その他IT

IT企業が未経験でも本当に欲しいと思う人材 営業職編

未経験OKのIT企業があるけど、「未経験でも採用したい」と思う人材ってどんな人なんだろうか?

 

それが分かれば、狙いと言うか、こちらもエントリー考える時に有効なんだけどな。

 

こういった疑問にお答えします。

 

未経験OKと言ってもどの程度ならば、とか、過去にどんな仕事していたら未経験でも十分通用するというか選考ラインに乗るのか等、IT業界への転職成功の可能性が高まりますよね。

 

この記事では、現役でIT業界の営業として日々最前線で仕事をしている者から見て、IT企業が未経験でも採用している人材、採用しても良いと思う人材をご紹介します。

 

この記事の内容にマッチしている度が高いなら、エントリーして一気に内定まで突き進みましょう。

 

IT企業が本当に欲しがる未経験人材:営業職編

私の会社でも重視しているポイントです。

特定の業界に強い、知識がある

特定の業界に対して、知識が深い、経験が長い、実務でバリバリやっていた、等があるとウケが良いです。

 

IT企業はソリューション営業と呼ばれ、課題や問題に対する解決策として、ITを提案します。

 

その為、課題や問題はもちろん、業界の知識や経験が非常に重要な役割を占めます。

 

事実、私自身も、IT企業へエントリーする際、過去に経験していた自動車産業関連の経験が求められるものでした。

 

私が入社した後も、精密機器の業界に強い人、電機電子関連業界に強い人、品質管理や調達(購買)に強い人などなどが、ITは全く未経験ながらも、採用されています。

 

やはり、業界への知識が深いと、より顧客の課題の真因に入り込めるので、ソリューションの密度や深さが段違いな提案ができるんですね。

 

そうすると、大きな差別化に繋がります。他社を圧倒できるような提案が可能になります。

 

営業の醍醐味であり強みにもなりますので、こういった業界に対する強みを持っている人は、未経験でも採用していく傾向があります。

 

 

技術職としての実務経験が豊富な人

技術職なのに営業?矛盾していない?職種ミスマッチでしょ、と思うかもしれません。

 

確かに、職種が違うという点では、IT業界へ未経験は非常に難しいです。。

 

しかし、技術職が営業職にエントリーして採用される、あるいは、営業職として技術職出身の人を募集するというケースがあります。

 

これは、「セールスエンジニア」という職に就いてもらうためです。

 

このセールスエンジニアという職は、私の会社でも最近登場してきました。

 

日本語に訳すと営業技術。逆でも良いですね。技術営業。

 

営業ができる技術職、という風に理解してもらえればよいです。

 

IT企業の営業は、多くの行動を技術職の人とともにします。ITツールのより詳しい機能等は技術職の人に語ってもらわないと、非常に難しいものもあるからです。

 

ただ、2人で常に行動となると、単純に時間もコストも2倍かかることになります。

 

これを一人でこなせれば、めちゃくちゃ効率的ですよね。単純に考えて半分。

 

そのため、営業も技術も出来るセールスエンジニアという存在が重要になってきています。

 

私の会社でもセールスエンジニアの人が増えつつあります。

 

接待とかネゴのお願いとかは本来の営業の仕事になるため、ゴリゴリの営業っぽいことまでは、しなくて良いです。

 

ITの現場に居る人間の肌勘として、ニーズが高まっている職種なので、募集要項などを参考にエントリーしてみるのもありです。

 

 

多くの人を動かす仕事をしてきた人

少しボヤっとした表現ですが、多くの人を動かす経験、もう少し詳しく言うと、大人数のプロジェクトに関わり、取りまとめてきたような経験があると、非常に欲しい人材になります。

 

IT業界では、仕事の多くはプロジェクト体制を組み、一丸となってシステムやITの導入・開発を進めます。

 

そのため、多くの人が部署をまたいで関わるケースもあり、営業としてはそのビジネスを引っ張っていく役割が求められます。

 

つまり、リーダーシップだったり、プロジェクトメンバーのモチベーション維持やコミュニケーションの闊達化などの役割が求められます。

 

多くの人を動かすようなプロジェクトを経験していれば、その経験はIT企業でも非常に有効ですし、そういった人材は即戦力となります。

 

反対に言えば、一匹狼的な営業をしてきた人、営業問わずそういった仕事をしてきた人は、もしかしたらマッチしないかもしれません。

 

 

ソリューション営業経験がある人

提案型営業とも言われますが、ソリューション営業を経験している人は、IT業界でもフィットしますので、企業としては採りたいと思うものです。

 

IT業界では、特に最近は、ただ単に一つの製品やサービスでは解決できないような引合いや相談を受けます。

 

あるいは、何をどうしていけば良いか進みながら決めるアジャイル的なやり方も増えてきています。

 

こういったIT業界の中で求められるのは提案力です。

 

複数のITツールの組合せ、受けた相談や困りごとの真の要因を解決する提案、潜在ニーズや潜在課題へアプローチする手法などなどです。

 

つまり、今あるツールはもちろん、それらを組み合わせたり、外部の企業と提携してソリューションを新たに生み出してしまうなど、斬新かつ柔軟な考え方が非常に重要です。

 

こういった事は、ソリューション営業を経験してこないと、なかなか思いつかないものです。

 

時には少々ぶっ飛んだ事を考えたりするケースもありますが、それがズバッとハマることもあります。

 

IT業界は凄いスピードで進化しているので、提案型の営業スタイルはもちろん、斬新な考えをしたり、全く新しい角度から提案を行うような柔らかい脳ミソを持つ人材は重宝されます。

 

チームスポーツを経験してきた人

ちょっと体育会系の話になってしまいますが、チームスポーツをしてきた人は、IT業界はフィットしやすいです。

 

例えば以下に例を挙げます。もちろん他にもあります。

 

サッカー

ラグビー

アメリカンフットボール

野球

ラクロス

バレーボール

バスケットボール

 

これらはいずれも、チームの力を合わせて目標を達成するものです。

 

また、決まりきった物事は無く、常にその状況を把握し、状況に応じた的確な判断が求められるものです。

 

非常に頭を使うものです。加えて、信頼関係、コミュニケーション、自己犠牲、失敗の補完など、ビジネスに通じるものがあります。

 

IT業界ではプロジェクトを進めるにあたっては、上記のような信頼関係、コミュニケーション、失敗の補完等は非常に重要です。

 

また、トラブルが起こった際は、営業とプロジェクトリーダーが盾になり、クレームを受けて改善していくという、いわば自己犠牲を伴うものもあります。

 

もしかするとIT業界だけではないかもですが、私の経験上、かなりIT業界では必要とされる経験と思いますね。

 

実際、結構体育会系出身の人間が多いです。

 

 

IT企業が未経験でも営業マンを欲しい背景

人材不足

エンジニアほどではありませんが、IT業界では営業も人材不足です。

 

エンジニアが不足=市場規模が大きくなっている=ビジネスが多い→営業が必要

 

という構図ができあがる訳です。

 

いくら案件があっても営業が居ないと、プロジェクトの提案はもちろん、契約交渉や金額交渉などが出来ないと、そもそも案件を受注出来ません。

 

売る製品の事をあまり分かっていなくても大丈夫

IT業界特有かもですが、売るモノの全てを分かっていなくても大丈夫です。

 

これは私もIT業界に入ってカルチャーショックだったのですが、セールス活動の際にもエンジニアが同行してくれて、製品の売込みをしてくれるんですね。

 

詳しい事は担当エンジニアから・・・と話を振れば、いったん営業の出番は終わりです。

 

ある程度、製品の特長や強み、競合との差別化ポイントなどは当然、理解しています。

 

ただ、製品によっては非常に高度な知識(物理学、統計学、力学、生産技術などなど)が求められます。

 

これらは専門的で難しすぎるので、逆に営業が手を出すと終了します。

 

なので、担当エンジニアが対応してくれるのです。

 

営業の仕事は、売込みというよりも、その場のアレンジ、決裁者へのアプローチ、マクロ視点でのビジネス計画検討と実行など、ビジネスを創り出してそれをどう拡大していくか、というような視点での仕事が求められます。

 

なので、ITに未経験でも営業職はエンジニアほどハードルが高い訳ではないのです。

 

 

専門的な知識が無くても大丈夫

営業をやるにあたって、学問として勉強することとか、大学で〇〇を学んでおかねば、とかありませんよね。

 

しかし、エンジニアや技術職は、ある程度大学や専門学校などの教育機関で、専門的な事を学び、それを活かした職に就いています。

 

営業は誰でも出来るということを言うつもりありませんし、私もそんなことは思いません。

 

しかし、事実として、実態として、学が必要かと言われると答えはNoですよね。

 

もちろん、営業は、コミュニケーション能力、状況の把握力、交渉力、対応力など、様々なスキルは求められます。

 

が、学問として習得しておくべきことなどはありませんので、専門的な知識という点では不要と言えるのです。

 

 

まとめ:IT企業が未経験でも欲しい人材

まとめますと、IT企業が未経験でも欲しい人材@営業編は以下の通りです。

 

特定の業界に強い、知識がある

技術職として実務経験が豊富な人

多くの人を動かす仕事をしてきた人

ソリューション営業の経験がある人

チームスポーツを経験してきた人

 

いずれもちゃんとした理由や、IT業界における人材のニーズを踏まえたものです。

 

また、実際に私の会社でも、中途採用を取る時に重視しているポイントです。

 

逆に言えば、これらのポイントにひとつでも関係してくるようであれば、未経験でもIT業界に入れるチャンスは大いにあると思って問題ありません。

 

事実、そういう人を求めています。

 

是非ともチャレンジして頂きたいと思います。