営業を辞める

仕事の悩み相談は会社の人にしてはいけない【メリットありません】

仕事上の悩みというのは、若くても中堅でも尽きることは無いですよね。

 

多くは、上司、同僚などに相談してみようかと、やはり同じ会社の人に相談しようかと考えますよね。

 

同じ仕事しているから、悩みもわかるし解決しそうな手段も出てきそうだし。

 

でも、これって逆で、実はあまり社内の人に相談しても解決しないことが多いし、メリットもあまり無いです。

 

社外の人、例えば学生時代の友人とか、社会人になってから知り合った違う会社の人とかに相談した方が良いです。

 

理由としては、視野の問題です。

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

仕事の悩み相談は社外の人にしたら良い

繰り返しになりますが、仕事の悩み相談は、社外の人にした方が良いです。

まず何が悩みなのか整理することになり、それが重要

社外の人に悩み相談をすると、まず、何で自分が悩んでいるのかをちゃんと伝えないといけないので、整理しないといけないですよね。

 

これが実はとても重要です。

 

こうやって悩みを整理すると、何で悩んでいるのか、あるいは一番のネックは何なのか、はたまた、複雑に絡み合った問題を解きほぐすと言った事にもつながります。

 

結果、悩み自体をしっかりと把握して整理することで、本当の問題点が浮かび上がるのです。

 

もし、同じ会社の人に相談すると、その辺って整理しなくても過去に同じ悩みを抱えていたり、その会社特有だったり、あるいは整理しなくてもニュアンスで伝わるという感じになります。

 

そのため、アドバイスをもらっても、何だか腹落ちしなかったり、あるいはそのアドバイス通り実行しても何も解決しないとかという可能性は大いにあります。

 

同じ会社の人間ということで、どこか通じ合っている感を持ってしまい、それが逆に、お互いちゃんと論点を把握出来ていないことになってしまいます。

 

こうなると、いくら日々一緒に仕事している人でも、適切なアドバイスを得ることは難しいです。

 

 

 

異なる視点でのアドバイスを得られる

社外の人に相談すると、全く違う視点でのアドバイスを得ることが出来ます。

 

同じ会社だと、その範囲やそのルールなどに、いつの間にか従った形での意見になりがちです。

 

つまり、固定概念というとちょっとお堅いですが、その会社独特の解決方法しか出てきません。

 

ですが、社外の人だと、前に述べた悩みの整理もありますが、意外なアドバイスをもらえたりしますよ。

 

ある意味、会社のルールに縛られてなくて、第三者的に客観的にアドバイスをもらえますからね。

 

後で私が過去に社外の人に相談した時の事も書いているので、ご一読いただければと思います。

 

 

同僚への相談は一番意味が無い

ある意味この記事のハイライトかもしれませんが、同僚への相談は、一番やってはいけないというか、メリットがありません。

 

そもそも同僚はあなたよりも経験豊富でしょうか?苦労したり修羅場くぐったり成功体験したりというのはどうでしょうか?

 

恐らく、大差ないと思います。おまけに役職持っていたりしないですよね?

 

つまり、経験も浅くて決定権も無い人が、あなたの仕事の悩みに対する解決策なんて、だせっこ無いのです。

 

出てきたとしても、それは、単なるその人の意見であり、解決に導いてくれるようなものは無いと言っていいでしょう。

 

また、その解決策が、上司から見て最適なものかと言われれば、決してYESとは言えません。

 

更に、同僚への相談で考えられるデメリットは、「バカにされる」あるいは「ネタにされる」です。

 

同僚というと、なんだか腹を割って色々話が出来る間柄という感じしますよね。

 

間違いではないと思います。

 

ですが、中には、ゴシップや、人の悩みを面白おかしく色んな人に広めることに喜びを感じる変なヤツも居るのです。

 

そういう事を知っていれば相談しないと思いますが、あまり表だってそういう人だというのは知られることは無いです。

 

なので、あなたが本当に悩んでいて腹を割って相談したことが、色んな人に面白おかしく広められるなんてことがありえます。

 

実はこれ私が経験したことなんですよね。しかも私の場合は面白おかしく広められた上に、上司に間違って伝えられて吊し上げられたっていう最悪な事まで至りました。

 

気を付けましょう。

 

 

仕事の悩みを会社の人に相談した失敗例(実体験)

では、前でも少し書きましたが、実際に私が仕事の悩み相談を会社の人にして失敗したという経験をお伝えします。

 

これがあるので、仕事の悩み相談は、社外の人にした方がよい、という考えを持っています。

 

 

相談したらみんな言う事が違って大混乱してマイナス効果

先輩、上司、その上司、みんな言っていることが違っていて、しかも誰も責任持たないので、私が大混乱してしまい、誰からも怒られるという最悪な事になったものです。

 

仕事の進め方で相談をしたのですが、ある先輩はの意見と上司の意見が全く食い違っていたので、どうしたら良いかと思い、サラリーマンなので上司に従いしました。

 

そしたらその先輩は、「オレに相談したのは何だったのか、上司に従うなら最初から相談してくるな」と言って、キレられました。

 

まあそんな事でキレる先輩もどうかなとは思いましたが、当時は今のような「別に誰に嫌われようがどうでもいい」という鉄のマインドを持つ前だったのでかなり落ち込みました。

 

でその先輩には詫びを入れて何とか許してもらえましたが、今度は上司の上司から怒られるという事態が発生。

 

何なんだと思ったら、「てめえ、○○(上司)に言われたことだけやってんじゃねえよ。自分から動けよ。」と。

 

ちょっと待ってくれよって感じでした。

 

何故なら、○○(上司)からは、「今はこれだけやってくれ。それ以外動くな。これは俺からの命令。担当の割り振りが決まってないから。」ということだったので、仕方なくその仕事をこなしていました。

 

そしたら上司の上司がカチコミしてきたんですよね。

 

更に最悪なのが、〇〇(上司)が、カチコミ入れてきた上司に対してイエスマン対応をして、「言われたことしかやろうとしないお前が悪い」と。

 

私からしたら、じゃあ誰の指示が正しいのか?何が正しいのか?という判断が全くできなくなり、大混乱に陥りました。

 

こうなると、めちゃくちゃ仕事しにくいです。皆さんも注意しましょう。

 

 

悩みを相談したら捻じ曲げて広められてネタにされて吊し上げの刑に遭う

ある先輩に、上司がなかなか稟議を承認してくれないことを相談した時の事。

 

その先輩からのアドバイスは「メクラ印もらえるくらい完璧に仕上げること。それを地道に実績として積み上げること」と。

 

それを聞いた私は、「なるほど。どうやったらメクラ印もらえますかね?ポイントありますかね?」

 

と聞いたんですよね。

 

この後の事は略しますが、その後、上司から呼び出しを食らい、「てめえ、何でメクラ印がもらえないのかって言ったらしいじゃねえか。ナメてんのか??」と。

 

そして、その後私の仕事を一切見なくなりました。

 

私は全く覚えが無いので何のことかサッパリ分からないから、そうやってキレられる理由ももちろん分かりません。

 

聞けば、私が悩み相談をした先輩がその上司に「アイツ(私の事)、何でメクラ印もらえないんだって嘆いてましたよ」と、面白半分で、事実と異なることをチクっていたんですよね。

 

そして、私がその上司に吊し上げられているのを見て笑っていたんですね。

 

最悪ですよね。

 

そんな人も居るんですよ。これが、しかも、東証一部上場の、いわゆる有名優良一流企業での出来事です。

 

このように、会社の人に相談したら、いわばネタにされてしまうこともあるので、メリットはゼロですから、やめときましょう。

 

 

 

仕事の悩みを社外の人に相談した成功例

実際に社外の人に相談してうまくいったというか、良い方向になった例を紹介しましょう。

 

当時、人間関係・仕事内容・プライベートと悩みの三重苦になっていて、当時仲のよかった社会人になってから知り合った友人(1つ年下)に色々愚痴がてら相談しました。

 

前に述べた通り、自分なりに色々整理してから話をしました。

 

結果、その友人が言うには、「頭の中、カオスですね。一回、カウンセリング行ってみたらどうです??」と。

 

要は、仕事がどうとか人間関係がどうとか以前の問題で、そもそも私自身の頭の中がリソースを悩みで使い果たしているのではとのこと。

 

会社の人に相談すると、おそらくそんなアドバイスは出てこず、人への接し方とか仕事のコツの掴み方とか、フワッとしたものになりますし、あくまで仕事や会社の枠組みを出ないアドバイスになります。

 

しかし、その友人は、まずカウンセリング受けて、頭と心を整理すること、と。

 

斬新というか、全く違う視点ですよね。

 

聞けば、その友人は似たような事を経験したらしく、その時に心療内科に通ってカウンセリングを受けていたとのこと(うつ病までは至らなかったとのこと)。

 

なので、人間関係とか仕事とかよりも、もう一歩引いたマクロな視点での改善策を提案してもらえました。

 

このように、社外の人だと、全く違う視点からのアプローチもありますし、仕事や会社という考えを抜きにしたアドバイスをもらえますし、それが結構本質だったりします。

 

 

まとめ:仕事の悩み相談は社外の人にすべし

まとめますと、仕事の悩みの相談は、会社の同僚や先輩に出は無く、社外の人、例えば学生時代からの友人や社会人になってから知り合った友人などです。

 

同じ会社の同僚や先輩に相談したら、悩み自体がフワっとしていても、何なく察してくれて、悩んでいることを理解してくれ、アドバイスをもらえるかもしれません。

 

しかし、あなた自身が、相手が察してくれることを無意識に前提としてしまっているので、何で悩んでいるのか、何が出来れば解決するのか等、悩みが整理できていないことが多いです。

 

となると、悩みの本質が分かっていないし整理できていないので、解決にベクトルが向かないことが多いです。

 

私もそうで、色んな会社の人に相談したり、話を聞いてもらったりしましたが、それらしいアドバイスはもらえるものの、「結局何っているのかよくわからんな」というのが本音です。

 

であるならば、あえてというか、別の視点を持つ社外の人に相談した方が良いです。

 

友人とは言え社外ですから、今あなたの仕事自体が何でどういう事で悩んでいて・・・というのを整理しないといけないです。

 

これがポイントで、そうすることで、悩みの本質が明確化するので、良いアドバイスをもらえます。

 

また、利害関係というと言葉が悪いですが、出世競争にも関係無いし、内部の派閥とかにも関係無いです。

 

会社だとそういうのありますからね。ゴシップみたいにして悩みを面白半分で広めるような人も居ます。

 

社外の人に相談することの方が、圧倒的に効率的な相談になります。

 

飲みに行くついでにでも、相談してみましょう。