生き方

行きたくない飲み会の断り方[意外な方法で断れます]

絶対参加したくない飲み会の断り方って無いかな?断れる確率が高いやり方を知って飲み会を回避したい。

 

こうした疑問にお答えします。

 

行きたくない飲み会って、何が何でも断りたいけど、あと腐れないというか、波風立てず断りたいですよね。

 

ここでは、そんな方に、飲み会断り率ほぼ100%の私からヒントをお教えします。

 

シンプルというか盲点を突くような感じです。

 

参考にしてみてください。

 

行きたくない飲み会の断り方

理由を何も言わずに断る

これです。理由を特に何も言わず、「すいません、行けません」とか、「すいません、都合つかないので行けません」という感じです。

 

シンプル、かつ、大胆、かつ断りの成功率高いです。

 

理由を下手につけるとそこから詮索されて、相手の流れに巻き込まれます。

 

例えば、「仕事が残っています」とか言うと、「じゃあ終わったら来いよな」と言われてしまう可能性が高いです。

 

「先に約束がありますので」とか言うと、その場は断れても、次回、あなたの予定に合わせて飲み会が開催される可能性があります。

 

また、ウソの理由をついてしまうと、どこかでボロが出るので、出来れば避けた方が良いです。

 

私は毎回この理由をつけない断り方で、飲み会は全て断っており、ほぼ行ってません。

 

このシンプルな断り方をすれば、何も聞いてこないですし、しつこく誘われません。これを続けると、やがて飲み会に誘われなくなります。

 

ここまで来たら飲み会行かないキャラの確立に成功しているので、断り方を考える必要すらなくなる境地にたどり着きます。

 

意外かもですが、理由をつけずにシンプルに断ってみましょう。

 

 

理由を言わないから攻めどころを無くせる

あえて理由を言わずにシンプルに断ることで、相手に攻めどころを無くす訳です。

 

理由を言わないから、相手も「なんで?」と聞く余地が逆に無いんですね。

 

飲み会に強引に参加させようとする人は、全くとか相手の気持ちとかが読めず、行かないと言っているのに無理やりでも参加させようとします。

 

飲み会は全員参加とか、何も嫌なことが無い楽しい場、みたいに思っているんですね。

 

だから、断るのが理解できないから、断る理由を無くすことで、相手を強引にでも参加させようとするのです。

 

この特性を逆に利用して、「理由なく断る」とすれば、通常よくやってくる、理由潰しが無くなり、攻略できなくなります。

 

普通というか、よくネットでも、「外せない予定がありまして」とか「既に先約が入っていまして」とか一言添えようみたいになってますが、あれって実際やってみると逆効果です。

 

理由をつけると上記の通り、強引に参加させるための理由潰しの機会を作ってしまうのです。しかも、断る理由ですから、その理由を打ち砕かれると、断る理由が弱くなります。

 

なので、逆転の発想ですが、あえてシンプルに何も言わずにただ断る意志のみ伝える、あるいは詳しいことは言わずに都合がつかないとだけ言うことで、その突っ込みどころを無くす訳ですね。

 

 

[参考]ネットでよく見る断る理由で逆に危ないもの

参考までに、経験談から、ネットでよく見る飲み会を断る理由で、危ないものと具体的な返され方=理由の潰され方を紹介します。

 

・お酒飲めないんです→飲まなくていいよと言われて連れていかれる。そして殆どの場合、結局無理に飲まされる。

 

・仕事が残っています→終わったら来いよと言われる。あるいは、そんなものは明日で言いと勝手に切り上げさせられる。あるいは、軽く行くだけだから終わったらやればいいと言われるけど結局終電。

 

・子供の面倒見ないといけない→嫁に電話して無理だと言って来させられる。

 

・用事がある→用事の時間迄と言われて連れていかれる。そして帰れない。

 

・保育園のお迎えがある→延長保育の連絡をしろと言われて連れていかれる。

 

・今日は都合が悪い/先約がある→いつ行けるんだ?となり次回参加確定。最悪幹事をやらされる。

 

理由が無い方が良いので、無理に理由つけずにシンプルに断りを入れましょう。

 

 

最悪、ウソついて断ってもOK

最悪というか、あなた的に理由なく異なるのがやりにくいならば、ウソついて断ってもOKです。

 

本記事の前半ではできれば避けた方が良いと言いましたが、時にはOKです。

 

ぶっちゃけ私も、毎回こうした理由なし断りをしている訳ではなく、時にはちょっとウソついたりもしています。

 

罪悪感もありますが、過去の経験上、行きたくないけど無理していった時って、後悔しかないんですよね。

 

私はお酒が嫌いですし強くないのですが無理矢理飲まされたり、みんな酔ってるから悪ノリするとかで、何も楽しくないです。

 

それでいて、大金取られて時間も取られて。

 

行きたくない飲み会に行っても良いことは全く無いので、それくらい後悔するなら、ウソついて行かなければ良いです。

 

都合がつきません、というのも、ある意味軽いウソですからね(笑)

 

前で少し述べましたが、ウソつくとそれを貫き通したりしないといけないので、その点は注意ですが、詮索されないならば、ウソついて断るのもアリです。

 

 

飲み会を断っても別に何も悪い方向に行かない

飲み会を断ると、社内のことも、時には顧客に対しても、物事が悪い方向に行くかもって思ってしまいますが、基本的にそれは無いです。

 

飲み会を断るのって、社会人としてダメみたいな風潮というか文化みたいなのがありますよね。

 

特に上司とか顧客に誘われたら断れない、断ったら、昇格とか仕事に影響が・・・と考えてしまいます。

 

基本的にそういうことは無いです。

 

というか、やりようがないですね。最近はハラスメントに対する罰則も厳しいですから、そんなのが公になったら会社も人も終わりです。

 

酒の付き合いが悪いから、キミは降格だとか出世レースから脱落とか普通に考えて意味不明です。

 

また、顧客に対してという点でも、キミは酒づきあいが悪いから、出入り禁止、とかありえないですね。

 

中には、別の理由、例えば仕事の成績不振とかを無理やり理由として使って、降格とか出入り禁止とかにするかもですが、そうしたマイナスな点を無くしておけば、問題ないです。

 

 

飲み会に行かないと嫌われる?[飲み会に絶対行かない私が解説] こういう疑問にお答えします。 飲み会って、社会時になると多いですよね。金曜日はパーっと、みたいなのもあるし...

 

 

 

万が一、飲み会断って干されたら反撃すればいい

とはいえ、もしも、飲み会を断る事で、あなたがに仕事が回ってこないとか、仕事を与えられなくなるとか、干されてしまったりするなど、そういったハラスメント的なことがあれば、それ相応の反撃をしましょう。

 

この時、ちなみに、人事とかに相談してもたぶん解決しません。

 

飲み会を断った事と、仕事で干されることの因果関係が証明できないからですね。

 

あるいはあなたが証明しようとしても潰されるか、無理矢理にでも、違う理由をならべられてしまって、迷宮入りになります。

 

つまり、会社ぐるみで、「飲み会を断ったことで、仕事から干された訳ではない。仕事から干されたのはキミの頑張りが足りないからだ」という結論に至ります。

 

当たり前ですね。会社が仮に、飲み会を断ったから仕事を干したことに因果関係を認めたら、信頼は地に落ちます。

 

なので、あなたを悪者にして終了になります。

 

だから、反撃をした方が良いということになります。

 

もし不利益を被ったら、辞める方向で、次の仕事探しましょう。

 

また、今すでに、行きたくない飲み会に行かざるを得ないような状況ならば、転職活動スタートして、早々にそんなクソ企業から足を洗いましょう。

 

辞める時も退職代行に全てお任せして、家で果報は寝て待て状態でOKです。

 

飲み会を断るくらいであなたを干すような幼稚な会社に、あなたの貴重すぎる時間と労力をささげる必要など、これっぽっちも無いと思いますよ。

 

おススメ転職エージェントまとめ【実際利用した中で良かったもの】 こういった疑問にお答えします。 私もかつて、転職活動の際には、エージェントをどれが良いかめっちゃ悩みました...

 

退職代行ガーディアンを解説 コスパ良く法を盾に退職率100%退職代行ガーディアンって、安心して依頼できるのかな?評判とか安心材料とか知りたいな。 そんな疑問にお答えしたいと思います。...

 

 

飲み会は悪ではない

飲み会を否定はしない

私は飲み会を否定しませんし、あなたも否定はしない方が良いです。

 

それが楽しい、それが生きがい、という人も居ます。

 

だから、あくまであなた自身が興味が無い、行きたくないということであり、飲み会自体が悪だったり価値の無いもの、という考えは持たない方が良いです。

 

 

恐らく参加者と内容で良し悪しが決まる

行きたくない飲み会は、恐らく、参加者と内容によって、行きたい行きたくないってなると思います。

 

私の例で言えば、飲み会は過去に何度か行った経験から、必ず以下のような事態が発生するので全て断っています。

 

・酒癖が悪い、ダル絡みしてくる

 

・飲まなくていいからと言われても、強引に酒を注がれ、飲まされる

 

・説教や指導が始まる

 

・グダグダの二次会にも突き合わされて、終電逃して自腹タクシー

 

 

こういう感じの飲み会はあらゆる事を駆使して断りたくなりますよね。

 

ですが、逆に、こういったことが無く、例えばあなたの趣味や好きなことに対して熱く語れる飲み会なら、参加したいですよね。

 

そんな感じなので、飲み会自体がどうのこうのではなく、参加メンバと内容によるということです。

 

 

まとめ:行きたくない飲み会の断り方はシンプルにNoというだけ

まとめますと、行きたくない飲み会の断り方で、私の経験からベストなのは、シンプルに理由を述べずにただ「行けません」「欠席します」です。

 

理由をつけるとその理由を詮索されたり、それを覆すようなことを言われると、断る理由が弱くなってしまうので、参加しないといけない流れになります。

 

そのため、無理に理由をつけずにシンプルに、ただ断るのみです。

 

これによって私は、ほとんど飲み会に行かずに済んでいますし、理由が無いので理由を聞かれる事もありません。

 

そのうち、誘われなくなりますので、断る必要さえも無くなります。

 

行きたくない飲み会は、行かない方が良いです。