筋トレ

筋トレのやる気が出ない原因は大きく2つ。解決策も紹介[初心者向け]

筋トレのやる気が出ない時ってどうしたら良いのだろう?

 

今日筋トレやる日だってわかっているけどやる気が出ない。やらないと効果出るのが遠くなるのは分かっているんだが。。。

 

やる気のない日にやる気が出る方法を知りたいな。

 

こういった疑問にお答えしていきます。

 

筋トレを始めて少し経った頃に訪れるやる気の出ない期間。

 

バキバキの体を持つ人も、そんな時期は必ず経験しています。

 

逆に言えばそこを乗り越えるのが最初の壁みたいなもんでしょうか。

 

結論から言うと、「目的の明確化」と「思考停止で筋トレ」がベストな対策です。

 

荒く、精神論的な事もありますが、実際にやる気が出ない状態からやる気のある状態になります。

 

私自身が実際にやってみて効果的だったものなので、参考にしてみてください。

 

筋トレのやる気が出ない原因と対策

原因:目的が不明確  対策:筋トレの目的明確化

やる気が出ない原因の一つは目的が不明確なことです。

 

そして対策は、目的を明確化することです。

 

・・・当たり前すぎやろって思うでしょうが、これ、結構できていないというか、間違っている人多いんじゃないかなと思います。

 

私が言う目的は、筋トレしてバキバキになったり体大きくしたりとかではなく、その先、あるいはそれによって何を得たいと思っているのか、ということです。

 

例えば以下です。

 

①筋トレでバキバキになって、細身であるコンプレックスを無くしたい

②みんなにガリガリってバカにされたから見返してやりたい

 

いかがでしょうか?

 

言い換えると、筋トレやそれによって得られるガタイは成果ですが、手段でもあるのです。

 

それを踏まえて上記を言いなおすと、

 

[①の場合]

筋トレでバキバキになる・・・手段

細身のコンプレックスを無くす・・・筋トレに励む本当の目的

 

[②の場合]

筋トレでバキバキあるいは体を大きくする・・・手段

ガリガリって言ってきたやつらを見返してやりたい・・・筋トレに励む本当の目的

 

という感じです。

 

例えば筋トレが仕事みたいになっているボディビルダーとかでも、筋トレによってものすごい肉体を手に入れるべく日々努力していますが、あれも、コンテストで優勝するとか、その優勝した快感を味わいたい、とかいうのが本来の目的としてあるかもしれません。

 

こういったことが無いと、ふとした瞬間に、

 

「・・・あれ?何のために筋トレしてるんだっけか??」

 

という感情を持ってしまいます。

 

この時に明確な目的を持っていなければ、筋トレの必要性と優先順位が下がってしまうので、やる気が失せてしまうのです。

 

私の例で恐縮ですが、私は以下のような目的です。

 

筋トレでバキバキにして体も大きくしたい・・・手段

カッコイイ父ちゃんであり続けたい、あわよくばモテたい・・・筋トレに励む目的

 

という感じです。

 

海行ったり夏に薄着になっても、だらしなくなかったり、細身でペラペラの体だったりしないように、常に鍛えまくっておきたいと思っています。

 

筋トレすること、体重を増やすことを目的としていないので、自宅で自重で鍛えていますが、追い込みまくれています。

 

目的を明確化することで、筋トレのやる気を持ち続けることができます。

 

 

 

原因:意志が弱い  対策:つべこべ言わず筋トレする

筋トレのやる気が出ない原因のもうひとつが、意志の弱さです。

 

対策としては、つべこべ言い訳していないでとりあえず筋トレする、です。

 

対策としてなかなか乱暴な精神論ですが、ぶっちゃけこれが一番効きます。

 

つべこべ言わずにやるためには習慣化が大切であり、最も効果的です。

 

例えば私の場合はほぼ在宅勤務なので、月・水・金の午前の仕事が終わったら筋トレというのを習慣化しています。

 

1ヶ月くらい経てば、習慣化されてきまして、筋トレしないことで何だかソワソワしてきて、筋トレせずにはいられないという感じになります。

 

ただ、その1ヶ月が大変なので、この間は、筋トレdayが来たら何も考えず思考停止でとにかく筋トレスタートです。

 

不思議なことに、やる気が無くてもやりはじめると、やる気が満ちあふれてきます。

 

最初のやる気のなさをいかに打破するかです。

 

リアルな話をしますと、筋トレがほぼ習慣化している私でも、筋トレする気力が起こらない日もあります。

 

実は結構頻繁にあります。(もはや習慣化していない疑惑ですが)

 

しかし、対策として思考停止で筋トレ開始すれば、すぐにやる気が出てくるという成功体験を持っているので、どんなにやる気なくても無理にでも1セット目やりはじめれば良いです。

 

 

筋トレのやる気が出ない対策の具体的なやり方

目的の明確化をどうすればよいか

目的を明確化することが、筋トレのやる気が出ない事に対する対策ですが、出はどうやれば良いかという点が少しに気なるのではないかと思います。

 

シンプルに、あなたが何故筋トレをやろうと思ったのかを考えてみてください。

 

ただ単に何も考えず筋トレやるぞ、という風には思っていないはずです。

 

少なくとも、筋トレと言うのは楽ではない(ぶっちゃけシンドイ)ですから、やるぞと決めた場合、それなりに重要なトリガーがありますよね。

 

・夏に向けてバキバキの体を手に入れたい

・細い体がコンプレックスで嫌だ

・テレビやYouTubeで細いながらも鍛え抜かれた体を見て憧れた

 

などなど、人によって様々だと思いますので、まずは思い出してみてください。

 

何でも良いですし、何でも問題無いです。

 

あなたを筋トレに誘うことになったものを思い出してみましょう。

 

 

では次に、あなたがそのトリガーによって始めた筋トレで何を得ようとしていますか?

 

上記の例をもとに考えてみますと以下のような感じならないでしょうか?

 

・夏に向けてバキバキの体を手に入れたい

→夏に海でモテたい、女の子と海行って恥ずかしくないガタイにしておきたい

 

・細い体がコンプレックスで嫌だ

→「ごっつくなった」と言われたい、細い事をバカにしたやつらを見返してやりたい、細い体を変えて自分に自信を持ちたい

 

・テレビやYouTubeで細いながらも鍛え抜かれた体を見て憧れた

→良いガタイを手に入れて自分に自信を持ちたい、すぐには無理だがフィジークとかに出て歓声を浴びたい

 

あくまで一例ですが、こんな感じです。

 

もう少しかみ砕くと、あなたが筋トレによって得られる快感や喜びとかでも良いですね。

 

前にも述べたように、筋トレはあくまで手段であり、良いガタイによって何を得られるかという点が重要だからです。

 

難しく考える必要は無いですし、上記のようにモテたいとかいうような下心全開の動機でも全然OKです。

 

別に他人に筋トレしている理由を言う必要は無いですからね。あなたのやる気が出れば何でもOKです。

 

 

つべこべ言わず筋トレするにはどうしたら良いか

目的を明確化するよりこっちの方がはるかに難しいですが、逆に、出来るようになると、筋トレしないとウズウズしてくるみたいな禁断症状が出てきます(笑)。

 

自分で自分を律することが出来るならば、曜日と時間をある程度固定して筋トレする、いわゆる習慣化です。

 

その際、筋トレできなかった場合のリカバリ策もあった方が良いです。

 

習慣化のデメリットとして、習慣化するまでが大変という点と、一度でも習慣化を断ってしまうと気が緩んでその後もだらけがちになる可能性があるからです。

 

なので、まず最初の1ヶ月、頑張りましょう。

 

「でも自分は、なかなかダラケ癖があるから習慣化出来ないかも。でも、筋トレは続けれるようしていきたい!」

 

そんな方も多いと思います。むしろそっちの方が普通ですね。

 

前に述べた通り、筋トレはシンドイですから、自らシンドイことをやるのって、基本的に人間は避けますから。

 

話が脱線したので戻します。

 

で、ダラケ癖があるけど筋トレは何としても続けたいという方は、無理にでもダラケ癖が出ないようにしましょう。

 

良くない表現ですが、金を使って追い込みましょう。

 

パーソナルジムを契約すれば、同じ曜日の同じ時間までいきませんが、時間と場所は固定されます。

 

また、あなたを応援し、サポートしてくれるトレーナーが居ますから、ダラケることはいわばトレーナーを半分裏切ったみたいになりませんか?

 

なので、少しシンドイですが、あなた自身を、ダラケれない環境に置いてみてください。

 

時間と場所を決めてそこにさらにトレーナーが待ってくれているとなると、やる気でないとか思っていても、行かざるを得ない状況ですよね。

 

もしここで、「今日は休もう。日程変更!」という感じになったら、筋トレは辞めた方が良いと思います。向いていないかもです。

 

パーソナルジムのメリットは何か?[筋トレを始める方向けに解説] 筋トレを開始しようと思っているけど、パーソナルジムって何が良いのかな? 結構金額高いけど、それなりにメリットがある...

 

自分を律することが出来る人は自分で時間と曜日を決めて筋トレ、律せないあるいはダラケると自覚している方は、パーソナルジムを活用して、やる気が出ない日でもやらざるを得ない状況を作り出しましょう。

 

GYMEは数あるパーソナルジムを口コミで調べたり、最寄り駅や予算から調べられるサイトになりますので、活用してみてください。

 

ジム選びで損したくないなら【GYME】

 

なお、ハッキリって、筋トレでバキバキのガタイになっている人は、みんなこのやる気出ない日を乗り越えています。

 

人間ですから、絶対そういう日はあります。

 

それを乗り越えることが出来れば、自信にもなるし、何より筋トレの成果が明らかに出てくるようになります。

 

実は私もこのやる気出ない期間を超えてから、目に見えて体がデカくなっていくのが分かるようになりました。

 

あなたもやる気が出ない状況を打破して、筋トレを続けれるように頑張りましょう。

 

 

まとめ:筋トレのやる気が出ないのは最初の壁

まとめますと、筋トレのやる気が出ない時は、筋トレの目的が明確化されていないことと、意思が弱い事です。

 

何のために筋トレするのか、筋トレ後のバキバキの体になる事で得たい物事は何なのかをハッキリさせておけば、筋トレ自体が目的でないようになるので、やる気の改善になります。

 

また、意思が弱い点については、人間みんな筋トレのようにシンドイことは避ける傾向があるので、それをいかに打破して筋トレに取組むか、です。

 

とにかく理由をつけてどんな手段講じても良いので、筋トレしましょう。

 

自らを律することが出来るなら習慣化させ、それが出来ないならお金を使って時間と場所を無理矢理縛るようにしましょう。

 

筋トレはやる気が出ない時は誰にでも訪れます。それを乗り越えることが、筋トレの成果への最初の壁とも言えます。

 

乗り越えれる方法はありますので、乗り越えましょう。