仕事

営業職が辛いと感じている場合の対処法[違う方向を目指しましょう]

営業職が辛い・・・辞めたいけど転職活動しても営業の仕事ばかりっぽいし、何か良い方法は無いのだろうか・・・

 

こういったお悩みにお答えしたいと思います。

 

営業の仕事って、おそらく好きな人は居ないと思います。

 

ノルマはもちろん、社内だけでなく顧客とも人間関係に気を遣うとか、売り込みされるの嫌なのにやらないといけないとか、数えたらキリがないですね(笑)

 

おまけに楽しいって思えることとか、やりがい感じる瞬間って、ネットで良く見ますが実態はほぼ皆無ですし、充実感を得る事ってあまりないんですよね。

 

この記事では、営業職が辛いと思っているあなたに、営業職から抜け出す方法をお伝えします。

 

転職もひとつですが、キャリアチェンジという手段があるのを知ってもらえると嬉しいです。

 

 

営業職が辛いから辞めたい

若いなら未経験で別の職種就く

営業職が辛いなと思っているあなたが20代ならば、別の職種に就くのが良いです。

 

世の中、営業の仕事だけではないです。むしろ営業の仕事なんて全体のほんのわずかで、それ以外にも山ほど職種はあります。

 

20代ならばまだ未経験の仕事でも全然やっていけます。30歳超えると、結構キツイというか、特に転職市場だと、全くの未経験では採用に難色を示す場合があります。

 

実際私の会社でも、中途採用は結構募集していますが、全くの未経験とか異業種からというのは、優秀でも採用見送りのケースが多いですね。

 

やはり30歳を超えて全く新しい事で即戦力というようにはならないからですね。

 

あなたの会社にも営業部門以外の部門っていっぱいありますよね。

 

もちろん、法務部とか経理部みたいな専門知識が無いと厳しい部署は難しいかもですが、それ以外ならば別に特段資格とか要りません。

 

もしかすると経理はいけるかもです。私の会社の経理部長は簿記の資格持っていません。

 

資格が無いだけで、それ相当の知識があるのかもですが。

 

まずは違う職種で仕事をすることを選択肢として持ってみましょう。

 

 

自力で行動してキャリアチェンジ

正直、営業職が辛いと言って、嘆いているだけでは、そのままで何も変わりません。

 

自ら行動を起こしていかないと、その状況は変えれません。

 

ぶつぶつ文句を言っているだけでは「そうか、キミ、営業が辛いのか。じゃあ一緒に今後の事を考えよう」なんて言ってくれる会社の人は居ません。

 

間違いなく居ません。

 

だって、黙っているというか誰にも言わないのにただ辛いと悩むだけでそれをテレパシーのように感じ取ってくれるはずはありませんよね。

 

また、一番愚痴というか、相談しやすいのは同期とか同僚と思いますが、彼らに言ったところで、何の権力も無いですから、現状は変わりません。

 

営業職が辛いから嫌だ、他の仕事をしたいということをもっと積極的に発信しないと、そもそも現状を変える1歩になりません。

 

 

辛いから逃げるのは悪ではなく英断

とはいえ、今の仕事が辛いから嫌だって言うのは、社会人になるととてもいいにくいですよね。

 

が、そこから逃げるというか、辛いから嫌だという点で、行動を起こして別の職種とか仕事に就こうとする行動は、英断と言っていいです。

 

ハッキリ言って、周囲とか上司からは、かなり冷たい目で見られたり非難されたりする可能性もあります。

 

ですが、あなたはあと何十年もその辛い仕事をやり続ける可能性がある訳です。

 

そんな会社員人生、楽しいというか、遣り甲斐感じるでしょうか?

 

ならば、少しでも興味がわくものとか、辛さを感じない仕事をすべきです。

 

私もそうでしたが、辛い事、しんどいことを我慢してこそ働く価値がある、給料をもらう価値があるというようなマインドを20代のころ持っていました。

 

でも、それって今考えれば意味不明で、完全に洗脳されているんじゃないかくらいの、全もってロジカルではないマインドじゃないですかね。

 

確かにシンドイことはあります。しかし、好きでも無く興味も無い事に対して辛くシンドイ思いをするのは、出来る限り避けるべきです。

 

極論ですが、幸せとは何か、です。

 

仕事一筋で人生終わっていくのか、プライベート含めて充実しているのか、どっちがあなたにとって幸福度が高いかどうかです。

 

他人の価値観、意見、非難は無視して、あなたの価値観で判断しましょう。

 

ちなみに私も転職という手段で、何度か辛い状況から逃げることをしましたが、以下の基準で決めました。誰に相談するでもなく、最終的には自分にとっての幸せをつかむためです。

 

【最初の転職】

休みはあるし高給だけど平日激務でノルマ厳しい。

→自分のための時間を確保すべく給料半分になるけど辞めてノルマの無い仕事。

 

【2回目の転職】

外から見たら超優良安泰企業だけどパワハラあり。社員を駒扱い。

→会社に人生を左右されたくないのでもっと自由な会社で働くために辞める。

 

こんな感じです。

 

特に最初の会社なんて、友達の何倍も給料もらっていて休みもまだある方でしたが、それでも私の幸福度として高いものではなく、将来の事とか目指す人生において、仕事が大きな障壁になりそうでした。

 

2回目の転職も、普通に考えたらやめる選択肢など存在しない感じの企業で福利厚生も抜群でしたが、パワハラの社風もあり、辞めました。

 

こんな感じで、私の判断基準は普通に考えたらオカシイですが、私としては極めて合理的な判断をしています。

 

他人の意見はどうでもよいので、あなた自身の基準でOKです。

 

 

営業ではない別の職種に就く方法

異動願いを出す

別の職種に就く方法として最初にできることは、今の会社において、異動願いや異動希望を出しましょう。

 

とにかく最初の1歩目は、今の営業の仕事から離れたいという意思を明確にすることです。

 

この記事の最初の方で、「営業が辛い、シンドイ」と思うだけだったり同僚とかに愚痴ったりしても意味が無くて、それを明確に発信することが重要とお伝えしましたよね。

 

まさにそれです。

 

異動願いとか異動希望とかが、たまにしか出せないとかであれば、まずは上司に相談です。

 

その上で、人事部門に話を持ち込みましょう。

 

上司としては、あなたは、営業の仕事が辛いとは言え貴重な戦力ですから、なかなか重い腰を上げない可能性があります。

 

あなたがもし異動したら誰がその穴を埋めるのかという問題もあるでしょう。

 

しかし人事まで話を持っていくと、具体的に動き始める可能性が高まります。

 

この時、よく、今の仕事が嫌だとかではなく前向きなことを言おう見たいな情報もありますが、それは得に考えなくて良いです。

 

普通に考えて、異動したいというのは、今の仕事が嫌ということだからです。

 

また、やったことない仕事に対して、遣り甲斐ありそうとか、取り組んでみたいとかいったところで上っ面の言葉でしかありませんよね。

 

仕事が辛いから異動したいと思ったら、悩まず行動を起こしましょう。 こういったお悩みにお答えしていきたいと思います。 ここでは、仕事が辛くて異動したいなと思った時のアドバイス...

 

 

転職で未経験でも応募しまくる

転職エージェントに相談すれば、未経験の職種とかでも応募しまくれますし、採用の可能性も十分ありえます。

 

また、こういう仕事はどうか?ということで、あなたの経歴とかから考えられる新たな仕事を紹介してくれることもあります。

 

未経験だし・・・と言って尻込みしたり、最初から無理だと言ってエントリーしないのは自分から可能性を潰していることになります。

 

異業種だろうが、異職種だろうが、実際エントリーしてみないと何も始まりません。また、採用されるかどうかなんてある意味運もありますから、数を打たないと、無理です。

 

1社とか2社くらいエントリーして内定もらえましたなんていう確率は非常にまれです。

 

とにかくエージェントに色々紹介してもらってエントリーしてみましょう。

 

そのためにも複数のエージェントを活用して求人紹介を依頼するのが良いです。時々特定のエージェントしか扱っていない求人とかもありますからね。

 

メジャーところ2つか3つくらいに登録して情報を集めれば、大丈夫です。多すぎると今度は管理しきれないというか、次々に連絡が来てそれはそれで大変になります。

 

実際に利用した転職エージェント【迷ったら全部活用してみる】ネットで転職エージェントって検索すると、めちゃたくさん出てきます。 比較サイトもたくさんありますが、評価がマチマチで何が正...

 

 

スキル獲得や資格取得

全く違う仕事に就く事も、営業が辛いという状況から抜け出す一つの手段です。

 

手に職という感じです。

 

しかし、手に職というと、難関資格とか専門学校通って死ぬほど勉強して・・・という大変なイメージがあると思います。

 

確かに、例えば会計士とか弁護士とか言ういわゆる士業は大変です。

 

でも、そこまで難しくないというか、仕事しながら獲得できるスキルで、かつ、20代ならば全くの無料というのがあります。

 

そのひとつがプログラミングです。

 

私もIT企業にいて、気持ちの余裕ができたので実際プログラミングを学び始めてから知ったのですが、20代ならば、プログラミングに関する基礎から、全く未経験であっても無料で学べます。

 

おまけに、転職支援までついています。

 

士業ほど難しい資格もありませんし、IT企業で腕を磨けば、そのままエンジニアとして食べていけますし、やり方によっては独立したりも可能です。

 

プログラミングって何?ITエンジニアって何やるの?からでも始めれますし、無料で学べるスクールは多くが未経験者からスタートしています。

 

体験会や無料カウンセリングをやっていますから、営業が辛いなシンドイなと思っているのでしたら、違う道ということで、一度プログラミングの門をたたいてみてはどうでしょうか?

 

以下が、体験会やカウンセリングが無料で、もしその後興味をもって学ぼうとなっても、20代なら無料のプログラミングスクールになります。

 

無料のGEEK JOBを現役IT企業勤務の私が解説[やや追い込み型]完全無料のITスキル習得&就職支援サービスのGEEK JOBについて、現役IT企業勤務の目線から解説していきます。 結論、...

 

[コスパ最強のキャリアチェンジ]完全無料のプログラマカレッジ人生を変えたい、このままの仕事や職種を将来も続けたくはないというあなたに対し、私からはIT業界やITエンジニアへのキャリアチェンジという...

 

 

営業職を楽しめるようにというのは無理

ネットとかでも、営業職を楽しむとか、醍醐味をまだ知らないとか色々情報がありますが、ぶっちゃけ、それをやったところで辛いのは辛いで変わりません。

 

確かに一時的に遣り甲斐とか感じるでしょうけれども、根本的な仕事に対する拒否反応があるため、いくらスゴイ経験をしても、あまり営業職に対する価値観とか見方は変わりません。

 

事実、私は、営業をやっていて、楽しいなとか、遣り甲斐を感じた事は皆無です。ネットにある営業を楽しむ方法とか醍醐味を味わう方法とか、ありとあらゆることを試しました。

 

それでも、楽しむとか醍醐味とかは感じませんでしたし、よく言われる、顧客から感謝されるとか、そういったのもありません。

 

むしろ、売上を上げていくことにフォーカスする必要があるために、マインドを売上にシフトさせざるを得ない事になり、For the Costomerの視点は失われつつありました。

 

営業という仕事は、ハッキリ言ってきれい事だけでは無理な、泥臭く時に腹黒い仕事です。そうでもないとやってられないかもですね。

 

いずれにしても、営業の仕事が辛いなと思っているのでしたら、そう思わないようになるのは非常に難しいです。

 

かなりのマインドチェンジをしても難しいので、割り切って営業の仕事するか、方向展開するか、かと思います。

 

 

まとめ:営業職が辛いならば別の道を模索しよう

最後にまとめですが、営業職が辛いということでしたら、別の道を模索したほうが良いです。

 

辛いことをずっと続けるのは大変ですし、幸福度の観点からも良くないです。

 

異動願いを出したり、場合によっては転職したりと、方法はいろいろあります。

 

重要なのは、周囲の意見とか周囲の目を気にせず、あなたが行動を起こし、辛い今の仕事から抜け出す努力をすることです。

 

黙っていては、誰も何もしてくれません。

 

言い出しにくいのでしたら、思い切って転職するか、スキルや資格で別の仕事を見つけましょう。

 

辛いことから逃れるのは、仕事だとなんだか甘えみたいに感じるかもですが、そういう他人の意見とあなたの思い込みは無視しましょう。

 

あと数十年ツライ思いをするか、少しだけツライ思いをしてあと数十年楽しく生きるか、どちらを選ぶかは、難しい判断ではないと思います。

 

ちょっと勇気出して、辛い事から抜け出しましょう。