営業を辞める

フリーランス・独立(起業)は超絶な覚悟が居るハードモードと思う

サラリーマンしんどい、人間関係ツライ・・・という時、フリーランスとか起業とかって、一人で黙々と仕事出来ていいなあって思ったりしませんか?

 

好きな事とか、得意な事とかでお金稼げて・・・・。

 

結論、甘いと思います。

 

以下でも書いていますが、結構な覚悟が無い限り、サラリーマンとして居座った方が良いです。

 

サラリーマンに疲れたら居座ろう【安定を確保して回復を図る】サラリーマンは疲れます。 仕事ってまあ疲れるものですが、人間関係だとか気遣いだとか、得意先の相手だとか云々で、更にその疲れ...

 

フリーランスとか起業って、いわばあなたの腕一本でメシを食っていくことですし、何からなにまであたなが責任をもって行うことになります。

 

相当の覚悟と根性が無い限りはやめといた方が良いです。

 

 

フリーランス・独立(起業)は超絶ハードモード

結論をいきなり述べます。

 

フリーランス・独立(起業)は、恐らく普通にサラリーマンするよりも、何倍もハードモードで、何倍も仕事が増えます。

 

経営者であるため、利益が無ければ給料無し

フリーランスや独立(起業)により、あなたはサラリーマンの時のイチ社員から経営者でありプレイヤーになります。

 

シビアですが、フリーランスや起業して利益がゼロならあなたの給料はゼロです。

 

フリーランスでもないし起業もしていないのに何がわかるんだよ

 

こう思ったかもですが、確かにその通りです。

 

しかし、私は営業をやっていまして思うのですが、営業って、ノルマを日々追いかけることが仕事な訳で、これって、フリーランスや経営者に通ずるものがあると思っています。

 

つまり、形は違いますが、売上・利益を稼ぐために日々考え、行動し、奮闘し、そして結果を残すということです。

 

営業って、シンドイとか大変みたいなイメージありますよね。その通りです。営業はシンドイです。

 

数字というノルマを課され、それを達成する為に社内の人を巻き込んでビジネスを展開する。

 

いくら頑張っても、結果が出なければ、つまりノルマ達成できなければ低評価でボーナスダウンです。

 

逆に言えば、どんな形であっても結果が出ていれば、昇格昇給ボーナスアップでウハウハです。

 

これ、全部フリーランスや独立(起業)した方に言えます。というか、営業よりも結果が全てになります。

 

営業だと、ノルマ未達でも給料は出ますしある程度ボーナスも出ます。

 

でも、フリーランスや独立(起業)した場合、どうでしょうか?

 

だいたいわかりますよね。

 

未達だったり利益少ない場合は、年収にモロにインパクトありますよね。給料が減るとかボーナスが減るとかそういう次元ではなくて、利益が出ない=手元に残るお金が無いという事態です。

 

これは営業でノルマ未達よりも何倍のキツイと思います。想像しただけでブルーです。

 

 

「あなた」という個人が仕事を取れるのか?

フリーランスや独立(起業)すると、会社という後ろ盾は無くなりますから、「あなた」というイチ個人がビジネスを取り、利益をゲットして行かなくてはなりません。

 

果たしてそれが可能かどうか・・・。

 

サラリーマンですと、〇〇会社、という社会的地位・信頼性・技術力などで、仕事が取れていました。

 

しかし、フリーランスや独立(起業)したとなると、そういった後ろ盾は一切無くなります。

 

あなたという一人の人間という立場で、ビジネスの中に飛び込まねばなりません。

 

今まで、〇〇会社のあなた、という事で、取引先から信頼されたり引合いをもらったりしていたと思いますが、イチ個人のあなたをどれだて評価してもらえていますか?

 

正直、あなたというイチ個人となった瞬間、企業は取引はしないでしょう。それくらい、会社というバックボーンは大きいんです。

 

私自身、偉そうな事を言っていますが、恐らく、会社というバックボーンが無ければ、イチ営業マンとしては、評価はされないと思います。

 

もちろん、営業って、エンジニアとかと違って技術力がある訳ではないですから、余計に評価されにくいですし、あくまで売るモノがあってこその営業マンになります。

 

つまり、イチ個人としては、全く役に立たないのです。

 

もちろん、どういう風に仕事を取るのか、どういうビジネスをしていくのかによっては、イチ個人であっても十分やっていける可能性はあります。

 

しかしそのためには、並々ならぬ努力と根性、そしてコミュニケーション能力が求められます。

 

イチ個人と大手企業と天秤にかけられたら、あなたが選ぶ立場ならどうしますか?素性もあまりよく分からないフリーランスと大手で働く担当者なら・・・・いうまでも無いですよね。

 

それくらい、イチ個人って評価されにくいんです。

 

ただ、逆に言えば、あなたというイチ個人として大手と棲み分けをして独自路線を築いて・・・という生き残り策はあります。

 

そこをいかに見つけるか、でしょうね。

 

 

本業以外の仕事が山積み

例えばエンジニアをしていれば、それが本業になりますよね。

 

お金、もっといえば利益を稼ぐための手段になります。

 

しかし、会社を思い描いてもらえれば分かりますが、あなたはエンジニアという仕事に専念している間、色々な部署であなたのために仕事をしてくれていますよね。

 

経理、人事、総務、法務・・・・いわゆるバックオフィスという部署ですが、こういった部署があなたの代わりに仕事をしてくれているから、あなたはエンジニアの仕事に専念できる訳です。

 

つまり、フリーランスやや独立(起業)してしまうと、あなたは以下のような方が気になります。

 

経営者であり、エンジニアであり、経理・総務・法務など全ての責任者

 

もはや意味不明な感じです。

 

が、これがリアルで、本業の仕事をしつつ、経理や総務などのバックオフィス業務もやらないといけない訳です。

 

その上で、利益を稼がないと、給料は増えないという状況です。

 

おかしくなりそうですよね。1日24時間全てを費やさないといけないですね。

 

もちろん、経理的な事は会計士や税理士を雇うとかで解決しますが、そのためにはそれを委託する費用が必要です。

 

時間を金で買うというと言葉悪いですが、そうしないと、毎日2時間睡眠とかで休みなし、みたいなことになります。

 

 

常に勉強の毎日

フリーランスや独立(起業)してしまうと、上記の通り後ろ盾が全く無いし、教えてくれる人も居ないので、常に勉強をしていかねばなりません。

 

最新の技術を習得する、世の中のトレンドを捉えてそれに合わせたビジネスを展開する、新しい分野に挑戦する、等です。

 

サラリーマンやっていると、会社が研修を企画してくれたり、日々の仕事が勉強になる等、意識しなくてもある程度勉強は進みます。

 

しかし、フリーランスや独立(起業)すると、先手を打っていかないと、後発では負けます。

 

全く楽ではないし、自律が求められます。

 

 

目標を自ら設定

サラリーマンをやっていると、同じく目標設定があると思いますが、それって、会社の目標からブレイクダウン、つまり細分化されたものですよね。

 

つまり、大きな目標があり、それをイチ担当に落とし込むとどうなるか、ということで、ある程度の道筋は会社が見せてくれている訳で、そこを突き進むことになります。

 

ですが、フリーランスや独立(起業)すると、これをあなた自身が自分の力で設定しなくてはなりません。

 

利益がいくら稼ぐのか、そのために何をするのか。

 

会社で言うと、中期経営計画とか、3ヶ年計画とかありますよね?あんな感じのものを、あなた自身の手で、あなたのために考える必要があります。

 

もちろん、マストではありません。とにかく仕事をこなして稼ぐというスタンスでも問題は無いです。

 

が、今後フリーランスや独立(起業)して生きていくなら、おおまかでも計画が無いと、いつの日か、仕事が取れなくなったりします。

 

おまけにその計画は、先に述べた、世の中のトレンドとか最新技術動向などにより見直す必要があります。

 

 

稼ぐことと先を次の案件獲得に向けた営業活動を同時進行

これは営業をしててもよくあるシチュエーションなのですが、今既にある仕事やプロジェクトを遂行しつつ、新たなビジネスを発掘せねばなりません。

 

要は次に稼ぐことを考えないといけない訳です。仕事が無い期間は、自動的に収入が無い期間になります。

 

なので、出来ればシームレス、つまり、途切れなく仕事がある状態がベストですよね。

 

そのためには、今受注して進めている仕事と並行して次の仕事を取る活動、つまり営業活動が必要になります。

 

これが結構タフな仕事で、私もいつも苦労しているというか大変なことです。進めている仕事の質を落としてはなりませんし、次の仕事も取らねばならない。

 

大変な事です。

 

 

自分に厳しくする

日々勉強していく、最新の情報や動向をキャッチするという事を書きましたし、仕事も山積みと書きました。

 

つまりこれらをあなた一人でやっていくために自分に厳しくできる人でないといけません。

 

「あー今日はなんだか気分が乗らないなー」

「今日くらいサボってもいいか」

 

というのがサラリーマンは言えますが、フリーランスや独立(起業)したらなかなか言えません。

 

サラリーマンはサボっていても大丈夫なように組織として動いていますが、フリーランスや独立(起業)すると、そのサボりは全てブーメランのようにあなたに返ってきます。

 

もちろん、効率よく仕事を進めることが出来て、ゆったり過ごす時間があるならOKですが。

 

なので、風邪ひいたとかで休んだらそれもブーメランで返ってきます。

 

全ては自己責任な訳です。

 

 

フリーランスや独立(起業)が悪いとかダメとかではない

重要な事は、フリーランスや独立(起業)が、悪いとかダメだとか、普通は出来ないとかそういう事を言っているのではないです。

ガチで厳しい世界の可能性

ここまで、あれやこれやと書いてきましたが、要は、フリーランスや独立(起業)は、ガチで厳しい世界ですよ、ということです。

 

なので、逆に言えば、それでもそこにやりがいや、あなたらしい生き方を求めるなら、全然問題無いです。

 

また、悩んでいても仕方ないからやってみる、というのもアリでしょう。意外と出来たりします。

 

なので、言いたい事は、フリーランスや独立(起業)は厳しい世界ですが、それだけやりがいもあるし、ある意味全て自己責任ということです。

 

生半可な気持ちで始めると、ちょっと痛い目見るかもですね、ということです。

 

 

サラリーマンとして居座るのも手段

フリーランスや独立(起業)がうらやましいなんて思っていたけどこれ読んで、やっぱやめとこうって思うのも正解です。

 

私は実はその通りに思った方で、一時期企業とか考えたんですが、とても自分の性格や仕事へのスタイル・生き方を考えると、無理だなって思ったんですよね。

 

なので、ある意味会社に居座るというか、活用できるところは活用させてもらうスタンスです。

 

サラリーマンに疲れたら居座ろう【安定を確保して回復を図る】サラリーマンは疲れます。 仕事ってまあ疲れるものですが、人間関係だとか気遣いだとか、得意先の相手だとか云々で、更にその疲れ...

 

 

まとめ:フリーランスや独立(起業)は生半可ではやっていけない

まとめますと、サラリーマンの仕事が辛いとか人間関係が嫌だとかで、フリーランスや独立(起業)を羨ましがったり、そっちの道に進んでみようか、というのはやめておいた方が良いです。

 

それくらいの気持ちなら、確実に失敗します。

 

フリーランスや独立(起業)すると、いわば、全てを自分でやって、全ての責任を負うことになります。

 

営業が嫌だ、事務仕事は向いていないとか言っている場合ではなく、全てをあなたの手で行うか、お金を払って外注するしかありません。

 

また、フリーランスや独立(起業)は、いわばあなたが経営者になるに等しいです。となると、目指すべき売上や利益はどのくらいか、それをどうやって稼ぐのか、といった経営計画的な事も必要になります。

 

同時に、あなたは利益を稼ぐプレイヤーでもあります。最新の動向、世の中のトレンド、全て考慮していかねばなりません。

 

文字通り、腕一本で稼いでいかないといけないのです。

 

ノルマとかそういう甘いものではなく、生きる為に必要な利益を誰の力も借りずにあなたの腕一本で稼がなくてはならないのです。

 

ちょっと悪く聞こえますが、これが悪いことではないしダメな事でもないです。向いている人がハマればすごいことになると思います。

 

だから、今の嫌さ加減から抜け出したいとか言う理由なら辞めておくべきです。もしその理由だとしたら、腕一本で稼いでいくという確固たる覚悟が必要です。