仕事

彼女が仕事が辛そう・・・そんな時にあなたが取るべき行動を解説します

彼女、仕事が辛そうだな・・・

大丈夫かな、何か出来ることは無いかな・・・

 

あなたは素晴らしい優男(やさお)です。

 

とはいえ、彼女が仕事で辛そうな時に、何が出来るのかなとふと考えると意外と思い浮かばないというか、分からないというか。

 

今どうして欲しい?なんて聞くのもちょっとなーと思いますよね。

 

私も似たような経験があります。遠距離恋愛していて彼女がめちゃくちゃ大変そうだったのですが、結局何をしてあげればよいのか、コレというものが無かったです。(後半で詳しく書いてます)

 

その時の経験をもとみ、こうしたら良いですよ、というアドバイスを解説しています。

 

悩むあなたの参考になればと思います。

 

 

 彼女が仕事で辛そうなとき

頑張れと励ましてあげる

シンプルだしありきたりですが、頑張れと伝えましょう。

 

既に頑張っているかと思いますが、あなたからも、労りの言葉を伝えてあげましょう。

 

それだけでもかなり彼女としては嬉しいし支えになります。

 

ただ、あまりに頑張ればかりだと既に頑張っている状態なのにそれ以上・・・・みたいにもなるので、頻発しない方が良いです。

 

 

無理に会おうとしない

平日はもちろん、休みの日も無理に会おうとしないようにしましょう。

 

平日グッタリで土日は寝ていたいと思ってるかもです。

 

男性と違い、女性は家を出るにも化粧して髪型セットして服選んで・・・と、家から1歩でも外に出るのは結構大変です。

 

また、体調面でも、男性よりも敏感と言うか、めちゃ元気な時は少な目なので、そう言うときに会うのは、相手が誰でも億劫に感じることがあります。

 

仕事が辛いとそういのも面倒くさくなる人もいますから、無理に会おうとせず、落ち着いたタイミングで、というくらいにして、気長に待ちましょう。

 

決して、無理はさせないことです。

 

また、彼女が一人暮らしなら、家に行って、食事の用意をしてあげてゆったりと過ごす等も良いです。

 

 

無理に連絡を要求しない

何でメール(LINE)が返信無いのかとか、折り返しの連絡が無いとか、そういう風に無理に連絡を要求しないようにしましょう。

 

例えば、その日1日のこととか、たわいもないことをメールしたりLINEしたりするかと思いますが、これも無理に要求はしないほうがいいです。

 

また、更に注意すべき点は、あなたが一方的に送るだけでも、彼女からすれば、返信を要求しているように感じてしまうことがあるので、そういった認識の違いも注意です。

 

仕事が大変だと気持ちに余裕がなくなりますから、あなたへの連絡は後回しになってしまったり、忘れたりします。

 

仕事で脳ミソも神経も使い果たしているからです。

 

彼女も恐らく連絡をしようと思っていますが、気持も時間も余裕が無いのです。

 

だから、無理に連絡を要求しないようにしましょう。

 

放置するのも優しさです。要求ばかりしているとそれは逆にマイナスなので、辞めておいた方が良いです。

 

 

あなたからの連絡も控える

出来ればあなたからの連絡も控えましょう。

 

彼女からすれば、しんどいなかで連絡きても返せないことがありますから、そうなると、あなたから連絡が来ることがプレッシャーになります。

 

また上記の通り、連絡が来るだけなのにそれがプレッシャーに感じてしまいます。

 

連絡来た

返さないといけない

でも余裕ない

返すの忘れる

また連絡来た

次こそ返さないと・・(焦り、プレッシャー発生)

余裕なくて返すのわすれる

無限ループ

 

となってしまいます。

 

本来は焦りやプレッシャーは感じないのですが、仕事が手一杯で辛い状況だと、そう感じてしまいます。

 

 

不安だけど信じることが大事

連絡もこないし、しないほうがいいとなると、このまま関係を続けられるのか?という不安にもなりますが、彼女を信じてあげましょう。

 

それが大事です。一番大事です。

 

彼女は仕事が大変なのです。

 

なかなか信じるのは難しいかもですが、信じてあげてください。

 

冷静に考えればわかりますが、あなたとの関係が冷めたからではないですよね?

 

であれば、あなたが彼女を信じてあげなければ、彼女からしても、なんで?仕事頑張ってるのに支えてくれないの?となり、逆効果でこっちの方が冷めてしまいます。

 

信じてあげましょう。しばらく会えないとか大したことないですから。

 

もしも、そんなんで冷めるなら、言い方は悪いですが、それまでの信頼関係ということです。

 

 

彼女の仕事が辛い時に察して支えれなかった私の経験

本記事の冒頭にお伝えした私の経験ですが、詳しく書いていきます。

 

今思えば後悔と申し訳無さしかありませんが、この経験をあなたが繰り返さないようにしてもらえればと思い、本記事を書いてます。

 

当時遠距離恋愛をしていたのですが、社会人になってまだ間もないながらも超ハードな仕事な様子でした。

 

当初は1日何度か連絡を取り合っていたのですが、徐々に連絡の頻度が減ってきました。

 

仕事大変だし辛い感じも伝わってきていました。

 

家帰ってきたらグッタリで食事もとらずに寝落ちしたとかも何度も聞きました。

 

しかし、私はその反面、こんなことを思ってしまいました

 

たった1本LINEする時間も無いのか?

1分もあれば打てるのにどうして?

 

今思えば、自分の立場でしか考えていなかったのですね。

 

私も当時は、結構激務で、文字通り朝から晩までで、残業は毎月100時間くらいとかでした。

 

しかし、彼女の事を心配する心の余裕もありましたし、土日も体力はありましたから、別にどこへでも行けました。

 

だからこそ、上記のように思ってしまったんですね。

 

相手の立場に立って考えれなかったため、挙句、疑心暗鬼状態になってしまったのです。

 

おまけに、ネット上の悩み相談とか見ても、以下のような事が多く載っていたので余計に不安になってしまいました。

 

どんなに激務でもLINE1本遅れないのは異常

早く別れるべき

恋愛関係なら、多少無理してで連絡したり会ったりするのが普通

 

情報に惑わされてしまいました。

 

結果、私はどんどん不安になり、疑心暗鬼にもなり、彼女を支えたり信じてあげたりも出来ませんでした。

 

本記事で偉そうに言ってしまっているアドバイスは、全て、こうしておけば良かった、という内容です。

 

これやってたら、別れたりしなかっただろうなと。

 

ちなみに最後はもうボロボロな別れ方で、会うこともなく、おまけに。「もう二度と連絡してこないでほしい」とまで言われました。

 

彼女からすれば、どうして仕事大変な中で毎日毎日連絡しなくちゃいけないのか、と思っていたんじゃないかと思います

もっと言うと

 

 どうして、私のことわかってくれないの?理解してくれないの?

 

という風に思ってたんじゃないかなと思います。

 

そのアラートとも言えるメッセージを気づくことができなかったのです。

 

あなたには同じ失敗をしないでほしいので、ぜひ、前にのべた彼女が仕事で辛いときの対処を実践して、支えてあげてください。

 

 

彼女の事を信じるけど不安や疑心暗鬼になったら・・・

いくら強い心を持っていたり、彼女を心底信じていても、どうしても疑心暗鬼になってしまいます。

 

そんな、私のようにネットの情報を見ると、情報に惑わされてしまいますから、やめた方が良いです。

 

別れた方が良いという情報が多いと、そう思ってしまうのが人間です。

 

誰か、信頼出来る人などに相談してみて、心の内を打ち明けてみるのが良いです。

 

なかなか適する人が居ないならば、カウンセラーとかもありです。

 

中立的な立場だし、あなたしか分からない独自の悩みでしょうから、それに対するアドバイスを的確にしてくれます。

 

ココナラでカウンセラーへ相談する場合は、最初の登録時点で3,000円分無料で使えるようになります。

 

主に電話相談なので、プライバシーも守られますし、他の人にバレることもありません。

 

無料分以上相談したいならば課金すれば良いだけで、一旦無料分だけで、と言うのもありでsu

上記ボタンからココナラの無料登録ページへ飛べますが、電話占いとページに書いていますが、登録後に、ココナラ左側のカテゴリからカウンセリングを選べばOKです。

 

 

 

まとめ:彼女が仕事で辛い時は信じて支えるべし

まとめますと、彼女が仕事で辛い時は、あなたが信じて支えてあげてください。

 

あなたも恐らくわかると思いますが、仕事で辛い時って、誰かが支えてくれているというそれだけで、かなり踏ん張れるものです。

 

また、活気が沸いてくるものです。

 

恋愛関係ならなおさらです。

 

彼女の仕事の状況とか、細かい事が分からないなら、無理に会ったり連絡したりせず、静かに見守るスタンスが良いです。

 

また、連絡を半ば強要するのも割けるべきです。

 

何度も何度も連絡してしまうと、彼女からすれば、強要されているように感じたり焦りやプレッシャーを感じてしまいます。

 

仕事だけでも大変なのに、そんなんがあるともっと辛いですよね。

 

信じて待つことが重要ですね。不安になるし、疑心暗鬼にもなってしまうこともありますが、あなたが信じてあげないといけません。

 

不安や疑心暗鬼になると、私のように、最終的にボロボロな形で分かれてしまう可能性があります。

 

信頼できる人や、時にはカウンセラーなどに頼り、不安を無くすようにしましょう。

 

信じて支えることが一番難しいですが、一番大切な事です。