その他IT

IT企業に居るけど給料が安い場合【同業他社への転職がベスト】

IT業界に居るんだけど給料が安くて割に合わないな・・・もっと給料高くなりたいけど今の会社じゃあ無理かもしれない。

 

でも転職って考えてときに、自分くらいのスキルで高い給料で雇ってくれるところなんてあるんだろうか?

 

こういった疑問にお答えしたいと思います。

 

私は現役でSIerで働いており、関係者の年収はもちろんですが、パートナー企業などの内情も結構知っていますので、そのあたり赤裸々にお伝えしたいと思います。

 

ITに居るのでしたら、思い切って、平均年収の高い企業に転職を検討すると良いと思います。

 

IT業界に身を置く立場から見れば、おススメはSIerかコンサルタントです。

 

あなたが思う以上にあなたを必要とする企業は多いですし、それに伴い、給料を上げるチャンスがあります。

 

詳しく解説していきます。

 

 

IT業界に居て給料が安いなら他の企業へ行こう

経験者、業界人は即戦力で好待遇

経験者は即戦力で、しかも好待遇で採用される可能性が高いです。

 

SIerやコンサルは、人手不足でもありますし、そもそも人材が居ないとビジネスが取れないし伸びないというビジネスモデルだからです。

 

経験者は、喉から手が出る程欲しいと言っても過言ではないです。

 

実際私の会社でも、何とか経験者や実績のある人を採用しようと必死になっています。

 

結構な良い条件(=良い給料がもらえる階級)で入社してくる人は、少なくないです。

 

そうしないと、別の企業に行ってしまうと言うような事態になるからです。

 

A社よりB社の方が給料が良いなら、普通はB社に行きますよね?

 

人手不足はビジネス獲得の障壁となることから、好条件をゲットできます。

 

事実、中小から転職してくる人も多く、それで給料1.5倍とかになったひともいますからね。

 

本当に人材が必要な場合でなかなか採用出来ない場合は、未経験であってもエンジニアとして採用したりしますから、経験者は何としてでも採用したいという背景から、経験者は好条件になります。

 

 

どのSIerやコンサルも人材確保に必死

上記と少し重複しますが、SIerやコンサルはどこも人材確保に必死です。

 

新卒もですが中途採用の即戦力的なのも同じで、とにかく人材が必要な状態です。

 

SIerは、コンサルティングやシステム開発のマネジメントも含め、人売りと呼ばれる人件費ビジネスがまだまだ多いですし、必須なのもになっています。

 

パッケージソフトだけ売って、あとはご自由に、とか、何もしないで簡単に使えます、的なのはSIerビジネス全体のほんの一部です。

 

私も担当している仕事の大半は人売りもあります。コンサルやシステム開発を行いつつパッケージソフトをそのまま使うorアドオン開発する等で、顧客の要望に応じたものを作っていきます。

 

規模の大きいシステムや、基幹と呼ばれる仕事のメインのところで使われるシステムは、そういった人売り無しでは構築は不可能です。

 

すなわち、人がいないとか、不足している状態だと、ビジネスを獲得できないことになるので、なんとか人材を確保すべく必死になっているのです。

 

人が居ないのでお断りします、っていうのは絶対に避けなければならないのです。

 

そのため必死で、高めの条件を出しても、経験者は何とか採用したいのです。

 

こういった状況の為、思い切っての転職は、大いにありです。

 

また、コンサルタントは、ザ・人売りなので、人手不足がビジネス減に直結してしまいます。

 

おまけに、ITコンサルなんかは、かなり専門知識が必要なので、逆に言えば業界知識を持ったあなたがコンサルタントになれば、鬼に金棒状態です。

 

業界の事を知っていると、それに基づいたアドバイス、コンサルティングが出来る為、信頼を得ることが出来、高い単価でもビジネスをゲットできます。

 

ITの知識(業界知識)+コンサル=唯一無二のコンサルタント→信頼性大

 

と言うような構図ですね。

 

会社にとってもメリットですから、あなたのような経験者に対しては、かなり興味を示してくれますから、給料アップの大チャンスです。

 

 

IT業界で給料が安い人が狙う高給企業

SIerでプライムコントラクター

SIerで、特に、プライムコントラクターと呼ばれる一次請けが狙い目です。

 

いわゆる下請けや二次請けと呼ばれるところよりも、給料が高い場合が多いです。

 

普通に考えたら、二次請けや三次請けよりも、利益幅が出るのは良く分かりますよね。

 

単価や工数も明確な基準みたいなのはありませんから、悪く言えば「言い値」に近い訳です。

 

私の居る会社はプライムコントラクターで、やはり、利益幅は大きいですね。

 

パートナー企業と呼ばれるところに対して依頼する際の外注費としては、顧客と契約した単価よりかなり低いです。

 

あくまでイメージですが、以下のような感じです。(リアルな単価は秘密なので、仮設定としても出しませんので、私の会社と顧客との契約が、【100】とします。)

 

私の会社(プライムコントラクタ)と顧客との契約単価:100

私の会社(プライムコントラクタ)と外注先(二次請け)との契約単価:50

 

過去のプロジェクト見ても、結構リアリティのある割合です。

 

こう見ても、プライムコントラクタが利益を得られているので、給料も必然的に高くなるというのが分かってもらえると思います。

 

 

IT関連コンサルタント

コンサルタント、中でもITコンサルタントという立場はかなり狙い目です。

 

なんと行っても単価がかなり高くとれます。

 

私の会社でも、コンサルタントの単価がいちばん高いです。

 

業界・経営等広くて深い知識と、情報整理とまとめ上げ力など、広く浅くではなく、広く深く様々な知見が求められる為、かなり高い単価でも契約を勝ち取れます。

 

あなたのような経験者は、ハッキリ言って、コンサル会社に少ないです。そんな中でコンサル会社はDX(デジタルトランスフォーメーション)やIoTに関連したコンサルビジネスを獲得しようと躍起になっています。

 

が、ITの知識が無い人が大半なので、表面的なものになってしまいますが、そこであなたのような経験者がコンサルタントになれば、その知識をフルに活かせますね。

 

貴重な存在です。

 

逆に言えば、高い単価=信頼の証、みたいな構図も出来ている感じです。

 

コンサルファームで働いていて、IT関連のコンサルを専門にしている私の知人は、SIerと組んで仕事したりしていますが、単価は驚くほど高いです。

 

私の会社のコンサルよりも2割くらい高いです。

 

ITコンサルも給料アップとしては狙い目ですね。

 

ソフトウェアメーカー

ソフトウェアベンダーなどとも呼びますが、パッケージソフトを開発している会社ですね。

 

こういったところも狙い目かなと思います。

 

理由として、ソフトウェアと言うのは、一度開発をしてしまえば、モノによってはずっと新たな開発をしないという場合もあり、そうなると、売れば売るほど利益が増えるということになります。

 

おまけに、時々、新機能の開発に投資がかさみ増した、とかで、代理店を経由して、ソフトウェアの保守費と呼ばれる維持費や、サブスクリプションの場合はその費用を値上げしたりします。

 

災害などが多く発生したら保険金が値上がりするみたいな感じですね。

 

なので、投資によって利益が圧迫されることがあまり無いので、高い給料が減ることなく維持できる訳です。

 

の会社からもソフトウェアメーカーには何人も行っていますし、他社からもいっています。

 

途採用もけっこうしています。給料も高いですね。

 

成果主義かもですが、外資は特に高いですね。

 

 

IT業界で給料アップを狙うなら

転職エージェントのレバテックが良いですね。以下が理由です。

 

・転職した人の6割が給料アップしている

・求人の8割以上が年収600万円以上

・SIerやウェブはもちろんコンサル(コンサルファームなど)も求人アリ

 

給料アップの狙い目として、業界に身を置く私が推奨している、SIerとコンサルファームは両方求人がありますね。

 

転職エージェントは複数(平均4社)利用がおすすめですし、私もそうしましたので、レバテックだけにこだる必要は無いですが、レバテックだけで完結するかもですね。

 

まとめ:IT業界に居て給料が安いなら他の企業へ行こう

まとめますと、IT企業に居て、今の給料低いなと思うなら、転職を検討すべきです。

 

プライムコントラクタとか、コンサルファームなら給料アップ確実です。

 

両方ともに、経験者を好待遇で迎える傾向があるからです。

 

いずれも、人売りと呼ばれるビジネスがあるため、人手不足は、ビジネスを獲得できなくなるリスクがあるため、必死に人材を集めています。

 

未経験者を短期間で育て上げることもしていますが、やはり、業界経験者のニーズは非常に高いです。

 

なのであなたのように、IT業界に身を置いていて、もっと良い条件、つまりは高い給料をもらいたいという事でしたら、プライプコントラクタのSIerとかコンサルファームへ転職することも考えてみてください。

 

恐らく、あなたが驚くほど、あなたの経験は高く評価されます。

 

それだけ、経験者というのは貴重で、奪い合いの人材であるのです。

 

今の会社で居ても、給料は上がりません。

一度、あなたがどのくらい必要とされているのかを確かめてもらえば、一番良く分かると思いますから、ぜひ、外の世界を見てみてください。