その他IT

ITコンサルの実態はこんな感じです[現役SIer勤務の私がリアル解説]

ITのコンサルタントって、何だか実態がよく見えない感じがするけどどうなんだろうか?

 

また、色々種類があるみたいだけど、あまり良く分からないから避けた方が良いのかな。

 

こういった疑問にお答えします。

 

現役SIer勤務の私ですが、ITコンサルとはもちろん仕事をしたことがあります。一口に行っても、ITコンサルって、結構色々ありますし実態も様々です。

 

内情を元に実態も説明しつつ、ITコンサルのリアルをご紹介します。

 

ITコンサルの種類

ITコンサルはざっと以下の3種類あります。細かく分けるともっとありますが、かなり大分類してます。

 

・システムコンサル

・プロセスコンサル

・戦略コンサル(経営コンサルとも言う場合あり)

 

システムコンサル

システムコンサルは、その名の通り、ITのシステムに関するコンサルティングを行うのがミッションです。

 

恐らく、あなたがイメージしているITコンサルに一番近いのがこれです。

 

どういったシステムが良いのか、どういったシステム構成にしたら良いのか等、いわゆる要件定義をやるようなイメージですね。

 

上流工程とか色々と言い方はありますが、どんなシステムを作るのかを一緒に考えていくのが主な仕事になります。

 

 

 

プロセスコンサル

プロセスコンサルは、業務プロセスのコンサルタントです。

 

今の業務プロセス、すなわち仕事の進め方を把握し、どうすれば効率的になるのか、もっと言えばコスト削減に繋がるのか、等を考慮して、業務プロセスを変えて行くのがミッションです。

 

また、SIerで多いですが、パッケージソフトウェアをもとにシステムを作る際に、そのソフトウェアを使うにはこういう業務プロセスにしないといけない、等という改善を行います。

 

ちなみにSIerには、前出のシステムコンサルとプロセスコンサルを兼任しているスペシャルな人も居ます。

 

担当するパッケージソフトが決まっており、それをもとにシステム構築していく場合は、ソフトウェアのことも業務プロセスのこともわかっていないといけないので、両方できることが求められます。

 

主に基幹システムと呼ばれるような、仕事に無くてはならない中心的なシステムの際には、こういったシステムコンサルとプロセスコンサルの両方が必要になります。

 

 

戦略コンサル(経営コンサル)

戦略コンサルは、ITやシステムを手段とし、会社の経営をどう変えていくかという、非常に大きく広い目線でコンサルを行うのがミッションです。

 

こういった仕事は、いわゆるコンサルファームと呼ばれる専門会社が担うことが多いです。

 

ITやシステムは、実は会社の経営に非常に大きな影響を及ぼします。

 

言い方を変えれば、ITやシステム無くして会社の改革や成長は無いと言えます。

 

そのため、経営戦略や経営計画をITやシステムではどのように実行していくのか、というようなロードマップとかグランドデザインとかを作るのです。

 

もう少し具体的に言いますと、戦略コンサルの視点からすると、ITやシステムを手段として、と書きましたが、詳しい中身までは決めたり提案したりはしません。

 

こういった基幹システムが必要、今あるシステムは作り直すべきだ等という所までです。

 

何故なら、具体的にどういうシステムを作るのか、という点は、経営的視点からして問題ではないからです。

 

噛み砕くと、システムの中身はどうでも良くて、経営計画を達成できるなら、何でもOK、と言うのが経営的視点だからです。

 

とはいえ、戦略コンサルタントは、ある程度はITやシステムの知識が無いと、ロードマップやグランドデザインも書けないですので注意です。

 

そこでの方向性とか示唆が間違っていたら、経営が大きく傾くかもしれませんからね。

 

責任はありますが、やりがいあると思いますよ。

 

 

ITコンサルの給料事情はどうなのか?

ITコンサルの給料事情ですが、基本的には、平均よりだいぶ高いと言えます。

 

エンジニアとかプログラマーとかより全然高いです。

 

戦略コンサルを行うコンサルファームだと、30代前半で年収1000万円は軽く超えて来ますね。

 

マッキンゼーとかボストンコンサルティングとかだともっとですかね。

 

SIerに居ることが多い、システムコンサルやプロセスコンサルも、30代前半で年収1000万円行くか行かないかくらいですかね。

 

コンサルファームまで行きませんが、それでもなかなか高給ですよね。

 

それもそのはずで、これは営業やっている私から言えるリアルな内情ですが、ITコンサルは、一番単価を高くして見積ができるのです。

 

めちゃめちゃリアルな話をすると、月額単価400万円とか行けちゃう感じです。

 

これは、ノウハウや知識はもちろん、ヒアリング能力や時には折衝能力等、非常に多岐な知識と情報把握・整理力が求められるからです。

 

いわゆるハイスキルな人です。

 

逆を言えば、ハイスキルな人=高給取り、という風に言えます。

 

 

ITコンサルになるには

ITコンサルになるには以下2パターンです。

 

・コンサル会社に入社する

・SIerに入社する

 

詳しく見てみましょう。

コンサル会社に入る

一番手っ取り早いですし、最短ですね。

 

新卒でも募集したりしていますから、いわゆるコンサル経験が無くても大丈夫ですし、もちろん転職組でもOKです。

 

コンサル経験無いけどコンサル会社に転職っていうのもいくつも事例があります。

 

ただ、特に中途つまり転職組の場合は、業界の知識についてのキャッチアップが結構大変ですね。

 

会社の事はもちろん業界とITの事を分かっていないと、めちゃめちゃ薄っぺらいコンサル結果になっていますから、次が無くなります。

 

 

SIerに入ってコンサルを目指す

SIerに入ってもコンサルになれます。

 

上記の通り、システムコンサルやプロセスコンサルはSIerに居ることが多いです。

 

ITの現場を肌で感じているので、実態に則したリアルなコンサルが出来ます。

 

しかし、コンサルになるには、知識経験を積まないといけないので、時間がかかる可能性が高い点がデメリットです。

 

その分、しっかりと経験を積める点はメリットと言えます。

 

 

ITコンサルは激務なのか?

ITコンサルは激務なのかというような噂や情報がありますが、正直言って、そこそこシンドイ仕事だと思います。

 

楽ではないですね。

 

シンドイと言うのは長時間労働で激務でという訳ではなく、頭をフル回転させ続けないといけないし、常時最新情報を入手しないといけないという、脳ミソのタフさが求められます。

 

しかし、頭の回転が遅いと時間もかかってしまうので、肉体的タフさも必要になる場合があります。

 

特に戦略コンサル系で、コンサルファームはタフさが求められますね。

 

と言うのは、SIerのシステムコンサルやプロセスコンサルは営業担当が居まるから、その分仕事の分担が出来ますから、コンサル業務に専念できます。

 

しかし、コンサルファームは、営業活動も自分でやるみたいな感じなので、色んな仕事をやらないといけないから、単純に業務量が多くなります。

 

だからこそ高い単価、高い給料が得られるのもありますが、タフさは必要です。

 

実際、コンサルファームでITコンサルやってる知人は、結構遅くまで仕事しているし、打合せもギチギチに入っていて、肉体的にも脳ミソ的にも非常にタフでないとやっていけない感じです。

 

しかしその分、やりがいはありますし、上場企業の幹部と打合せするなど、ビジネスの最前線で仕事が出来る点は、魅力的ですしメリットですね。

 

激務の定義が曖昧なので一概には言えませんが、やりがいと高給を得られる仕事であると言えるのは間違いありません。

 

 

まとめ:ITコンサルはちょっとシンドイかもだけど高給でやりがいあり

まとめますと、ITコンサルは、ITの現場にどっぷり入っている私から見て、シンドイかもですが高給だしやりがいのある仕事と言えます。

 

システム、プロセス、戦略の各々コンサルが、ITコンサルの中には存在します。

 

システムコンサルやプロセスコンサルはSIerに多く、戦略コンサルはいわゆるコンサルファームです。

 

いずれも中途採用でもガンガン採用しているので、未経験であっても早期にキャッチアップ可能なら、ITコンサルへの道は開けます。

 

コンサル専門会社への入社がもっとも手っ取り早いです。

 

脳ミソのタフさはもちろん、時には肉体的タフさも求められる仕事でありますから、大変は大変です。

 

しかし、ビジネスの先頭に立つような位置で仕事が出来ますから、非常にやりがいがありますよ。

 

ITコンサルに興味があるのでしたら、是非一度エントリーしてみてください。