その他IT

ITベンチャーへ未経験で転職するのが一番エンジニアとして力がつく

未経験でエンジニアになるための最短距離ってなんだろう。やっぱりスクールかなあ。でも結構なお金がかかるし・・・。

 

そういった疑問に、現役でIT企業に勤務している私から実態踏まえて、僭越ですがお答えします。

 

IT業界は伸びまくりなので魅力的ですよね。将来的に独立も出来る可能性もありますし、腕一本で食べていけることも出来ます。

 

ITエンジニアは、人材不足と言われていますが、確かに実際IT業界に居る身としてもそれは思います。

 

普通にと言うか、一般的には、スクールや独学である程度の知識を身につけて・・・という流れを考えると思いますが、一足飛びの方が良いです。

 

お金ももらえてエンジニアとして最短で成長出来る、ITベンチャーへの転職をお勧めしたいと思います。

 

詳しくご紹介していきます。

 

 

ITベンチャーへ未経験転職がベスト

大手は完全未経験でエンジニア採用をしない

そもそも、大手では未経験での中途採用はありますが、完全未経験ではエンジニアを採用しません。

 

完全未経験を採用しないというのは、言い方を変えれば、条件付きということになります。

 

コチラの記事でも書いていますが、未経験と言っても、例えばシステムやソフトを使った経験があるとか、そのシステムを使う業務に精通しているとかが必要です。

 

IT業界に未経験で転職できるなんて嘘だと思いますよね?本当です こういった疑問というか、お悩みにお答えします。 IT業界は今も人材不足と言われていて、今後さらに人材不足と...

 

 

そのため、特に大手IT企業のエンジニア職としてITに関連することを全く経験していない状態、すなわち、全くの畑違いから、ある程度のIT企業に転職しようとするのは、相当難しいです。

 

と言うかほぼ不可能に近いんじゃないでしょうか。

 

採用する側から考えれば、ポテンシャルがあるかどうか不明ですし、そんなリスクを取ったり、人材育成をイチからしている余裕はないので、それよりも、即戦力になりそうな人を取りますよね。

 

なので、大手とか中堅くらいのIT企業でも、なかなか完全未経験での転職は難しいです。

 

しかし、ベンチャーになると、企業の成長スピードに人材が追い付かないことがあるので、とにかく人を集めて急ピッチで育成するやり方があります。

 

大手だとそれなりん人材を雇えなくても何とかなりますが、ベンチャーだと人を増やさないとどうにもならない状態になる可能性がありますから、そういった場合は、完全未経験でもイチから短期間で徹底的にたたき込んで育成するというプランがあります。

 

これは、付き合いのあるITベンチャー企業の社長が実践しているものです。

 

そうしないと、本当に人材が取れないし、何よりIT自体が高給化してきており、ベンチャーは最初から有能な人材をそもそも取れない可能性があるとのこと。

 

だったら、イチから育成すればいいという考えだそうです。

 

そのため、完全未経験となると、ベンチャーの方が優位と言うか、入りやすい傾向にあります。

 

 

自力で何もかもやるので急成長出来る

ITベンチャーだと、恐らく教えてくれる人はあまりおらず、自力で何もかもやるし、仕事量も多いので、それによって急成長出来ます。

 

ある意味、最も厳しいですが、最も短期間で成長が出来ます。

 

ベンチャーって人数が少ないし社歴も浅いので、ノウハウ的なのも大手に比べれば圧倒的に少ないです。

 

また、体質と言うか特徴と言うかですが、能動的に自ら動くことが当たり前な感じです。

 

そのため、仕事のやり方とか成長の仕方も俗人的なので、あなたがとにかく独自で何もかも習得しないといけません。

 

また、仕事の範囲もある意味曖昧で、営業兼エンジニアみたいな可能性もあります。タフさが求められます。

 

しかし、その間給料は出ますから、お金もらって猛烈に勉強して猛烈に成長するような感じです。

 

非常に大変に感じると思いますが、スクールで受け身で学ぶよりは圧倒的に効率的に成長出来ると思います。

 

分野は違いますが、私も入社したての頃は、何も分からないまま外回り行って来いって感じでひたすらトライ&エラーを繰り返していましたが、それが一番成長出来たなと思います。

 

数か月経った後に、大学の同級生とかと再会した時に圧倒的に差をつけている感がしました。

 

厳しい場所ほど成長出来ます。

 

 

いきなり現場に放り込まれる

誰も教えてくれない、誰も助けてくれないに近しいですが、ITベンチャーだといきなり現場に放り込まれます。

 

つまり、案件やプロジェクトにいきなり入るみたいなものです。

 

模擬プロジェクトとか生易しいものではなく、顧客から費用をもらっているリアルなプロジェクトです。

 

そこに突っ込まれて、本当にナマの現場での仕事を目の当たりにします。

 

OJTとか言うレベルではないです。

 

私が働くIT企業では、新卒ですが、全く未経験のエンジニアの育成プランとして、模擬プロジェクトがあります。

 

あるシステムを開発するのですが、それが人材育成の一環です。

 

もちろん、模擬なので、トラブっても何も問題にならないし、赤字にもなりません。

 

しかし、ベンチャーだとこれが実案件みたいなものです。

 

実案件ですから、顧客から費用をもらっているということなので、最低でもその費用相応、出来れば費用以上の結果を求められるものです。

 

ハッキリ言って、これを読んだ人は、これは無理だ、やめとこう、スクール行って少し知識つけてから。。。という風に思う人が多いでしょう。

 

でもそれって、ある意味遠回りです。

 

スクールは、確かに基礎をイチから教えてくれます。しかし、そこで得た知識は現場で即戦力かと言われると、恐らく答えはNoです。

 

スクールが悪い訳ではなく、現場の生のプロジェクトは、スクールでは再現できない様々な事が起こっているのです。

 

つまり、スクールで学んだとしても、現場に放り込まれたら、実はあまり変わらない可能性があるということです。

 

もちろんその差は全くゼロではないです。

 

しかし、あまり変わらないなら、お金払ってスクール行くよりも、お金もらって現場に放り込まれてイチから学ぶ方が、近道だしメリットだと思いますよね。

 

正直、ビビってしまいますが、近道を選ぶ方が良いと思います。

 

 

最悪は会社が責任取ってくれる

これはベンチャーに限らずですが、もしなにか大問題が起こったとしても、会社が何とか責任取ってくれます。

 

ベンチャーであれ何であれ、会社に所属していれば、一番責任を負うべきは社長になります。

 

前述の知り合いのITベンチャーの社長も、とても厳しい人ですが、最終的には全て責任を取る覚悟で、仕事を任せているとのこと。

 

やはり、経営者たるもの、そういう覚悟を持っているというか、当たり前のようですね。

 

なので、いくらあなたがミスしてトラブル起こしたとしても、あなたを管理しているマネージャー、更にその上の役員や社長が、責任を問われます。

 

会社対会社の取引なら尚更で、イチ社員に対して、例えば損害賠償の支払いを、と言うのはおそらくないです。

 

なので、ある意味安心して、色々チャレンジ出来る環境が整っているので、ベンチャーに置いてイチからエンジニアを目指すのがベストです。

 

 

 

完全未経験からITベンチャーへ転職した人の話

では、私の知り合いで、完全未経験からITベンチャーへ転職し、現在は人工知能エンジニアとして、大手企業とのプロジェクトを回すところまで成長した方(=Aさん)の話を紹介します。

 

Aさんは、以前は介護関係の営業をしていたのですが、ベンチャー企業へ。

 

大手企業とも取引実績のあるところだが、社員は数十名程度でしたが勢いそのままに転職。

 

しかし案の定、完全未経験のため、コーディングをイチから学ぶのですが、いきなり実案件のコーディングしといて、と。

 

コーディングって何?という所から始まっているらしいですが、そうも言っていられない状態であるため、専門書を読み漁り、過去の資料を穴が開くまで見て、寝食の時間を削って仕事をした結果、3が月後には、プログラムを書けるようになったとのこと。

 

また、現在は大手企業からの案件のプロジェクトリーダーも務めるまでになっています。

 

ただ、最初の3ヶ月は、本当に苦労したツライ日々だったと。

 

が、実践であれこれ経験し、また、並行してコーディング含めて知識を叩き込むことで、圧倒的に短い時間での成長を実感したとのことです。

 

畑違いから転職して3ヶ月でプロジェクトを担当するというのは、なかなかタフな三か月ですね。

 

ある意味、ベンチャーだから出来る離れ業でしょう。大手なら、コンプライアンスとか残業規制とかその他諸々制約があるでしょうが、ベンチャーは大手ほど、そういった制約が無いです。

 

良いのか悪いのかは別として、短期間での厳しい経験を経て圧倒的速さで成長するか、それ以外の方法を取るか、という二択です。

 

この実話が、選択の参考になればと思います。

 

 

まとめ:未経験で最短でエンジニアになるにはITベンチャーへ

まとめますと、全くのITの未経験の状態から、エンジニアになるには、ITベンチャーへ転職することが最短最速です。

 

これは、今、IT業界でがっつり仕事をしている私の視点からも言えます。

 

独学やスクールや、あるいはクラウドソーシング等で、実績を積むのも大事ですが、一番大変だけど一番早いのが、ITベンチャーへ転職してそこでエンジニアとして働くことです。

 

そもそも、大手は、中途採用では、全くの未経験をエンジニアとして雇いません。メリットが無いからです。

 

しかし、ベンチャーとなりますと大手以上に人出が足りないので、全くの未経験でも採用される可能性は高いです。

 

また、ベンチャーだといきなり仕事を任されることが多いので、基礎と実践を同時並行で学ぶことになり爆速で成長します。

 

その分、肉体的にも精神的にもタフさが求められれますが、圧倒的に短期間で成長出来ます。

 

最終的には、問題が起こっても会社が責任取りますから、安心してトライできます。

 

実際に、全く異業種でITは未経験の人が、3ヶ月足らずで、エンジニアとして活躍している人を何人も目の当たりにしたことがあるので、これからエンジニアを目指す方は、ベンチャーへの入社も検討してみても良いでしょう。