営業を辞める

年収を下げる転職 逆張りすぎますが全然アリです【体験済】

年収を下げてでも転職したいって思うこと、ありますよね。

 

でも、本当に良いのか?転職先が見つかるのか?という不安もあるでしょう。

 

ですが、安心してください。(履いてまs・・・)

 

全く問題無く転職先は見つかりますし、転職も可能です。

 

事実、私は、年収が下がるどころか半分くらいになりますが、転職しました。

 

表向きと裏向きありますが、あなたが転職する理由等の軸さえしっかりしてればいいのです。

 

そして、その軸をもとに、OKかどうかを判断するのは、あなたの中にある基準です。

 

あなたがOKなら、誰が何と言おうとOKなのです。

 

詳しくお伝えします。

 

この記事は以下のような方にお勧めです。

・年収を下げてでも転職したいと思っている

・年収を下げる転職が受け入れられるのか?(転職先が見つかるのか)

 

 

年収を下げる転職はアリ

結論から述べますと、年収を下げる転職はアリです。

 

しっかりした理由あれば全く問題無し(表向き)

年収を下げる転職であっても、しっかりとした理由があれば良いです。

 

また、面接官が納得するような考え方、ライフプラン、仕事への姿勢等があれば良いです。

今の仕事ではどうしても実現できない

お金が全てではない

お金は重要だがやりがいも重要

仕事で結果を残せば年収は上がっていくから目先の年収ダウンは気にしない

 

上記のような感じですかね。

 

私は1回目の転職、つまりキーエンス辞める時は、年収半分くらいになりましたが、その時に述べたことは以下のような感じです。

・今の仕事は、異業種の人と情報交換し、井の中の蛙大海を知らず状態だった

・私が目指す仕事像とは乖離しており、今後もそれは見込めない

・経験や知識はお金では買えない

・正直、見た目は年収半分くらいだが、手取りで考えればそこまで行かない

・正直、お金にそこまで執着無いから大丈夫

 

等です。

 

堂々と面接受けましょう。

 

 

採用側にとっては実はプラス

採用する側からすれば、年収を下げる転職として応募してきた場合は実はプラスです。

 

何故なら、特別良い条件、つまり高い年収を提示せずともそれなりのスキルのある人を雇えるからです。

 

めちゃくちゃ極端かもですが、メジャーリーガーを半額の年俸で獲得するみたいなものです。

 

年収というのはその人のスキルや経験に見合った対価となってます。

 

つまり、年収が高い人はそれなりに市場価値の高い人材な訳です。

 

そういう人が、年収下がる事も厭わない転職を希望しているとなると、採用側としてはラッキーなのです。

 

あなたにとって何が重要なのかを明確に(裏向き)

前に述べた、しっかりした理由があればいいと似てますが、年収を下げる転職においても、何を重要として、転職するのか、を明確にすればよいです。

 

例えば、これは表立って言えませんが、年収下げる転職の理由が、自分の時間の確保だったり、プライベートの充実だったり、とかです。

 

ぶっちゃけ、これは私の理由でもあります(笑)。

 

私は、時間と今を大切にしたいと思いました。

 

そのためには、仕事に毎日12時間以上も費やし、しかもかなりの激務で、有休もとれない会社に居るべきなのか?と自問自答しました。

 

給料は良いですが、それを使うヒマもないし、高い給料もらう代わりに自分の事やプライベートを犠牲にするのか?ということを真剣に考えました。

 

もちろん、自分やプライベートを犠牲にすることなく働ける人も居ますよ。実際居ましたし。

 

ですが、その人と自分は違うし、もっと言えば価値観が違います。

 

だから、周りは気にせず、裏向きの理由だっていい、あなたが何を重要と考え、年収下げる転職に踏み切ろうとしているのか、が重要です。

 

そこがしっかりしていれば、別に誰に何を言われても、価値感が異なる人の見解なので、気にしなくて済みますよね。

 

 

年収を下げる転職の注意点

転職して1~2年目の手取りがかなり減る

年収を下げて転職すると、転職1年目もしくは2年目の手取りはめちゃ減ります。

 

これは、所得税とか住民税とか、税金の中で年収に比例するものが、前年の年収を反映して、翌年から適用されるからですね。

 

なので、普通に考える手取りから結構ガツンと天引きされます。

 

私もキーエンスから転職した時は、1000万くらい年収あったので、それがだいたい半分くらいになってそこに追い打ちの税率です。

 

なかなかインパクトありましたが、何とか乗り切れました。

 

半分くらいなって前年の年収反映した税金ひかれても生きる分には問題無いです。

 

 

福利厚生をチェック

年収を下げる転職をしても、福利厚生が手厚い場合は手取りがあまり減らないということがあります。

 

例えば住宅手当ですとか、寮や社宅があるなど、住居系の手当ては大きいです。

 

また、残業代もしっかり出るとかは要チェックです。

 

見た目は確かに年収が下がる感じになりますが、出ていくお金はセーブすることが出来る場合もありますから、転職先の福利厚生はチェックしておきましょう。

 

 

年収の下げすぎに注意

年収を下げる転職はあなたの判断基準にもとづいた決断が必要ですが、あまりに年収を下げすぎても生活できませんから、気を付けましょう。

 

当たり前やろ、と思うかもしれませんが、例えば激務で心身共に辛すぎて薄給で良いから転職したい、となったら、追い詰められている感もあり、年収がかなり低いところに転職してしまう可能性はゼロではありません。

 

辛い現状から逃げたいとなると、そういう犠牲を払って、ということは、人間追い詰められると実行してしまいます。

 

なので、まずは冷静になり、あなたが生きていく上で必要なお金をざっくり把握しておくことが大切です。

 

年収が少なすぎると、そもそも生活できませんからね。

 

年収以外を重要視している事が前提

当然かもですが、年収以外の事を重要視しているという前提でないと、年収を下げる転職はやめた方が良いです。

 

そうしないと、年収を下げた後の生活に、全くモチベーションが持てません。

 

また、年収以外の事を求めて、年収を下げてまで転職するのですが、当たり前っちゃあ当たり前ですよね。

 

私の場合は、仕事以外のプライベートを充実させたくて、転職しました。

 

いわば、カネより時間を取った訳です。

 

カネ要らないから残業無しで帰りたい、カネ要らないから定時退社したい、カネ要らないから休日出勤したくない、など、とにかく人生における自分のための時間の確保が最重要でした。

 

だから、年収を下げることは、カネで時間を買う感覚だったので、全く抵抗が無かったのです。

 

年収にある程度こだわりがあるなら、下げてまでの転職はお勧めしません。

 

まとめ:年収を下げる転職は全然アリです

まとめますと、年収を下げる転職は、全然アリです。

 

実際に私も経験済で、その時は年収は半分くらいになりました。

 

仕事はお金を稼ぐための手段ですが、高い年収を目指さないといけないということではありません。

 

だから、しっかりした理由があって、結果的に年収が下がる、みたいなシナリオにしておけば、別に転職活動における違和感はありません。

 

そこがブレ無ければ大丈夫です。

 

また、実は採用する側にとっては好都合な事なのです。

 

年収は、言ってみればあなたのスキル経験市場価値を、具体的な数値で表せてるモノと言っても過言ではありません。

 

なので、年収が高い≒ハイクラス人材となるのです。

 

そう考えたら、ハイクラス人材を市場価格よりも安価で採用できるのはメリットですよね。

 

このように、意外とメリットというか、前向きに考えれることが多いです。

 

ただ、年収を下げると、転職1年目は前年の年収から計算される税金がドーンとかかって手取りが減る等という注意すべき点があります。

 

その点は私も天引きされる税金とか見て「はふぅーー!」となったので、ぜひお気を付けください。

 

年収を下げる転職は全然アリです。

 

お金にとらわれない働き方、生き方、時間重視なら、年収下げて転職して、楽しい人生を送りましょう。

 

Time is money.です。