている研修で学べばいい。

 

まだまだこんな事を思っている人がたくさんいます。

 

そういう人をプロジェクトにアサインしても、自ら率先して行動したり、いろんな提案をしてくるようなことはありません。

 

自ら行動しなくても、クビにならないし、給料はもらえるし、それなりに出世も出来るからです。

 

しかし、フリーランスは違いますよね。

 

下手をすれば明日仕事が無くなる。プロ野球とかJリーグの戦力外と同じで、毎日が勝負のはず。

 

だとしたら、そりゃあ日々鍛錬に励むのは当たり前ですよね。

 

そんな人を、企業は喉から手が出るほど欲しいのです。それが、原価で言えば、正社員よりも安い原価で契約できるなら、契約しない手はありませんよね。

 

安定性

ちょっと前に述べた内容と矛盾しますが、SIerとの直接契約は、安定性に繋がります。

 

「いやいや、さっき、フリーランスは明日仕事が無くなるかもって言ってたから安定性ゼロじゃないの?」

 

と思っんじゃないですかね。

 

確かにそうです。しかしこれは、怠慢やあなたの月額単価に見合った成果が出せてない等の場合です。

 

マジメに、実直に仕事をし、結果を出していれば、契約破棄にはなりません。

 

また、このITエンジニア人材不足の時代に、余程の事をしない限りは切られません。

 

安定性というのは継続して仕事が来る、ということです。

 

SIerには、他の企業と同様、営業部隊が必ず居ます。

 

彼らが仕事を取ってくるので、あなたは営業的な事をしなくて良いのです。

 

フリーランスやっていると、仕事を取りに行くときは営業、仕事が始まるとエンジニアみたいな二足の草鞋的な感じになりますよね。

 

もちろん、フリーランス向けのエージェントを活用する手もありますが、当然手数料がかかります。

 

直絶契約すると、その手数料は要らない上に、営業部隊が存在することで、二重のメリットになります。

 

フリーランスはSIerと直接契約可能なのか?

結論、可能だと思います。事実、私が居る企業でもやってます。ただ、いきなりは無理です。

まずは実績を作る事

直接契約は可能ですが、まずは実績がないとダメでしょう。

 

言い方悪いですが、どこの馬の骨か分からないフリーランスを、月額100万近い額で契約しないでしょう。

 

50とか60万でも、実績不明スキルも不明という人は雇いません。

 

まずは、フリーランス専門エージェントなどを介して、SIerでの仕事を見つけてそこで結果を出すことが最初のステップです。

 

ギークスジョブ
→15年の実績。16000人以上が登録。最短5日で決める事も可能。

【フォスターフリーランス】
→20年の実績。15000人以上が登録。

 

 

直接契約が難しい場合もある

直接契約可能とは言いましたが、実際、難しい面もあります。

 

法的とか税金的にとかではなく、企業の方針として、です。

 

実際、私の居る会社でも、基本は個人との契約はNGという規則になっています。

 

しかし、実際は、クラウドワークスとかで依頼したり、抜け道はあります。

 

真正面から行くと多分NGと言われることが多いので、裏道を探してもらいましょう。

 

ただそのためには、前に述べた実績はもちろんですが、そういう裏道を探してでもあなたを使いたいと思ってもらうような努力と結果が必要です。

 

半直接契約みたいなものもある

これはイレギュラーというか、見た目だけの問題ですが、半部直接契約みたいなこともあります。

 

上記の通り、企業は、フリーランス等との直接契約を会社のスタンスとしてNGとしているところがあります。

 

そういった場合、例えば、付き合いのあるエンジニア派遣企業や、パートナー企業とフリーランスを契約させるのです。

 

こうすることで、企業としては、付き合いのある派遣企業やパートナー企業からそのフリーランスを招き入れることになります。

 

こうなると法人対法人という図式が成り立ちます。

 

ただし中間マージンはどうしても入ってしまいますね。

 

 

ただ、実質的に口座貸しというような、いわゆる横通しだけなので、従来より低マージンで済むという可能性もあるでしょう。

 

直接契約がどうしても無理ならこういうやり方もあります。

 

 

まとめ:フリーランスはSIerとの直説契約を狙おう

まとめますと、フリーランスはSIerとの直接契約を狙って行った方が良いです。

 

もちろん、大前提として、しっかりとした実績と、企業から欲しがってもらえるようなスキルと結果が必要です。

 

その上でですが、ある程度高い単価、例えば月額100万くらいでも企業からみればあるていど受け入れられる金額ですし、スキルとしても、ぬるま湯に浸っているような社員を使うより全然良いです。

 

また、フリーランスとしての営業活動が一切不要になりますし、企業としても、優秀な人材をイチから探すよりは圧倒的に楽です。

 

このように、直接契約は双方にメリットがあります。

 

ただ、契約するときの条件はしっかり見ておいた方が良いです。

 

時には弁護士とか専門家の指導を仰いだ上での契約とした方が良いかもしれませんね。

 

ハードルが高そうに見えますが、私の会社でもフリーランスと直接契約してプロジェクトに入ってもらっているケースはいくつもあるし、増えてきています。

 

一度、打診してみても良いかもですね。まずは成果を出してから聞いてみましょう。