仕事

20代後半なのに何がしたいかわからない[選択肢を増やして解決]

もう20代後半なのに、いまだに、何がしたいか分からない。。。

 

こうした不安を解消する方法をご紹介します。

 

結構簡単で、無料で出来る解消法がいくつかありますから、それを実践すれば不安が消えていきます。

 

つまり、何がしたいか分かってくるようになります。

 

有料のものもありますがそれは最初に少し体験してみてから決めれますから、リスクもほとんどないです。

 

あとは、悩んでいるだけじゃダメなので行動することです。それだけで、状況が一変します。

 

やりたいことは、簡単に分かりませんが、分かるためには、色々と行動してトライすることが重要です。

 

では行きましょう。

 

 

20代後半で何がしたいか分からない

何がしたいか分からなくても全然OKです

真反対のことかもですが、20代後半だろうが30代だろうが、何がしたいか分からなくてもOKです。

 

というか、あなたの周囲の人で、「やりたいことが分からなくて悩んでいる」という人って居ますか?

 

もちろん、相談されないとかそういう話をしないというのが可能性としてありますが、たぶん居ないと思います。

 

惰性というか、とりあえず、給料もらえているから今の仕事で、妥協して働いているという感じでしょう。

 

あるいは、思い切って、やりたいことに向かっていくのが不安だから、現状維持で安心している、というのもあるでしょう。

 

20代後半って言うと、ようやく仕事のコツをつかみ始めてきたころ、とか、後輩が出来て先輩として頑張らないといけない、というのが優先して、「あれ?自分は何したいのかな?」と考える余裕がなくなって来る頃です。

 

そのため、20代後半で何がしたいか分からないという状態は、むしろ普通で、不安に思う事は一切ないということです。

 

 

選択肢を増やそう

何がしたいか分かるためには、選択肢を増やすことが重要です。

 

何がしたいか分からないという状態は普通ですよと言いましたが、とはいえ、不安ですよね。

 

上記の通り、仕事がうまく回り始めるとかですし、そろそろ結婚する同期や友人が出てくる頃ですから将来の事も考え始める時期なので、余計に不安を持つという事にもなります。

 

何がしたいか分からないという場合の多くは、実は、そもそも選択肢がスゴイ狭いとか、あるいは、固定概念とか思い込みに縛られてしまい、選択肢が少ない状況にあります。

 

例えばですが、以下です。

 

・新卒入社の会社で勤め上げるのが一番の得策

 

・文系だから、エンジニアとか理系職種は向いていないし無理だ

 

・スキルが無いから高収入の仕事は無理だ

 

・コミュニケーション苦手だから内向的な仕事が良い

 

もちろん、あなたの性格とか好みもありますから、それは考慮すべきですが、選択肢を狭める要因にもなります。

 

しかし、苦手や、向いていないというのは確かにありますが、本当にそうなのか?もしかすると思い込みなのかも?という考えを持てれば、まずは一歩前進です。

 

あなた自身の考えに、あなた自身が疑問を投げかけ、疑う事が選択肢を広めるきっかけになり、何がしたいか分かるためのスタートが切れます。

 

実際私の経験ですが、今働いているIT企業に入る前に、ITは理系メイン、とか、IT=難しい、みたいな感じで全く転職先の候補に入っていませんでした。

 

しかし、全く何の理由も無いのですが、「とりあえずエントリーするか」ということで、何となくエントリーしたことがキッカケです。

 

その後、面接はトントン拍子で進み、1ヶ月かからないで内定しました。

 

そこから数年後、アジアトップの結果を収めるまでに至りました。

 

結果は、文字通り結果論ですが、私としては、

 

・家庭やプライベートを優先出来る仕事

 

・自分に裁量権を与えてくれる仕事

 

・自由に意見を言える仕事

 

という観点でした。

 

職種とかももちろん大事ですが、もう少し上のレイヤーというか、視野を広く高く持った感じですね。

 

固定概念とかは、一度捨てて、色々選択肢を増やしてみてください。

 

 

選択肢は無料で増やせます

選択肢を増やすにしても、どんどんお金が必要となると辛いですが、そんなことは無いです。

 

選択肢を増やすことに、お金は要りません。

 

内容によっては、必要になるものもありますが、最初に無料でお試しみたいなのがありますから、肌で感じた上でどうする、ということは可能になります。

 

なので、まずは無料のものを中心にして、選択肢を広げていく感じでOKです。

 

これが合うな、とか、これやってみたい、とかなら、そこからお金を投じて取り組み始めるという感じです。

 

資格の勉強とかそんな感じですよね。

 

ここからは、じゃあどんなのが、無料で選択肢を増やせるサービスなんだ、とか、有料のってどんなの?という事について深く掘っていきます。

 

 

 

何がしたいか知るために選択肢を増やそう[無料あり]

転職活動してみる

他の仕事、他の会社の事を知る機会に足を運ぶことで、選択肢として増やすことができ、何がやりたいのかが分かってくることがあります。

 

無料の中でも一番手軽に取り組み始められるものです。

 

転職サイトへ登録して情報収集するとか、転職エージェントに相談して情報収集するとかです。

 

こういう仕事がしたい、こういう職種にキャリアチェンジしたい、という感じで、言いたい放題言ってみましょう。

 

色々求人を紹介してくれますから、エントリーしてみてください。

 

この時、例えばですが、10戦7勝とかはありえないので、10戦1勝で御の字くらいの気持ちで臨みましょう。

 

サクサクと内定に至る場合もありますが、半分くらいは書類選考で落とされたりします。

 

落ち込みますが、ある意味それは、「選択肢として挙がったが、結局向いていない」という判断を自動で下せたと思えば良いです。

 

なお、転職エージェント複数登録して、まんべんなく情報取っていくのが良いです。

 

とあるエージェントでしか紹介していないとか言うケースもあります。

 

 

おススメ転職エージェントまとめ【実際利用した中で良かったもの】 こういった疑問にお答えします。 私もかつて、転職活動の際には、エージェントをどれが良いかめっちゃ悩みました...

 

 

ITエンジニアを目指してみる

突拍子無いかもですが、ITエンジニアとして働くという選択肢を考えてみましょう。

 

これも無料で可能です。

 

アプリを開発したり、法人向けのシステムを開発したり、仕事内容は幅広いですが、ITエンジニアは人材不足という点で、スキル習得から転職まで完全無料でサポートを受けられるサービスがあります。

 

サービス自体無料ですが、実際にサービスを受ける前に、これまた無料で事前の相談会や説明会をやっています。

 

そこに参加してみて、ITエンジニアって自分にとってどうなんだろう?って思いつつ色々聞いてみるとよいです。

 

肌感覚とか勘とかで合う合わないって感じで決めてOKなので、まずはITエンジニアの世界に少しだけ足を入れてみる選択肢を持ってみてください。

 

ちなみに、ITと全く縁が無くても、何も知らなくても全く問題ないですよ。むしろそういう方が、最初に説明会参加して、その後どうするか、という感じにしていますからね。

 

こちらで詳しく解説しています。

 

無料のGEEK JOBを現役IT企業勤務の私が解説[やや追い込み型]完全無料のITスキル習得&就職支援サービスのGEEK JOBについて、現役IT企業勤務の目線から解説していきます。 結論、...

 

無料相談会への申し込む場合は、こちらから申し込みページへ行けます。

 

>>GEEK JOBの無料説明会申し込みはコチラから

 

 

AIエンジニアを検討してみる

次に、ITエンジニアの一種ですが、AIエンジニアとして働くという選択肢を考えてみましょう。

 

AIエンジニアというと、その言葉だけで既に、難しそう、自分には無理だ、超専門的だから今からじゃ無理、みたいな印象持つと思います。

 

確かに簡単ではないです。専門性も高いです。

 

しかし、AIエンジニアも人材不足は顕著で、それに伴い、全くゼロからAIエンジニアを育成するサービスが出てきています。

 

受講生の8割は未経験スタートで、最終的にはAIエンジニアとしてIT企業に就職するようなシステムになります。

 

なので、AIエンジニアとして働く事も選択肢として、持ってみてはどうでしょうか。

 

もちろん、一度肌で感じてみて、無理だなって思ったら諦めてOKです。

 

未経験からAIエンジニアを目指せるサービスは、こちらから無料の相談会に申し込めます。

 

>>AIジョブカレの無料Web説明会申し込みはコチラから

 

 

未経験でIT企業に凸してみる

若者言葉を使いましたが、いきなりIT企業に就職する形で突撃してみるというのも、荒業ですが、アリです。

 

私の知り合いにも結構いますよ。

 

また、私が働くIT企業にも、未経験ながら入社してくる人は結構います。

 

ちなみに私もそのうちの一人です。

 

IT企業に入ると、仮にその会社でダメでも他の会社で重宝されるとか結構ありますし、結構ジョブホッパーが多いです。

 

私もこの業界入って、業界内とか、時に競合への転職が多いなーと思いますね。

 

なので、仮に、入社してみて、やっぱりダメだ、合わない、失敗した、と思っても、次の手段がありますから、大丈夫です。

 

めちゃくちゃ不安もあるかもですが、実際私は過去に転職して大失敗し、その後リカバリーした経験ありますから、少し安心材料かと思います。

 

転職の失敗は人生の終わりなのか?バッチリ失敗した私が全てお話します そんな風に思ってませんか? 私も転職に失敗したという経験をしています。 まあ浅はかな考えで転...

 

 

 

何がしたいか分かるために行動するか否かで決まる

何がしたいか分からないから、それを分かるために、一歩でも先に動き出す人が勝ちます。

 

家で悩んでいても解決しないし、「そうだ、俺、これがやりたいんだ」なんて降ってくることもありません。

 

選択肢を増やそうと言いましたが、何もしていないのに選択肢は増えません。

 

結局、悩みを悩みのまま持っていると将来ずっと持ち続けて、5年後くらいに「あの時色々トライすればよかった」という後悔を必ずします。

 

なので、選択肢が正しいとか間違いとか、多いとか少ないとかではなく、行動するかしないかでほぼ決まると言ってよいでしょう。

 

ちょっとずつでもOKです。無理しなくてもOKです。

 

 

まとめ:20代後半で何がしたいか分かるためには選択肢を増やす

まとめますと、20代後半で何がしたいか分からないという状態は、決して悪い事ではないです。

 

そういう疑問を持っている時点で、一歩抜け出してます。周りの人の多くはそんなこと考えず惰性で日々働き、過ごしています。

 

しかし、不安はぬぐえないかもしれませんので、そういった場合は、視野が狭くなっていたしするのが原因なので、視野を広げる為にも、あなたにとっての選択肢を増やしてみましょう。

 

選択肢を増やすことで、確率論から言っても、何やりたいのか分かってくるようになります。

 

待っていても何も分かる事は無いですので、何がやりたいか分からなくて不安ならば、色々と選択肢を増やすべく、行動することで、見えてくるものがありますよ。