仕事

転職の失敗は人生の終わりなのか?バッチリ失敗した私が全てお話します

意気込んで、夢見て、希望に向かって転職したけど、失敗した・・・・。こんなはずじゃなかったのに、しかも自分で決断した結果こうなってしまって、もう人生終わりかもしれない・・・。

 

そんな風に思ってませんか?

 

私も転職に失敗したという経験をしています。

 

まあ浅はかな考えで転職したというのもありましたが、実際に失敗してみると、確かに人生終わりみたいに感じましたし、自分に絶望というか、自分を責めることもありました。

 

ですが、安心してください。

 

結論から言えば、失敗しても人生は終わりません。次があります。むしろ良い経験です。

 

失敗を糧に成長すればいいだけの話です。詳しくご説明しましょう。

 

転職の失敗は人生の終わりではない

あえて強い言い方をします。

 

結論から言えば、転職の失敗ごときで、人生は終わりません。

 

「いやいや、そんな簡単に言うなよ。もう後戻りできないしこのまま今の会社でサラリーマン人生送るなんて、終わったも同然だよ」

 

なんて思っているかもしれません。

 

確かに気持ちはわかります。

 

前に書いた通り、あなたが人生の大きな決断として、今の会社を辞め、何かしら目的や目標があって、あなたの意思で転職をしたんですよね。

 

その結果、失敗した。

 

人生の大きな決断をしたのにそれが失敗となると、失敗したという事実よりも、自分の意思で判断したことが間違っていた、ということの方が精神的に堪えているんじゃないですかね。

 

加えて、失敗したとなると、「やっぱり前の仕事続け説けばよかった」「なんだかんだ、前の会社は良い会社だったな・・・」などという隣の芝は青く見える状態になっているはずです。

 

実際、私自身も上記のように思いましたし、自分で決断して転職失敗したこと、気持ちの面で非常に辛いものがありました。

 

なので、その気持ちは痛いほどわかりますし、当時の辛さを思い出せるくらいです。

 

しかし、その辛さをずっと、「辛い」と思っていても、辛い状態は変わりません。

 

厳しい事を言いますが、その状態は誰も変えてくれません。

 

もっと言うと、変えるのはあなた自身です。

 

すなわち、転職の失敗で人生終わったと思っているなら、「あなたが人生を終わらせようとしている」のです。

 

逆の言い方をすれば、人生が終わるかどうかは、あなた次第ということです。

 

転職の失敗くらいで人生終わりません。もし終わったと思っているなら、あなたが白旗上げて負けを認めたことになります。

 

自分に負けたのです。

 

 

転職の失敗で人生終わったと思った時にやるべきこと

まずは転職の失敗を受け入れる

とにもかくにも、あなたが転職を失敗したことは、まぎれもない事実ですから、それをしっかりと受け止めなければなりません。

 

あなたが失敗だと思っているなら、それは失敗なのです。

 

何をどうやろうが、あがいたとしても、その事実は変わりません。

 

だったら、クヨクヨしないで、失敗したことを事実として、しっかり受け止めるべきです。

 

クヨクヨしたり落ち込んだりしていたら、その失敗が何か変わりますか?変わらないですよね?

 

まずは事実として受け止めましょう。

 

 

次どうするか考えて行動する

失敗を受け止めれたら、次はどうするか、です。

 

大きくは2つあります。

 

 

失敗したけどそのまま居座る

失敗したけど、とりあえずこのまま今の会社に居座ることにする、という決断です。

 

居座るというと表現悪いですが、伝わりやすいと思って書きました。要は、そのまま働き続けるということです。

 

失敗したとはいえ、その会社で働くことが出来ないという訳ではありません。

 

また、あなたを採用した会社としても、あなたの能力、スキル、経験が、自社にとって利益をもたらしてくれると思ったから採用したのです。

 

そのため、全くのアンマッチということは無いはずです。

 

あなたが失敗した、と思う点と、会社があなたに期待することが違う可能性はあります。

 

そういった事を踏まえ、考え方を変える必要もあるかもしれませんが、失敗したけどその会社で働くという選択肢も大いにありです。

 

別に、失敗したからと言ってクビになる訳ではないし、給料もらえないという訳でもないはずです。

 

であれば、例えば余程のブラック企業だったり以外なら、居座ることで、職と給料は確保できる訳ですから、選択肢としてはアリです。

 

サラリーマンに疲れたら居座ろう【安定を確保して回復を図る】サラリーマンは疲れます。 仕事ってまあ疲れるものですが、人間関係だとか気遣いだとか、得意先の相手だとか云々で、更にその疲れ...

 

 

次の転職先を探す

上記の居座る作戦が、あなたにとって受け入れられない選択肢だったり、それは無理だ、となるなら、次の転職先を探しましょう。

 

考え方を変えれなかったり、失敗した会社ではあなたの目的が果たせないなら、潔く次の転職先を探すことが次のアクションになります。

 

見定める期間とか、視点は必要ですが、その際はあなた自身の判断が大切です。

 

色々考えてみたけどやっぱり次探さないとだめだ、と思ったら、次の転職先を探しましょう。

 

意外かもですが、転職エージェントに行ってみれば、短期間での転職でも結構紹介してくれる求人はあります。

 

私も転職失敗したなって思ったのが、転職して3~4ヶ月くらいでしたが、エージェントに相談してみたら、いくつか求人もらえましたよ。

 

ただ、必ず短期の転職理由は聞かれるでしょうし、会社側から見れば「ウチが採用してもまたすぐ辞めるかも・・・」という風に、どうしても思われてしまいます。

 

これは致し方ありません。

 

ただ、逆に言えば、これらを打ち消すような、転職理由と、あなたが転職によって達成したい目標や目的があればよいのです。

 

以下で色々転職エージェントご紹介していますが、リクナビとパソナは私も短期転職を計画した時に利用しましたが、結構紹介してもらえました。

 




 

実際に利用した転職エージェント【迷ったら全部活用してみる】ネットで転職エージェントって検索すると、めちゃたくさん出てきます。 比較サイトもたくさんありますが、評価がマチマチで何が正...

 

 

今一度、自分の事を見つめ直す

転職の失敗は、もしかしたら、あなた自身が自己分析や人生計画の検討が足らなかったのかもしれません。

 

例えば、前の会社が給料が安くてもっと高い給料を求めて転職したけど、激務やプレッシャーがすごくてイヤになった、とか。

 

この場合だと、あなたが本当に求めるものはお金ではない、ということです。

 

確かに転職活動では高い給料を求めていたものの、深層心理というか、心の奥底の本心では、給料高いのは良いけど、ほどほどで時間に余裕もある仕事、というものだったのかもしれません。

 

こういった、自分が求めているものの本質をしっかりと理解しておくことで、次の失敗は防げます。

 

上記でご紹介した転職エージェントに加え、有料になりますが、転職前段階、あなたのキャリア分析を有料で対応してくれるサービスがあります。

 

ニューキャリアというサービスです。

 

転職エージェントは転職成功に導くことがゴールですが、このサービスはその前段階の助走段階でありあなたのキャリア(どういうキャリアなら納得なのか、とか自己分析など)を強力にバックアップしてくれるので、併用することで非常に強力な布陣になります。

 

有料のサービスですが、二度と失敗しない為には活用価値はあると思います。

 

サービス利用前の相談は無料ですから、どういったものか、一度相談してみてはどうでしょうか。(相談してみてやっぱりやめたでも全然OKですね)

 



 

 

転職の失敗で人生終わったと思ったと思った私の行動

実際に転職に失敗したと思った私はどうしたか経験をお伝えします。

 

前に述べた、居座る&次の転職先を探すのハイブリッドです。

 

次の転職先を探してみた

プロフィールでも書きましたが、私は転職先で強烈なパワハラに合いました。結果、軽度と診断されましたがうつ病になりました。

 

その診断を受ける前、それでもかなり精神的に辛い状況でしたが、転職して3ヶ月くらいで、このまま失敗したままではダメだと思って、再度転職活動を始めました。

 

転職エージェントに再度相談に行き、事の顛末を話しをして、求人を紹介してもらいました。

 

結構あるもんですね。

 

短期での再びの転職活動でも、大手も上場企業も紹介してもらい、面接までたどり着けるのもありました。

 

しかし、ひどくなるパワハラで精神を削られていき、転職する意欲どころか働く意欲も失せてしまい、結果、うつ病になってしまった為、転職活動はいったんストップしました。

 

正確に言うと、ストップせざるを得なかった、という感じです。

 

症状としては上記の通り軽いものだったので、このまま転職活動続けてもいいかなと思いましたが、うつ病の時は転職など、大きな決断はしない方が良いという情報もあったので、それにビビって転職活動は止めたんですよね。

 

 

その後、治療しながら働く為にしばらく居座る

転職の失敗&うつ病という、まあ普通に人生終わったと思う状態でした。とにかくまずはうつ病を治さないといけないので、まずは会社に居座って働きつつ治療することにしました。

 

また、転職の大目的である、「自分の時間を作る」「出会いを求める」「仕事のために生きることはしない」という3つは果たせていたので、まあこの会社でもいいかなと思っていたのもあります。

 

パワハラでうつ病になるという点で見ると、転職失敗でしたが、そもそもの目的は達成できていたので、失敗そのものは受け入れることにし、腰を据えて働くことにしました。

 

半年くらいでうつ病はほぼ回復し、その後時々悪化というのもありましたが、それ以降は仕事に対しても前向きに取り組んでいきました。

 

失敗という経験はしましたが、その後、失敗を受け入れたこと、当初の目的は果たせていたことから、居座ることにしたのです。

 

ただ、3年後くらいに、色々と溜まったうっぷんが爆発するタイミングがあり、転職して今のIT企業で働くに至ります。

 

まとめ:転職の失敗は人生の終わりではない

まとめますと、転職の失敗は人生の終わりではありません。

 

強めの言い方をしますと、転職の失敗ごときで人生終わるなんてありえません。

 

また、人生終わったと思うのは、それはあなたが終わらせたとも言えます。

 

終わったと思って何も行動を起こさず、ただ、時の流れ、運命の流れに身を任せるしかない、クヨクヨしてただ悔いるだけの日々ということなら、それはあなたの負けです。

 

人生が終わったんじゃなくて、あなたが人生を終わらせたと言っても過言ではありません。

 

色々言いましたが、実際に転職に失敗して人生終わったと思った身からすれば、だから何?という感じです。

 

確かに転職に失敗した当初は人生の終わりのような落ち込んだ日々です。しかし、冷静に振り返り、分析をして、次どうしたらいいのか、ということを考えれば、人生終わりではなくなります。

 

矛盾した言い方ですが、終わると同時に始まっているはずです。

 

今の会社に居座るも良し、次の会社を求めて再び転職するも良し、です。

 

正解はありません。強いて言えば、人生終わったと思ったけど受け入れて次のアクションを起こしているならそれは正解です。

 

転職に失敗しても人生は終わりません。