筋トレ

背を高く見せるにはどうしたらいい?[結論:筋トレしましょう]

背が低いのがコンプレックス。でも大人だからもう何センチも伸びないから、せめて背が高く見せたい。

 

何か良い方法は無いかな?

 

こういった疑問にお答えします。

 

私も身長はそんなに高くなく、平均以下の168センチです。

 

しかし、体重を増やして60kgくらいあるので、以前から身長伸びてないですが、昔の友人にあったり、初対面の人に身長を言うと、実測より数センチ高く見えるとよく言われます。

 

ここでは、背を高く見せる為にどうすればよいかを、実体験にもとづいてご紹介します。

 

これを読めば、背が伸ばせなくなってしまっても、高く見せられる方法が分かりますよ。

 

背を高く見せる方法

特に上半身をデカくする

筋トレで、特に上半身を大きくすると、背が高く見えます。

 

具体的には胸板と肩幅ですね。

 

これは、ミュラー・リヤー錯視という目の錯覚によるものが、近いのかなと思います。

 


NTTのイリュージョンフォーラムというHPから引用

 

具体的には上記の絵ですね。見覚えのある絵と思います。似たようなのは、エレベータの開く閉じるボタンとかも例としてありますね。

 

赤い部分が、右の方が長く見えるけど、実は左右同じっていうやつですね。

 

詳細は上記のイリュージョンフォーラムのHPに書いていますが、難しいのでここでは割愛します。

 

要は、右側の方が赤い線から出ている黒い線が、上部は特に、上向き&開き気味ですよね。

 

これが筋トレして肩幅を広くしたり、いかり肩になった状態に近いのです。

 

例えるならば、同じ身長でも、なで肩といかり肩ならば、いかり肩の方が背が高く見える訳ですね。

 

また、いかり肩になれたり胸板が厚くできたりすると、そちらに目線が行くことで、上向きに見ることから、それで背が高く見えるということもあります。

 

あとは、ちょっと言い方がアレですが、逆三角形の体格だと、下から見て徐々に幅が大きくなるため、それで錯覚によって、同じ身長の人と比べても背が高く見えることがあります。

 

いずれにしても、筋トレで上半身を鍛えてデカくすることで、背を高く見せることができます。

 

 

姿勢が良くなり背が高くなる

筋トレによって背が高く見える理由のもうひとうは、筋トレによって姿勢が正される、というのがあります。

 

例ですが、筋トレしているというか、ガタイの良い人で猫背ってあまりいないですよね。

 

背中の筋肉(僧帽筋)が鍛えられすぎて猫背に見える人は、たまにいますけどね(;’∀’)

 

単純ですが、猫背の人が背筋をシャキッとできれば数センチは慎重が高くなりますよね。

 

ゴリゴリのボディビルダーみたいな感じだと、上記のように鍛えすぎて猫背に見えるみたいな感じですが、社会人だとそこまではなかなか到達しません。

 

背中の筋肉を鍛えると肩甲骨の間に筋肉がつくので、自然に背中が伸びます。

 

これで数センチアップですね。

 

 

服の着こなしもアリ

ちなみに筋トレ以外でも、服の着こなしで背を高く見せることが可能ですね。

 

ありきたりかもですが、白系だと膨張色ですから全体に大きく見えたり、ストライプだと背が高く見えたりとかもあると思います。

 

私はファッションに疎いので、この点に関してはここでは書きません。

 

あと、毎日のコーディネートが大変な気がしているのと、背を高く見せることができない服以外切れなくなるという辛さもありますよね。

 

そういう意味では、筋トレでつけた筋肉は、服の色とかに関係ないので、背を高く見せる手段としては最適です。

 

ファッションに興味があるというか、服の着こなしとかが苦にならないのでしたら、筋トレの服の着こなしの合わせ技をすると、より背を高く見せることが可能ですね。

 

 

シークレットブーツとかは避けよう

私個人の意見ですが、一番簡単なシークレットブートとか、靴の中敷きを分厚くして、とかは避けた方が良いです。

 

言い方悪いですが、偽の背の高さですよね。

 

靴を脱いだら終わりですよね。

 

一番簡単ですし一番安上がりですが、これよりも筋トレで、勝負したほうが良いです。

 

 

背が低いけで体がデカくて背が高く見える事例

敬称略します。

アスリート

アスリートは筋肉がバチバチについていますよね。なので、以外と背が高く見せて実はそんなでもない(失礼ですが・・・・)があります。

 

体操の内村航平

身長は161センチですが、腕・肩・胸板など全身がバッチバチなので、もっと背が高く見えますよね。

 

165センチ以上はあるように見えますが、実は上記の通り161センチです。

 

 

サッカーの長友佑都

身長は170センチですが、長友選手もゴリゴリの筋肉質な体なので背が高く見えますよね。正確にはわかりませんが、167センチくらいなのではないかという説もあります。

 

いずれにしても、もうちょい大きく見えますよね。173センチくらいあると言われても違和感無いと思います。

 

 

格闘家の山本KID徳郁 (故人)

身長は163センチですが、レスリングと格闘技で鍛えたバチバチの筋肉はすさまじい逆三角形です。

 

確かに他の選手と並ぶと小柄ですが、それでも「え?163センチなの?」と思うくらい、背が高く見えます。

 

 

 

芸能人

テレビだと背が高く見えるというのもありますが、実際ガタイが良いと背が高く見えます。

俳優の武田真治

身長は165センチです。NHKの筋トレ番組にも出ているくらい有名なバチバチ筋肉マンですが、身長は平均以下なんですね。

 

もっとデカく見えますよね。

 

 

お笑い芸人の長田庄平(チョコレートプラネット)

身長は168センチです。筋肉バチバチという感じではありませんが、肩幅が強烈に広いです。スーパーいかり肩です。

 

それで、かなり背が高く見えますね。パッと見た感じは170センチ以上は余裕であるように見えます。

 

 

俳優の岡田准一

身長は169センチです。170センチ無いんですね。

 

格闘技でバチバチに体鍛えていて、CMとかでも服がパツパツになっていて、肩から胸板あたりの筋肉がスゴイです。

 

これによって背が高く見えます。

 

 

短期間で背を高く見せるには?

短期間で背を高く見せるには、短期間で上半身含め、筋肉がつくような筋トレや食事をして、その効果を出せるような事をすれば良いです。

 

シンプルですね。

 

しかし、筋トレの効果、すなわち、「お、筋肉ついてきたな」と実感できるまでは早くても半年以上はかかります。

 

筋トレによって筋肉を大きくするのは、毎回の小さな積み重ねがあってこそなので、いきなりドカンと大きくはなりません。

 

なので、何とか短期で、というのでしたら、バルクアップ専門のジムであるREP UP GYMの活用を検討してみてください。

 

太る専門のジムで、ダイエットが多いジムとは一線を画しています。

 

細身の人が、太くなりたいという目的を達成したり、バルクアップとして体をデカくする事などに絞っている特化型のジムです。

 

2ヶ月のプランがメインで、かつ、返金保証もありますから、短期での成果を求めるにはなかなか良い選択肢ですよね。

 

無料で体験会がありますから、参考にしてみてください。

 

無理な勧誘はしないと、HPにしっかり書かれていますし、無料体験に参加したから入会しないといけない、という訳でもないです。

 

ダイエットでもそれ以外の事の全てに言えますが、基本的にやる気とか、変わりたいという気持ちが無ければ、何も達成できません。

 

なので、無理やり勧誘して入会したところで、ジムもあなたも誰もうれしくありません。

 

何ならマイナスしかないです。

 

なので、無理な勧誘が無いんですね。

 

短期間で、背を高く見せる為に筋肉つけたいなら、REP UP GYMを検討してみてください。

 

 

まとめ:背を高く見せたいならば筋トレ

まとめますと、背を高く見せたいなら、手っ取り早くは無いですが筋トレがベストです。

 

もちろん、一般的に良くある服の色や柄、着こなし等で背を高く見せるテクもありますからそれでもOKです。

 

そっちの方が気乗りするなら全然それでOKと思います。

 

しかし、服に興味が無いとか着るものを毎日気をつかうとか結構シンドイので、ならば筋トレで体をデカくして、、錯覚を利用している感じですが、背を高く見せる方が良いと思います。

 

楽ではないですし時間もかかりますが、有益です。

 

筋トレはメンタルも鍛えれるしポジティブ思考にもなれますから、背大変ではありますがを高く見せるだけではない有益な手段です。

 

背を高く見せたいなら、筋トレという手段も検討してみてください。