その他IT

SIerに文系で入社できる?現役SIer営業マンが解説(新卒編)

SIerというと、情報工学とか情報XXXとか何となく理系なイメージしますよね。

 

SIerの業務内容にもよりますが、それだけではなく、力学とか物理学とかを学んでいる人がエンジニアとして入社するイメージがあるかもしれません。

 

文系はちょっと不利なのか。。。と思うかもですが、結論から言いますと、新卒の場合は文系だろうが理系だろうが全く問題無いです。

 

気にせずエントリーすれば良いです。

 

SIerに文系で入社は、全然問題無くできます

文系が就く(向いている)仕事もある

SIerだけではないですが、文系出身の人が就く仕事もあります。

 

SIerというとエンジニア主体みたいなイメージありますが、他の企業と一緒で、営業とか企画とかもあります。

 

また、人事や経理などの間接部門と呼ばれるところもあります。

 

文系理系は正直関係ないと思いますので、気にしなくて良いです。

 

 

文系でもエンジニア配属がある

実際SIerで勤務していて見ている実態としては、文系出身の新卒社員が、エンジニアとして配属されるケースはあります。

 

文学部出身でエンジニアしている人も居ます。

 

どういう理由でそうなったのかはわかりませんが、希望職種とかでエンジニア希望にすれば、なれるかもしれません。

 

会社としては、育成プログラムを用意しているので、全く未経験でもエンジニアとして成長できます。

 

逆に理系なのにエンジニアじゃないということもある

文系だけどエンジニアの逆というと変かもしれませんが、理系なのに営業とか人事とかいうケースもあります。

 

私の上司も営業の所属ですが、出身は工学系の部署です。

 

バリバリの理系ですね。

 

新卒入社後の配属で、営業部門に配属となっています。

 

あまり文系とか理系とか関係ないですね。会社は、適正とか人柄とかを色々と見た上で、配属を決めることもあります。

 

そのため、文系ならSIerはどうなのか、とかは一切気にする必要は無いですね。

 

 

SIerに文系が敬遠されがちな理由

エンジニア=理系という固定概念

SIerで働くエンジニアは、理系というか、数学とか統計とか物理とかそういった知識などが求められるような考えがあるのではないでしょうか?

 

でもそれは言ってみれば固定概念ですね。

 

何故なら、他の業界では、エンジニア=理系が結構主流だからです。

 

実際、私が2社目に仕事をしたインフラ系のメーカーでは、エンジニアは、大半というかほぼ全員が、理系の学部出身です。

 

仕事上、大前提として求められる最低限の知識があるからですね。逆に言えば、専門知識を学んでいないと仕事にならないのです。

 

こういった、他業界におけるエンジニアの流れが、SIerにも当てはまるということになるのでしょう。

 

 

そもそもSIerって何?感がある

そもそもSIerって何?という状態かなとも思います。

 

実際私も新卒で就活しているときに、SIerって、正直、聞いたこともありませんでしたし知りもしませんでした。

 

そのため、当然エントリーもしていないし、業界研究とか企業研究とかもしてません。

 

あまり普段の生活で触れることが無いというか、SIerが作ったシステムだ、っていうこと自体を知らないんだと思います。

 

でもそれは仕方なくて、BtoBのビジネスが多いので、Customerのあなたは知らないのは言ってみれば普通です。

 

スマホのアプリとか、楽天とかAmazonとか、普段の生活で使っている仕組みは、ウェブ系などと言われ、SIerとは一線を画しています。

 

SIerで普段触れるものといえば、例えばATMのシステムとか、ネットバンキングのシステムとかですかね。あと、最近だと良く聞くサブスク関連ですかね。

 

あのサブスクの仕組みとかはSIerが作ってます。

 

このように、SIerというと、そもそも何?となってしまうことも、文系の人たちが敬遠する一つの要因ですね。

 

 

そもそもSIerに関することを学ばないことが多い

一般教養とかでも、SIerに関することを学ぶ機会が少ないです。

 

前に述べた、そもそもSIerの事を知らないという件にも関係してきますが、情報処理とか統計とかコンピュータサイエンスとかに触れる機会が無いですよね。

 

実際にプログラミングををやってみるというようなことも無いでしょう。

 

理系の学生とか、コンピュータ関連やSIerに関することをガチで学んでいると触れますが、文系は特に触れる機会が少ないです。

 

むしろ皆無に等しいでしょう。

 

SIerを敬遠するというか、そもそもSIerという業界や仕事内容の一部にさえ触れる機会が無い為、存在すら知らないという可能性もあります。

 

 

文系でSIerは逆に狙い目

このように、文系でSIerというのは、なかなか遠い存在になっている可能性があります。

 

事実、上記の通り、私も知りませんでしたし、もっと言えば、転職活動していて今の会社にエントリーするまで、SIerの存在知りませんでしたから。

 

となると、逆張りをすれば、文系出身ならば、SIerというのは狙い目という言い方も出きます。

 

他の業界ではエンジニアなどの技術職は理系やその他専門分野の知識を持つ人たちで埋め尽くされてます。

 

しかし、SIerは、エンジニアであっても文系出身者を登用して育成したりします。

 

他の仕事と同じで、営業や経理、人事、企画などの部署も当然あります。

 

そもそもSIerという存在を知る機会が少ない分、他の会社でも存在する部署のことを考えることも無く他業界に目を向けてしまいます。

 

なので、穴場なのです。

 

 

まとめ:SIerには文系でも入社できる

まとめますと、SIerには文系でも入社出来ます。

 

他の業界でも同じですが、文系出身の人が就く職種というのは必ずあります。

 

SIerというと、システムを作る会社ということで、バリバリ理系な人が活躍するイメージがありそうですし、営業とかでも、そのシステムの事を分かっていないと出来ないみたいなイメージがあるかもしれません。

 

でも、そこまでではなく、仕事の分担が明確化されているので、文系の人だと分かりにくい、理解できないシステムのことであっても、そこはエンジニアがフォローしてくれたりします。

 

ぶっちゃけ、どの業界でも、自社の製品やサービスの事を完璧に把握していて、1人で何もかも出来るということはありません。

 

また、エンジニア職であっても、文系から育成となることもあります。

 

いずれにしても文系であってもSIerに入れる機会はありますし、明確な理由もあります。

 

臆することなく、狙っていきましょう。