筋トレ

筋トレを2日休むと効果は減る?[大差は無いが出来れば休みは1日]

筋トレの間隔って2日空けても大丈夫なのかな?

仕事の都合もあって、うまく1日間隔でやれないんだけど、2日休んでしまって効果が減るなら嫌だなあ。

 

こういった疑問にお答えします。

 

結論ほぼ問題ないです。2日休んでも大きな影響はあまりありません。

 

しかし、出来る限り、2日の休みではなく1日の休みでトレーニングを行うルーティンを構築したほうが良いです。

 

その方が成果が早く出ますからね。

 

詳しく見ていきましょう。

 

この記事を読めば、筋トレと筋トレの間にどの程度の休みがベストなのかが分かります。

 

筋トレを2日休む事で効果に影響はあるか?

筋トレを2日休んでもほぼ影響はない

経験上、筋トレを2日休んでもほぼ影響はありません。

 

2日休んでも影響が無いと言える理由は、超回復の期間を満たしているからです。

 

筋トレは、トレーニングしてから48~72時間経過後に超回復という期間があります。

 

専門的なことを言うとなんだか難しいので詳しくは省略しますが、要は、この超回復のタイミングで筋トレをすれば、より効果的な筋トレができるのが超回復、という理解をしてもらえればOKです。

 

原理とか細かいことは知らなくてもまあ大丈夫です。

 

それで、2日休むとなると、筋トレしてから3日後にもう一度筋トレするわけですよね。

 

となると、だいたい72時間くらい経過してる訳ですから、ギリギリですが超回復の期間に当てはまります。

 

丸2日と1時間の休み、つまり73時間後だったら意味無いのかというとそういう事ではないです。

 

人には個人差がありますから、全ての人が、この48~72時間に当てはまるとは限りませんが、一つの目安です。

 

上記の事から、筋トレを2日休んでも大きな影響は無いと言えます。

 

 

筋肉痛や疲労がヒドイ時は休んだ方が効果的

筋トレを2日休む事で影響は無いと言いましたが、筋肉痛がヒドイ時とか、疲労感がヒドイ時は、2日以上休むことも考えた方が良いです。

 

筋肉痛や疲労があると、ベストなトレーニングができませんし、時にはそれによって、怪我を引き起こしてしまうかもしれません。

 

なので、2日休んでも回復しないならば、その場合はある程度痛みが引くまで筋トレを休む方向の方が良いです。

 

あるいは疲れているとか、明らかに、怠けとかやる気の低下からくるものではない疲労感というのは必ずあります。

筋トレは筋肉の内部の組織を破壊して再生させるものですから、疲労感とかは当然あります。

多少ならば無理は必要ですが、どうやっても前回の筋トレよりも低いパフォーマンスしかできないならば、それは体が休めと言っている証拠ですね。

 

 

ベストは1日の休み

筋トレを2日休んでも大きな影響は無いと言いましたが、ベストな休み期間でいえば、1日になります。

 

筋トレをした次の日は基本的にオフにします。ただ、例えば上半身を鍛えた次の日は下半身とかであればOKです。

 

つまり、同じ箇所(例えば腕とか背中とか)を連続して酷使するトレーニングは避けるべきという感じです。

 

1日の休みで行きましょうと言っている理由は、筋トレの機会を増やせて、かつ、休養も十分取ることができるからですね。

 

単純計算で、2日休むのと、1日休むのでは、筋トレの機会は倍違うことになりますよね。

 

やり過ぎは良くないですが、回復に必要な休みを取りつつ追い込みまくる事を考えると、筋トレの休み期間は1日が良いです。

 

ただ、仕事の都合とかで、どうしてもうまく1日休んでトレーニングするのが難しい場合もあると思うので、そこは柔軟に対応していきましょう。

 

例えばですが、2日連続でやって、2日休むとかです。

 

仕事していると、そんなルーティン的に、1日休んでベストタイミングでの筋トレというのは難しい場合もあります。

 

なので、疲労度とか筋肉痛の度合いとか見極めた上で、連続筋トレもアリと言えばアリです。

 

軽い筋肉痛の時に筋トレしてよい?[結論:問題無くてむしろやるべき] 軽い筋肉痛がまだ残っているときって、筋トレはしない方が良いのだろうか? ちょっと痛いくらいで、問題はなさそうなんだ...

 

 

筋トレを2日休む際のポイント

休まないといけない時だけにしておく

筋トレを2日休む際は、出来るだけ、休まないといけないタイミングのみにしましょう。

 

前でも述べた通りですが、単純に、2日休むと、1日休むよりも筋トレの回数が半減してしまいます。

 

筋トレはできる限り多く、トレーニング→休養(回復)を繰り返す事が、効果を早く出す一つの方法でもあります。

 

そのため、常時2日間の休養とするのではなく、出来れば1日間の休養とするようなスケジューリングを行うことで、最もトレーニング→休養のサイクルを多く回すことができます。

 

要は、2日休むのは、やむを得ない時のみとした方が良いという点です。

 

もちろん、あなたも社会人なので、実際に1日の休養で筋トレを継続するのは仕事の兼ね合いもあって、難しいとは思います。

 

ポイントは、2日休んでも大丈夫、ということではなく、2日休むよりも1日休みでやった方が圧倒的に良い、ということを覚えおくことです。

 

そうすることで、自然に1日休みで計画するようになります。

 

 

これを機に怠けないようにする

ちょっと悪い言い方ですが、2日休むことによって、筋トレを怠けないように、気を引き締めましょう。

 

そうはならないと思いますが念のためです。

 

どうしても、休む期間を長くすると、ダレてしまったりルーティンが壊れてしまったりする可能性があります。

 

モチベーション高く取り組んでいるあなたにとっては少々愚問かもですが・・・。

 

1日休みでうまく回っている中でもう1日休みを伸ばして2日休むとどうしても筋トレと休養のリズムが崩れたり、「まあいっか」的なマインドが出来てしまいます。

 

これは誰にでも起こりうる事なので、悪いとかでは全然ありません。

 

ただ、過去に怠け癖だったり、自分に甘い・弱い人は、こういうときに怠けてしまいそうにあなるので気を引き締めましょう。

 

 

筋トレの休みはベストは1日

筋トレの休み期間のベストは1日です。

筋トレの機会を増やせる

既に何度か言ってしまっていますが、筋トレの休みを1日、つまり、筋トレした翌日は回復に当て、その次の日に再び筋トレをするというサイクルがベストです。

 

そうすることで、筋トレの機会を最大に増やすことができます。

 

毎日やればいいのではと思うかもですが、毎日やったとしたら、筋トレから筋トレの期間が24時間くらいになってしまい、超回復の始まる48時間くらいにほ程遠いです。

 

つまり、十分効果を得られない筋トレになってしまう可能性があるわけです。

 

もちろん、2日連続でやって、1日あるいは2日休んで再び筋トレ、というのでも大きな問題ではありません。

 

問題なのは、十分な回復期間を与えないまま次の筋トレで筋肉を酷使することです。

 

極端な言い方ですが、怪我してまだ治ってない状態のイメージです。

 

最も筋トレの成果を出すことができて、かつ、最も多くの回数をこなせるのが、だいたい1日の休息というサイクルになります。

 

習慣化させるため

これも少し言ってしまっていますが、筋トレの休みが1日にすべきという理由は、いわば習慣化(最近はルーティンとも言いますかね)させる為です。

 

筋トレ→休み→筋トレ→休み→筋トレ・・・というリズムを毎日こなしていくことで、少し時間はかかります(だいたい2週間~1ヶ月)が、習慣化されます。

 

この習慣化されると、筋トレしないとソワソワしてくるとかいう禁断症状みたいなものになります。

 

私はだいたい、月曜、水曜、金曜が筋トレの日で、しかも昼前開始という風に習慣化させています。

 

そのため、上記曜日の11時半くらいになるとソワソワします。

 

また、上記曜日に筋トレができないと、罪悪感や不安感を覚えてしまい、翌日必ず行うようにしています。

 

禁断症状というのは少し言い方をしましたね。ですが、イメージしてもらいたいので使ってみました。

 

例えば歯を磨くと帰宅時の手洗いうがいみたいな感じで、「やることが当たり前」「生活の一部」みたいになると、ほぼ習慣化しているので最高です。

 

ただ、それが2日毎となるとどうしても中だるみ感が出てしまったり、気を抜いてしまう感じで、習慣化しにくくなる可能性があります。

 

もちろん、最初から2日休みというサイクルでやるならそれで習慣化は可能です。

 

要は同じリズムを刻み続けることが重要なんですね。

 

しかし、上記の通り、2日休みとなると、効果としては大きな影響は無いですが、筋トレの機会が減ることになり、効果を得られるようになる期間は長くなってしまうことが考えられます。

 

1日休みのサイクルで時々2日休みとなることが、怠けの引き金になるケースです。

 

ただ、しっかりと気を引き締めておけば大丈夫です。

 

 

まとめ:筋トレを2日休むのは大きな影響は無いが出来れば1日

まとめますと、筋トレを2日休む事において、効果という意味で大きな影響は無いですが、筋トレの機会が減ってしまうので、出来れば1日の休みにしておいた方が良いです。

 

ただ、仕事しながらとかですと、なかなか1日毎に筋トレを継続的にしていくのは難しい場合があると思いますので、出来る限り1日休みということで計画しましょう。

 

筋トレはただでさえ、効果が出るのに時間がかかりますから、それを機会を減らしてしまうと余計に時間がかかってしまいます。

 

休まないといけないタイミングのみ、2日の休みとして、あとは出来るだけ1日休みで頑張りましょう。

 

1日休みで計画するとそれが習慣化しますから、徐々に慣れてきます。

 

正直タフな計画ですし、ちゃんとした休養(食事など含め生活面すべて)が必要ですが、その分ちゃんと成果は出てきますから、長い目で見てモチベーション高く、頑張りましょう!

 

筋トレ初心者におすすめのジムとは?選び方の重要なポイントを解説 こういったお悩みにお答えします。 筋トレと言えばジム。しかし、ネットで調べてみたらジムは山ほど出てきますか...