仕事

うつで人生終わった・・・。絶望的状況ですが治療を優先すれば復活します

うつ病になってしまった・・・出世も無理だろうし、人生終わりだ・・・

 

うつ病になってしまったら、その病気自体も辛いですが、今後のサラリーマン人生終わったみたいな風に思ってしまいますよね。

 

そのお気持ちは凄く分かります。

 

私も20代後半に、パワハラを受けてうつ病という診断を受けた時は、人生終わったなと思いました。

 

ものすごくつらかったです。正直、余程信頼できる人でないと自分がうつ病だなんて言えないし、それによって気軽に相談出来ない内容だと思います。

 

おまけにうつ病のせいもあり、絶望的な気分だと思いますから、塞ぎこむ感じにもなるかと思います。

 

そんな時、僭越ですが経験者として言えるアドバイスとしては、まずは今を生きることです。

 

 

うつ病で人生終わったと思ったらまずは治療を優先

人生終わったと感じることは何も悪くない

まず、人生終わったと感じることは、何も悪くないですし、あなたのせいではありません。

 

いわば、うつ病のせいでそんな風に悲観的な風に思ってい待っている可能性があるからです。

 

うつ病になると、何もかも否定的と言うか、ダメな方ダメな方にマインドが行ってしまうので、正直、どうしようもありません。

 

なので、人生終わったと思ってしまうこと自体を悪く考えるのではなく、むしろうつ病なんだから当然、くらいに思えると少し楽になります。

 

私もうつ病になった時は、人生終わったなと思いましたね。会社の産業医も上司も、誰にも言わないって言ってましたが、間違いなく全員に周知されていましたし。

 

この会社でのキャリアは終わったなと直感しました。

 

確かにそうかもしれませんが、まずは、人生終わったと思うこと自体が悪い事ではないし、あなたが自分を責めることではないということを分かって下さい。

 

 

 

先の事は考えなくて良いのでまずは治療に専念

うつ病になってしまったら将来を悲観してしまいますが、まずは治療を最優先にして下さい。

 

うつ病になってしまうと、上記の通り、人生終わったと思ってしまって絶望的な気分になります。

 

しかし、まず今を生きないと、未来もクソもありません。

 

今出来ることは、きちんと処方された薬を飲み、安静にし、うつ病からの回復を目指すことです。

 

人生終わったという風にお先真っ暗になると、色々と投げ出したくなったり、何もしたくないとう無気力な感じになりますが、それでも良いので、まずは治療に専念してください。

 

死にたいと感じることもあると思いますが、深呼吸して落ち着きましょう。

 

私もうつ病になった時は、将来全く見えなくて、不安で不安で仕方なかったですし、それがうつ病をさらに助長させていたかもと、今振り返ると思います。

 

たらればを言えばキリがないですが、じゃあうつ病になっていなかったら、将来出世して、サラリーマン人生は順風満帆になるだろう、と言えますかね。

 

正直、分からないと思います。

 

なので、将来の事を心配したり悲観することは理解できますが、それを言ったところで結論は出ないし、良い方向にも悪い方向にもどちらにも転がります。

 

人生何が起こるか分かりません。

 

もっと言えば、未来を作るのはあなたであって、他の誰でもありません。

 

そのためにも、まずは治療し、完治を目指すことが、終わったと思う人生の復活の1歩です。

 

それがうつ病の完治にも最短距離です。

 

 

 

うつ病で人生終わったと思ったけど復活した話

私事で恐縮ですが、私の経験をお伝えします。

 

人生終わったと思いましたが、徐々に取り戻して復活してます。うつ病になってから3年位で完全復活していますし、10年位経った今は、サラリーマン人生で、時給換算が高いです。

 

自分で決断した道でうつ病に

私は転職し、その転職先でパワハラにあってうつ病になりました。

 

もちろん自分で考えて決断し、人生の進路を変更したのですが、原因はパワハラですが、結果的にうつ病になった訳です。

 

それはそれはめちゃくちゃ落ち込みましたし、文字通り、本当に人生終わったと思いましたね。

 

年功序列でしたが減点方式の出世昇格みたいな感じなので、うつ病と言う時点で大きなマイナスです。

 

出世とか管理職はもう絶対無理で、一生ヒラ社員で、後輩が上司になって・・・とか想像しただけでめちゃくちゃ落ち込みました。

 

一生を棒に振ったな、と思いましたね。

 

 

絶望したけどとにかく治療に専念

幸い入院までは不要だったので、仕事しながら治療を開始しました。しかし、最優先は治療だったので、仕事も休み勝ちでしたし、出来る仕事も限定的でした。

 

周りには申し訳ないなと思いましたが、実は、仕事しながら治療していた初期の頃に、少し無理をした結果、うつ病が悪化したんですね。

 

周りの人に「これお願いします」って言えばよかったのですが、それが言い出せなくて。

 

迷惑かけちゃうと思っていたんですね。

 

でもそれで抱え込んで悪化したので、割り切って、無理しない仕事をしました。

 

周囲にも迷惑かけていたので、より一層人生終わった感を感じましたが、でもまず治さないといけないかったので、とにかく将来の事は考えず、治療に専念しました。

 

 

半年経過したくらいで症状が軽くなってきた

治療開始から半年くらいで症状が軽くなり、薬の量も減らして良いという医師の判断もありました。

 

仕事の負荷も徐々に増やしていきました。

 

ただ、このころも、まだ人生終わった感は否めなくて、将来への不安を抱えながら引き続き治療していきました。

 

 

2年後くらいにほぼ完治

その後、徐々に薬の量を減らしながら、カウンセラーとの面談をしたり、医師と相談したりしていき、2年位経った頃に、ほぼ完治と言う判断を医師からもらいました。

 

薬も要らないし、カウンセリングも要らない状態でようやくもとに戻りました。

 

ただ、徐々に、本当に徐々に回復していくのがうつ病ですし、回復したと思ったら悪化したというのを繰り返した2年間だったので、元に戻った感覚はあまり無かったです。

 

 

完治を機に転職

完治したことで、色々と考えれるようになり、転職しました。

 

今の会社ではサラリーマン人生として終わっているから、出世も出来ないし先に期待できない

パワハラを受けたのでそんな会社に長く居るつもりもない

 

2つめは治療に際して協力してもらった事もあり少々申し訳ない気もしましたが、自分のための人生なので、ドライに考えました。

 

休職したのではないので、うつ病になった事とかは職務経歴書等には書かなくても問題無いので、転職活動に不自由はありませんでした。

 

結果、今のIT企業に転職して、成績を残すことが出来、ビジネスマネージャー的な位置づけまで来れましたし、過去には飛び級昇進みたいなのもありました。

 

 

時給に換算すると、過去最高に到達

かなりの時間が経過しましたが、うつ病発症から約10年経った今、給料は、うつ病当時の会社の時から倍くらいになり、労働時間は2/3くらいです。

 

つまり、時給に換算すると、過去最高ということです。

 

正直、うつ病になった時は、10年後こんな風になるなんて思ってませんでしたし、考える余裕もありませんでした。

 

あったのは、将来に対する絶望感と、人生終わったという悲観的な考え、そしてクヨクヨと後悔する日々です。

 

文字通り、お先真っ暗でしたが、とにかく当時の自分が、治療に専念したことで、今が在るという事は言えます。

 

上記の通り、治療中は、先の事は全く考える余裕はないし、考えたとしても出てくるものは絶望的なものや悲観的なものばかり。

 

そんな中で、将来に希望を持てと言うのは到底無理なので、まずは今は先の事はどうでも良いので治療に専念していただくことが最優先です。

 

治療して完治すれば、いくらでも道はありますし、絶望的な考えも無くなり、活気に満ちたあなたが戻ってきます。

 

そのためには、繰り返しになり、しつこいようですが、今やるべき治療を最優先してください。

 

 

まとめ:うつで人生終わっても治療を優先すれば復活

まとめますと、うつ病になってしまうと人生終わったと痛感しますが、治療を最優先に考えて、治療を進めることで、復活を遂げることが出来ます。

 

うつ病は、風邪のように数日で治るものではないので、時間はかかりますし、治る期間に個人差はありますが、確実に治ります。

 

実際うつ病になって治った私からのアドバイスなので、間違いなくそう言えます。

 

うつ病は心ではなく脳の病気なので、考え方や思考が過去と全く違ってしまったり、全てにおいて否定的・悲観的・絶望的などマイナスにしか考えれなくなります。

 

なので、人生終わった、この会社でのサラリーマン人生といては死んだも同然、みたいに考えてしまします。

 

ある意味それはうつ病の症状とも言えますので、それ自体を悪く考える必要は無いです。

 

大切な事は、そういった考えがある中でも、必ず治療を最優先することです。治療して治ってくればそのようなネガティブな考えは消えていきます。

 

最優先は完治させることです。

 

完治すれば、今の会社で人生終わったと思うなら、私のように、別の会社に行くというのも全然アリです。

 

私は治療を優先し、完治させた後で、人生終わったことを前提にし、人生計画をざっくり考えてリスタートする意味で転職しました。

 

結果、今は人生で一番時給が高い状態で、メンタル面も非常に安定している状態です。

 

うつ病になったときや治療中は本当にお先真っ暗なのは、手に取るようにわかります。

 

しかし、ちゃんと治療すれば時間に個人さはあるものの完治しますし、完治すれば何でも出来るので、いくらでも終わった人生から逆転できます。

 

うつ病で人生終わったと思ったら、まず治療を最優先に取り組んで下さい。

 

そうすることで、終わった人生が再び始まります。