仕事

営業に向いてないと思うときの対処法[無理に続けず辞める方向でOK]

営業の仕事やっているけど向いていないと思う。

 

成績もだめだしモチベーションも無いし。

 

でもここでやめたら他の仕事でもやっていけないのかもしれない。でも向いていないからツライ。こんなときどうしたらいいんだろう?

 

 

こういったお悩みに対して、僭越ですが、経験者としてアドバイスいたします。

 

営業の仕事に限らず、何でも向き不向きはあります。

 

で、向いてない事とか苦手なことって、かなりストレスですし、モチベーションも上がらないんですよね。でも仕事だからやらないといけない・・・。

 

社会人って、簡単に弱音吐けない、吐いちゃいけないみたいな感じもありますよね。

 

でも、大丈夫です。結論いきなり言っちゃいますが、向いていないなら辞めた方が良いです。

 

どういうことか、詳しく解説していきます。

 

営業に向いてないなって思った時にどうしたら良いかが見えてきますよ。

 

営業に向いてないのはどうしたらいい?

辞める方向で考える

営業に向いていないなって思ったら、営業を辞める方向で考えましょう。

 

辞めるというのは、いきなり会社を辞めるのではなく、別の部署に異動させてもらうように相談するとかです。

 

状況によっては、転職を利用して営業を辞めるというのもアリです。

 

今の仕事である営業を辞めるというのは、いきなり強烈なアドバイスかもですが、これは冷静に考えれば納得いただけるかと思います。

 

向いていないなって思う場合、説明できなくても、明確な理由が言えなくても、ほぼ正解で、それは向いていません。

 

あなたの本能的なところがそう思っています。

 

だから、向いていない事から、さっさと手を引いた方が良いです。

 

社会人って、何だか学生時代より圧倒的に厳しいですよね。

 

簡単に、辛いとかしんどいとか向いていないとか言えないし、かといってそれを言えたからと言って、サクサク仕事を変えてくれる訳でもありません。

 

耐えることが美徳みたいな感じありますよね。

 

しかし、そういった中でも、あなたが勇気と決断をもって行動しないと、事態は解決しません。

 

なので、営業に向いていないと思うならまずは、営業じゃない仕事をするためにどうしようか、ということから考えてみましょう。

 

 

向き不向きは何もおかしなことでは無い

営業やってみて、向いていないなって思うなら、それは何もおかしい事ではありません。

 

また、もしあなたが営業を志願しているのに営業やってみて、向いていないなって思う場合もあるでしょう。それもおかしい事ではありません。

 

思った以上に、あなたはあなた自身の事を分かっていませんし、あなたを配属したり、管理や評価する上司や人事なんてもそれ以上にあなたの事を分かっていません。

 

良い例が就活のときのことです。

 

自己分析とかやって、自己PRを考えるとき、あなた自身の強みは何ですかって、最初はサクサク言えなかったと思います。

 

自分と向き合い、自分の考えや頭の中にある事、これまでの経験を明文化してようやく、「こういうのが他の人よりも強いんだ」「こんな特徴もっていたんだ」みたいなのが湧いてきたはずです。

 

だから、仕事面でも、仮に営業の仕事やりたいって思って就いても、向いていないなって思ったり実感することも全然ありえますよ。

 

大事なことは、そこで、向いていない事に気づいた事ですね。

 

会社に対しても同じで、向いていないことを明言するのは、会社に対して、「私は営業に向いていません」と気づかせる行為になります。

 

おそらく営業に限らず社会人は、誰でもこういう気持ちは持っていますが、みんな口にしないだけです。

 

前でも述べてましたが、耐えることが美徳だったり、最初に与えられた職種を全うするのが会社員としてあるべき姿、みたいな考えがあるからですね。

 

営業が向いていないという思いは、何も悪いことではありません。

 

 

向いていない事をやってもつまらない

仕事とはいえ、向いていないことをやっていても全く面白くないです。

 

また、モチベーションも上がりませんから、機械のように仕事をすることになります。

 

もしも、それでOKなら、特に問題は無いです。

 

が、1日の大半、何なら人生の大半を費やす仕事において、それだとちょっと・・・ってなりませんかね?

 

実際、私が経験したので間違いない感想です。

 

私は新卒で営業職に配属されて以来、ずっと営業畑でして、向いてないなって思いながら続けてます。

 

先日、実はアジアでトップの成績を取り表彰されて、また、会社でも役員から表彰されたのですが、これがなんと、全くうれしくなかったんですよね。

 

うれしくないというか、もっと頑張ろう!とか、ようやくここまでたどり着いた!とかが無いんですよね。

 

おそらく多くの営業マンが目指す目標のひとつがこの表彰なのですが、私は何ともこううれしさを感じなかったんですね。

 

いやらしいですが、お金がもらえたのでそれはうれしかったのですが、いわゆる名誉的なのは全くうれしくなかったです。

 

こんな風に、向いていないなって思いながら惰性でやって良い結果残しても、あなたは満足しないというか、うれしさを感じない可能性があります。

 

頑張って頑張ってやっと結果出たらとてもうれしいですが、それって自分からやろうと決めた事とか、辛くてしんどいけど根本は好きな事だったりします。

 

というか、そういうことじゃないと努力し続けれないです。

 

向いていないことをやってもつまらないし、今後何か結果を出せても何だか心は満たされないみたいな感じになります。

 

 

営業が向いていないと思った時にやったら良い行動

向いてないなら辞める方向でとお伝えしましたが、じゃあどうしたら良いのかを詳しく見ていきましょう。

営業の何が向いていないのかを分析する

営業と言っても色々な仕事内容がありますから、何があなたにとって、営業の何が、どこが向いていないのかを分析してみましょう。

 

例えばざっとでも、以下のような向いていないなポイントがあると思います。

 

ノルマがあること

 

お客さんの前でヘコヘコしないといけないこと

 

営業≒売り込みみたいな感じで基本嫌われ役のイメージなこと

 

コミュニケーションが苦手なこと

 

もちろん他にもあるかと思いますので上記は一例と思ってください。あなたなりに、何が向いていないのかを良く考えてみましょう。

 

全部っていう可能性もありますが、それはそれで全く問題ありませんよ。

 

逆にその場合、完璧に向いていない仕事なのである意味辞めやすいというか、決断もしやすいかと思います。

 

 

営業を辞めるか別の営業に就くか

営業の何が向いていないのか、これがだいたい見えて来たらそれを踏まえてどうするか、です。

営業を辞める

上記でも少し言いましたが、ほとんどの事が向いていない、という感じなら、悩まずにもう営業を辞める決断をし、次の行動に移すべきです。

 

営業という仕事を辞めるに際しては、社内で営業ではない別の部署に異動させてもらうことを申し出ることです。

 

もう一つは、もうその会社は辞めて、転職で別の営業以外の仕事を探すことです。

 

基本は、今の会社で異動の申し出を最初に行いった方が良いです。その方が手続きとか色々手間がかかりませんからね。

 

もし異動の申し出をして、3ヶ月くらい何の音沙汰もないとか、何の連絡もないとか、異動は無理と一刀両断されたら、転職活動を開始しましょう。

 

実際に利用した転職エージェント【迷ったら全部活用してみる】ネットで転職エージェントって検索すると、めちゃたくさん出てきます。 比較サイトもたくさんありますが、評価がマチマチで何が正...

 

 

別の営業に就く

営業向いていない点が、仕事の一部であれば、別の営業の仕事を探すという選択肢ができます。

 

例えばですが、ノルマや顧客対応が向いていないならば、営業企画みたいな部門に異動させてくれって言う申し出をするとかです。

 

営業の仕事の経験はありますから、少なからず活かした仕事ができますよね。

 

もしそういう仕事や部署が無かったり、あるいは、あなたのやりたいことや向いていると思うことが今の会社に無いならば、転職もアリです。

 

ちなみにですが、私はノルマと顧客対応のまさにこの2つが向いていないです。

 

なので以前、ノルマの無い営業に転職した経験があります。

 

正確にはノルマを設定しようがない感じな仕事ですね。転職エージェントに正直に相談すると探してきてくれました。

 

しかも誰もが知っている超大手です。ネットで探しまくるよりも、エージェントに相談した方が圧倒的に早いですし、エージェントに相談してもお金かかりませんから何も損しないですよね。

 

転職エージェントに相談はおススメしたいですね。あなたの知らない情報をたくさん持っていますしそれを無料でゲットできます。

 

実際に利用した転職エージェント【迷ったら全部活用してみる】ネットで転職エージェントって検索すると、めちゃたくさん出てきます。 比較サイトもたくさんありますが、評価がマチマチで何が正...

 

全く別の道のひとつにエンジニアの選択肢を

さてここからは今の私の仕事に絡めて、そして過去に戻れるならこの選択肢を持っておくように言いたいことを絡めて説明します。

 

上記の通り、あくまで選択肢としてまずは考えてもらうことと、転職エージェントと同じでまずは相談してみたり情報を集めてみたりするレベルでもOKです。

 

エンジニア、特にITエンジニア(プログラマー)としての選択肢をぜひ持ってもらいたいです。

 

ITエンジニア(プログラマー)は、ネット上などでも、今後足りなくなるみたいなニュースがあると思います。

 

その通りで、実際IT企業で仕事をしている私から見てもその情報は正しいです。

 

実際は今後足りなくなるのではなくて、既に足りない状況にあります。

 

私の会社でも未経験でITエンジニア(プログラマー)をどんどん採用していますし、業界内ではエンジニアの奪い合いが始まっています。

 

確かに、全くの未経験からとなると多少時間はかかりますが、士業(弁護士とか会計士とか)みたいに資格取らないと無理みたいなこともありませんし、そのあとの下積みみたいなのもありません。

 

最初からフリーランスなんてことも可能です(とはいえうまくいくのは一部なので最初はIT企業で経験積むのがベストです)。

 

更に言えば、ITのスキル習得(学習)とエンジニア(プログラマー)としてIT企業への転職支援という2つのサービスを全て無料で受けれるというものがあります。

 

無料というとちょっと不安かもですが、本記事でも紹介している転職エージェントも無料ですよね?

 

仕組みは同じで、成果報酬と言って、転職の成功によって、企業から企業へお金が支払われるものです。

 

これまで、塾とか予備校とかはもちろん、資格の勉強とかも有料ですから、スキルとか資格が無料というと抵抗、もっと言うと不信感あるかもですが、上記の通り転職エージェントと同じ仕組みとなると納得してもらえると思います。

 

まずは選択肢としてITエンジニア(プログラマー)というものがある、というレベルでOKですよ。

 

無理にそっち目指さなくてOKです。こういう仕事もある、ということをまず知っていただき、選択肢に加えてみてください。

 

正直、あなたとしても「ITってブラックなんじゃないの?」と思うように、色々なイメージがあります。

 

ですから、上記の通り、「あくまで選択肢として」でまずはOKです。

 

ITのスキル習得(学習)と転職サポートを無料でやってくれるサービスは以下で、いずれも無料の相談会・体験会・カウンセリングみたいなものを開催しています。

 

まずはこちらに参加してみて、イメージをつかんで見てください。

 

ちなみに、この無料の会に参加して「向いてないな」って思ったら、選択肢から外しましょう。

 

そんな感じでOKです。

 

無料のGEEK JOBを現役IT企業勤務の私が解説[やや追い込み型]完全無料のITスキル習得&就職支援サービスのGEEK JOBについて、現役IT企業勤務の目線から解説していきます。 結論、...

 



 

[コスパ最強のキャリアチェンジ]完全無料のプログラマカレッジ人生を変えたい、このままの仕事や職種を将来も続けたくはないというあなたに対し、私からはIT業界やITエンジニアへのキャリアチェンジという...

 

 

まとめ:営業が向いていないなら辞める方向でOK

まとめますと、営業が向いていないと思うのであれば、営業を辞める方向でOKです。

 

向いていないというのは、誰にでもある事ですし、本能的な反応に近いので、おそらく間違いはないです。

 

向いていない仕事をしていても、仮に好成績を上げたとしても、何だかむなしいというか、喜びを感じない事があります。

 

ならば、別の仕事に就くための行動を起こすべきです。

 

あなたが行動を起こさないと、誰もあなたが営業に向いていないって思っていることを分かりません。

 

行動起こした者勝ち的なところもあるかもですね。

 

その際、ちゃんと自己分析してあなたに向いているなと思った職種を目指しましょう。

 

でもその際、間違っていても良いですし、食わず嫌いしないで、色々な選択肢を持つ事が大切です。

 

向いてないから辞めたいと思う事に罪悪感を持つかもですし、そう言って移動や転職するのはとても勇気が要ります。

 

しかし、その1歩を踏み出せば、向いていない仕事から脱出出来て、充実した会社員人生になるかもなのです。

 

頑張ってください。