仕事

給料が安すぎるのが辛いし嫌だから上げたい[簡単に上げれます]

給料が安すぎて辛いし嫌になる。給料上げたい。

 

こういったお悩みにお答えします。

 

給料安すぎると、仕事が楽でも、かなりつらいですよね。

 

買いたいもの買えないし、常に節約で、ちょっと豪勢なこともできない。

 

でも、少なくとも給料もらえているので、そこを飛び出して今を変える不安もあるというのが正直なところじゃないでしょうか。

 

給料を上げるには色々な方法がありますが、少なくとも今を変えることは必要で、そこには勇気と決断が必要です。

 

逆に言えば、勇気と決断ができれば給料を上げるための第一歩は踏み出せているということです。

 

この記事では、あなたが勇気と決断ができる前提で、給料を上げる為の方法をお伝えします。

 

給料安すぎの状態からサヨナラしましょう。

 

 

給料が安すぎるのが辛いし嫌だから上げる方法

給料の良い会社に転職する

勇気と決断が要りますが、一番簡単なのが、給料の良い会社に転職することです。

 

シンプルですね。

 

給料の良い会社というのは、ネットで調べればいくらでも出てきます。

 

総合商社

 

外資系銀行・証券会社

 

不動産営業

 

上記は一例です。

 

生涯年収ランキングとか、給料の高い会社、等とネットで検索すれば出てきます。

 

あるいは、四季報を買ってみてみれば、上場企業の平均給料が全部出ていますから、その情報をもとにエントリー先を決めても良いでしょう。

 

また、転職エージェントに頼めば、どのくらいの給料アップを希望するのかとか、今の仕事を活かしてとか、色々条件つければ、ざっといくつか求人を紹介してくれます。

 

その紹介してもらった中から、平均給料が高いところにエントリーすれば、効率的です。

 

「でも自分の今のスキルで給料なんてアップするのかな?」

 

こういった疑問を持つかもですし、不安になって前に踏み出せないかもしれませんが、めちゃくちゃもったいないです。

 

もしも前に踏み出せば、確かに給料は上がらないかもですが、上がるかもしれないという可能性が出てきますから、確率は50:50になります。

 

転職活動をしなければ、ゼロですから、少なくとも無料でリスクなしで出来る転職活動をすることで、給料がアップする確率が50%まで上がるということです。

 

不安かもですが、給料を上げる為に無料でリスクなしで出来る転職活動はぜひやってみることをお勧めします。

 

 

おススメ転職エージェントまとめ【実際利用した中で良かったもの】 こういった疑問にお答えします。 私もかつて、転職活動の際には、エージェントをどれが良いかめっちゃ悩みました...

 

 

 

給料の良い職種にキャリアチェンジする

転職よりも、勇気が要るし、大変ですが、給料の良い職種にキャリアチェンジするという選択肢もあります。

 

例えば、良く耳にすると思いますが、人工知能エンジニア(AIエンジニア)とかデータサイエンティストとかです。

 

こちらの記事が有名ですね。

 

NECが新卒でAI領域に強い技術者に1000万円出す可能性ありとか、富士通やNTT各社ではAIやビッグデータに強い人材に3000万円とかです。

 

驚異的な給料ですよね。

 

もちろんいきなりではありませんし、一部ですが、人工知能やビッグデータ関連は基本的に給料が高いです。

 

平均年収が、20台前半で500万円を超えていて、平均570万円というデータもあります。

 

あと、私が働くIT企業に居るAIエンジニアは、40代後半でだいたい1400万円くらい、30代半ばで1200万円くらいです。

 

普通の仕事というか、会社員の平均から見てもかなり高い水準と言えると思います。

 

とはいえ、AIエンジニアとかデータサイエンティストって、難しすぎて凡人には無理、エリートじゃないとやっていけない、みたいなイメージあると思います。

 

しかし、未経験からAIエンジニアを目指せるサービスがあります。お金はかかりますが、補助金が出るので、サービス受講後に申請すれば、最大7割くらい戻ってきます。

 

だいたい受講生の8割くらいがAIってナニから始めるようなサービスなので、検討してみてください。

 

AIエンジニアとしての転職も支援してくれますから、一度、覗いてみる価値はあると思いますよ。

 

無料で相談会をやっていますから、まずは肌で感じてみて、そこからどうするか考えてみるのが良いと思います。

 

AIジョブカレの無料説明会はこちら

 

 

AIエンジニアに文系でもなれるのか?現役IT企業勤務の私が解説 こういった疑問にお答えします。 AIエンジニアは市場価値は高いし将来性もあるから目指したくなりますよね。 ...

 

 

副業を始める

転職やキャリアチェンジの勇気はちょっとないな・・・・ということであれば、副業を始めるという手もあります。

 

これも、ネットで副業って調べてみるとかなりヒットします。

 

スキルを売る(例:ココナラ)

 

モノを売る(例:メルカリ)

 

ブログで稼ぐ

 

投資

 

パッと浮かぶものでも上記の通りです。

 

あなたに合ったものをとりあえずやってみるというのが良いでしょう。

 

だだし、片手間でチャチャっとやって稼げるものではないのでその点が注意です。

 

じゃないと、誰でも簡単にサクサク稼げるなんてありえないですからね。

 

 

 

給料が安すぎるのが辛くて嫌になる原因

今の会社の平均給料が低い

そもそもというか、当たり前かもですが、今の会社の給料が低いことが、あなたの給料が安すぎる問題につながっている可能性が高いです。

 

平均して給料が低いのに、給料がグンと上がったりするなどあり得ません。

 

また、昇給とか昇格しても、跳ね上がるということはありません。

 

給料が安すぎると嘆いていても、そもそもあなたに給料を出している会社そのものが平均的に薄給ならば、何をどうあがいても給料は上がりません。

 

 

今の会社の利益率が低い

次にあり得るのは、会社の利益率が低いことです。

 

利益が低いのに、社員の給料はめっちゃ高いということは、なかなか無いです。

 

会社の製品やサービスがビジネスとして利益を稼ぎにくいものなど、色々厳しいものもありますが、会社として利益を上げれていない以上、どうしても給料は低くなりがちです。

 

シンプルに言えば、儲からない仕事で高い給料はもらえないということです。

 

 

仕事の付加価値が低い(誰でも出来る仕事)

あなたの仕事が、付加価値が無い、言い換えると、誰でも簡単にできる仕事ならば、それは給料が安い原因のひとつです。

 

悪い言い方をすると、誰でも3日くらいで出来るようになるバイトのような仕事であれば、それは給料が安すぎると言っても仕方ありません。

 

例えば毎日何も考えずに、言われたことだけやっているとか、外回りはテキトーに回って御用聞き営業しているとか。

 

それで定時まで待って定時になったら「今日も疲れたぜ」と言いながらサクサク帰っているような感じだと、給料は安くて当然と言えます。

 

逆に言えば、給料が高い人は、同じ定時退社でも、働いている間は猛烈に考え、給料以上の価値を会社にもたらすような働きをしています。

 

 

給料を上げる為に注意すべきこと

どのくらい上がったら満足なのか明確にする

ただ単に給料が安すぎるから上げたいというのではなく、どの程度上がったら良いのか、どの程度上げたいのかなどを明確にしておく必要があります。

 

例えば転職によって給料が上がって、その額があなた的に、満足いく額だったとしても、実は平均とか業界から見ればまだまだ低い給料だったりします。

 

つまりあなたの中での指針だけだと損をする可能性があるという訳です。

 

具体的に言えば、例えば今の年収が300万円くらいだったと仮定しますと、400万円になっただけでもだいぶと増える印象ですよね。

 

ですが、実際あなたのスキル等から見て、500万円くらいもらっても妥当となると、100万円損していることになります。

 

このあたりの線引きは難しいですが、ひとつの指標として、世代別の平均年収は少なくとも上回るというのを目指しても良いでしょう。

 

あるいは、その基準の3割増しとか2割増しとかで試算してもOKです。

 

あとは転職サイト等で簡易計算できる市場価値をもとに決めるとかですかね。

 

スカウトを待つなんてのもアリです。

 

リクナビNEXTのスカウト機能は私も使いましたし、やはり求人数が多いため、スカウト届く率も高いです。

 

色々手を尽くして、損しない給料の上げ方を模索しましょう。

 



 

給料と仕事の大変さは、ほぼ比例

全てではありませんが、給料の高さと仕事の大変さは、ほぼ比例関係にあります。

 

高い給料をもらっている人は、猛烈に働いているか、定時時間の集中がスゴイとか、確実に成果を上げているとかです。

 

机に座ってスマホ触ったり、ネットサーフィンしたり、取り合えず外回り行って帰ってきました、ていう感じではありません。

 

例えば総合商社なんて年収1500万円超えとかありますが、1年の半分は出張で日本に居ないとか、深夜に海外とテレカンとか、なかなかモーレツな感じです。

 

シンプルに考えて、給料以上の成果を生みだす必要があります。

 

もっと厳密に言えば、会社はあなたを雇用するために、給料とほぼ同額の管理費を必要としますから、給料の2倍以上の成果を生み出す必要があるということです。

 

給料が増える分、生み出さないといけない成果が増えていくわけですから、大変になるのはあるいみ当然と言えます。

 

この点は頭に置いておきましょう。

 

 

まとめ:給料が安すぎるなら転職orキャリアチェンジで給料上げよう

まとめますと、給料が安すぎて上げたいのであれば、今の会社に居続けて昇給とか昇格しても、たいして増えないですから、転職か、給料の高い職種に就くキャリアチェンジで、給料を上げましょう。

 

給料を上げるには、給料の良い会社とか、利益率の高い会社に行くことをお勧めします。

 

もう一つは、少々時間は要しますが、AIエンジニアのような、給料の高い職種になるためにスキル獲得をして、その職種に就くことです。

 

いずれにしてもあなたの決断で行動すれば、給料上がる道は拓けますので、ぜひ行動してみてください。