その他IT

SIerってプログラミング出来ないの?【実態をリアルにお伝え】

プログラミングを仕事にしたいんだけど、SIerってプログラミング出来ないって聞くけどそうなのか?

 

だとしたら、選択肢から外さないといけないけど、システム作るんだからゴリゴリにプログラミングすると思うんだけどな。実態が知りたいけど情報無いな・・・。

 

そんなお悩みにお答えしたいと思います。

 

私は現役でSIerで仕事をしておりますので、内部に居ないと分からないリアルな実態をお伝えします。

 

結論から言いますと、SIerでプログラミング出来ないというのは、半分正しく半分間違いです。

 

解説していきます。あなたの不安が少しでも解消されればと思います。

 

 

SIerではプログラミング出来ないのか?

新卒や第二新卒入社なら出来る可能性が高い

新卒や第二新卒で入社するなら、SIerでプログラミングが出来る可能性は高いです。

 

新卒や第二新卒だと、SIerの仕事をイチから学ぶ為、プログラミングの機会もあります。

 

例えば私の会社では研修でプログラミングをする課題もあったりするので、プログラミングが出来ます。

 

また、実際の仕事においては、プロジェクトメンバーとして、必要なプログラムを作成するなどの作業が仕事になります。これは正にプログラミングです。

 

会社や人によってはコーディングという言い方もしますが、意味は同じです。

 

SIerは、本来はプログラミング自体はパートナー企業に依頼することが多いですが、新卒や第二新卒は、将来プロジェクトマネージャーとして仕事をする為に、プログラミング事態を学びます。

 

そうしないと、今後プロジェクトマネージャーを務めるときに、システム開発の内容に対してどのくらいの工数が必要なのか、また、妥当なのかを見積ることが出来ません。

 

 

中途入社すると、あまりプログラミングの機会は無い

新卒や第二新卒に比べ、中途採用は、プログラミングの機会はほぼ無いです。

 

即戦力としての成果を求められますから、新卒や第二新卒のようなイチからの仕事を学ぶようなことはしないため、プログラミングの機会も減ります。

 

中途入社となると、プログラマーとしてよりも、プロジェクトマネージャーとしての仕事が中心になります。

 

その場合、実際にコードを書くなどのプログラムの作業は、上記でもお伝えした通り、パートナー企業に依頼するからです。

 

仮にあまりシステム開発等の経験が無い中で中途入社したとしても、プログラミングの機会は無く、その場合、システム開発におけるプログラミングの工数が妥当なのかは、自力で学習するしかないです。

 

過去の実績をもとに、判断するしかないので、ちょっと大変かもですね。

 

ただ、後半で少し例を挙げていますが、要素開発的な内容を研究するような部署に行ければ、SIerに中途入社であってもプログラミングが出来る場合もあります。

 

パートナーに依頼出来る内容が無いからですね。自社内でクローズでやらないといけないケースもあります。

 

そういった場合は、SIerの中で、要件定義からプログラミングまで行います。

 

ただ、人数が少ない上にあまり募集していないかもなので、求人として見つけるのは難しいです。

 

 

プログラミングを仕事にするなら

プログラミングを仕事にするなら、新卒や第二新卒ならSIerでもOKです。

 

中途入社なら、正直、SIerはプログラミングを仕事とする場合はあまりお勧めできません。

 

SIer寄りなら、ベンチャーのIT関連企業や、大手のパートナー企業等がプログラミングの狙い目と思います。

 

また、SIerではなくWeb系の会社もターゲットとして良いです。

 

SIerは上記の通り、あまりプログラミング出来る機会が少ないですし、キャリアと言うか、昇格していくにも、プロジェクトマネージャーを務められるようにならないといけません。

 

すなわち、キャリアアップする為にはプログラミングから離れることになるのです。

 

まあでも、何処もそうかもしれませんね。

 

管理職になればなるほど現場から離れていく感じです。

 

ひたすらプログラミングの腕を磨くという感じでしたら、フリーランスで食っていくというのも手段の一つではあると思います。

 

後の例でもご紹介しますが、SIerのプロジェクトにフリーランスの方に、プロジェクトの一員として入ってもらっているものもありますで。

 

 

SIerのプログラミングの実態を実例をもとに紹介

では、SIerでのシステム開発等におけるプログラミングの実態をご紹介しましょう。どれも私が担当している、あるいは担当していたものです

例1:基幹システムの開発プロジェクト

とある企業での基幹システムの開発プロジェクトです。

 

多くは無いですが、ベースとなるパッケージソフトに、アドオン開発を行います。

 

その時の体制は、いわゆる要件定義を社員が行い、要件定義に基づくコーディングすなわちプログラミングをパートナー企業に依頼します。

 

正確に言うと、パートナー企業からSIerに対してプロジェクトの一員と言う形で入ってもらい、SIerの社員として働くのです。

 

SESに近いですかね。

 

一部のコーディングはSIerの社員も行いますが、大半はパートナー企業に依頼します。

 

もちろんその品質とか動作検証とかは、SIerが責任もってやります。

 

 

例2:CRMシステムの開発プロジェクト

これも基幹システムと言えば基幹システムですが、CRM関連システムの開発プロジェクトの例をご紹介します。

 

これはハッキリした仕事の別れ方をしていまして、SIerの社員はほぼ一切プログラミングをしません。

 

プロジェクトチームに入っているパートナ―企業の方や、フリーランスの方へ依頼し、それをチェックするものです。

 

当然、主たる仕事はプロジェクトマネージャーとして、進捗や課題・問題を管理し、対処していくものですが、プログラミングの内容チェックもします。

 

ちなみにですが、この時は、プロジェクトチームは6名くらいだったのですが、SIerの社員は1人であとはパートナーやフリーランスでした。

 

なかなか斬新なチーム編成でした。

 

 

例3:人工知能開発プロジェクト

これは逆に、SIerだけのプロジェクトチームで、パートナー企業はいません。

 

あまり多くのエンジニアやプログラマが必要なかったこともありますが、要素開発と言うか、かなり基礎的な事だったので、研究的要素が強めのプロジェクトでした。

 

なので、パートナーに依頼出来る内容が非常に少なかったことと、ノウハウ的なものも一緒に開発していくような感じでした。

 

こういった、要素開発や研究的なプロジェクトは、SIerに入ってもプログラミングが出来る内容の一つですね。

 

 

まとめ:SIerでプログラミングは出来ない訳ではない

まとめますと、SIerでプログラミングは、出来ない訳ではないです。

 

新卒や第二新卒で入社すれば出来ますし、後は、研究部門のような部署に行ければ中途入社でもプログラミングの機会があります。

 

しかし、エンジニアとして即戦力を期待される中途入社の場合は、プロジェクトマネジメントに手腕を発揮することが求められるので、プログラミングの機会は少ないです。

 

プログラミングを職としてメシを食っていくなら、SIerもナシではないですが、SIerのパートナー企業的なところや、Web系のIT企業の方がプログラミングの機会は増えます。

 

あるいは、腕一本で食っていくフリーランスとして、SIerのプロジェクトに参画するというのも手段です。

 

もちろん、フリーランスとしてWeb系IT企業に参画するのもアリです。

 

SIerだと、どちらかと言うと、キャリアアップしていくにつれてプログラミングから離れていきますので、その点を考慮して、働く会社や働き方・スタイルを決めるのが良いです。