営業を辞める

営業辞めたい瞬間を営業歴15年の私が選んでみた[共感づくり]

営業辞めたいと思う瞬間はいくつもあると思います。

 

でも、こんなことで嫌になったり、辞めたいって思うのは良くないのだろうかって思うこともあるでしょう。

 

結論、問題ありません。あなたの意志というか、考えがそうさせているのですから。

 

私も営業辞めたい派であり、今後営業として長くやっていくのはリスクだと思っている派でもあります。

 

実際に営業辞めたいシチュエーションをお伝えすることで、仲間意識ではありませんが、共通の問題意識を持ってもらえるのかなと思い、本記事を書いてみました。

 

完全息抜きと言うか、「ですよねー」感を持ってもらうことが目的です。

 

気軽にお読み下さい。

 

 営業辞めたいと思う瞬間

なんとなく

理由は無い、理由はつけれない、だけどなんとなく、とかです。

 

あるいは感覚的なものですかね。説明が難しいので直感とでも言いますか。

 

おそらく一番多くないですか?かつ、それでいて、最も抽象的にで説明が難しい(できない)瞬間です。

 

うーん、なんとなくだけど営業やりたくないな、嫌だな、辞めたいな、性に合わないな。

 

これは、データ取ったことなどもちろんないですが最多得票じゃないかなと。

 

本能が、営業を嫌がっているという感じですかね。

 

私もこれが一番大きいです。

 

ノルマ達成できずに詰められるとき

ノルマ未達だけならまだよいですが、それで詰められたりするともうすぐにでも辞めたくなりますよね。

 

 

詰めたところで未達は変わらないのに、です。

 

来月どうやって達成するんだ!

 

死ぬ気で巻き返せ!

 

どうやって挽回するんだ!

 

もはやパワハラですね。そして詰めとかじゃなく激詰めですね。

 

営業は数字=売上が全てですので、こんな感じになります。

 

しかし、営業の売上なんてハッキリいって水物ですし、達成できるか出来ないかなんてある意味運と言うか、世の中の景気、得意先の当たりはずれによるところが大きいです。

 

営業ノルマを楽に達成するテクニック[誤魔化すことです] 営業のノルマ、いつもシンドイなあ・・・。楽に達成する方法って無いのかな? 未達になると査定とか昇給にも影響したりす...

 

仕事なんて適当でいい[ただのお金を稼ぐ手段です(悪気はない)]仕事って、給料をもらうかわりに身を粉にして働くとか、家族やプライベートを犠牲にして何よりも優先するみたいな風潮があるのはあなたも知ってい...

 

 

売れればいいという思想の押し付け

顧客を無視して、「売れればいい」という思想を押し付けられるのも、辞めたくなる瞬間じゃないですかね。

 

正直、私も今はこのスタンスでいてしまって、しかもそれに慣れているので反省なのですが、別になんでもいいから売れればそれでよいという考えを押し付けられるのは、辞めたくなる要因の一つです。

 

私も新卒で営業として配属されたとき、何か顧客の役に立つとか、親身に相談に乗るとか、寄り添う感じでやっていきたいと思っていました。

 

しかしふたを開けてみると、

 

つべこべ言わずに売ってこい!(# ゚Д゚)

顧客の役に立つかどうかとか、親身に相談とかぬるい事言ってんじゃねえぞバカヤロー!(# ゚Д゚)(# ゚Д゚)

 

みたいな感じでした。

 

法人営業と言って、ある意味自分の財布が痛まない人たちが顧客だったのでまだ気持ち楽でしたが、不動産営業の知人はかなり病んでましたね。

 

家なんて一生に一回の買い物なのに、現場では「売って売って売りまくれ」みたいな感じで顧客ファーストの視点がないと。

 

思い描いた営業の姿とはかけ離れたものでした。

 

 

クレームやトラブル発生のとき

未だに腹落ちというか、営業の仕事として理解できないのですが、クレームやトラブル発生の際です。

 

クレームやトラブルの時って、どんな事、例えばプロジェクトメンバーで技術部門の担当がミスっても、営業が頭を下げてお詫びするというのが、どうにも納得できないのです。

 

それって管理職とか責任者の仕事じゃないの?と思うのですが、担当となる営業が先陣を切って頭を下げ、引き連れてきた上司が一緒にお詫びするみたいな、納得できない事をしなくてはなりません。

 

上司も、「担当営業はオマエだから、まずお詫びして、俺が責任者としてお詫びする」みたいな感じです。

 

まあ上司からしてもお詫びにだけ連れ出されるというのはもっと納得できないでしょうが、そこは責任者ですから当然です。

 

こういうのを経験すると、営業として管理職になったら頭下げるだけに連れ出されるとかあるのかーと、将来に向けてかなり萎えてしまいます。

 

そしてなぜか、顧客も「謝れよ、営業!」みたいな感じなんですよね。

 

こういうところから、営業はペコペコしているという風に思われるのでしょう。

 

クレームやトラブルを問題視していない

これは何度か経験したのですが、クレームやトラブルを問題視せず、「やべーなーどうしよっかー」と笑いながら対応策を考えている上司を見たときに、ああ、営業って辞めたいなって思いました。

 

逆に考えてみてください。

 

あなたがクレームしたこと、あなたが受けたトラブルに対する対応策を依頼したら、内部でヘラヘラしながら対応策を練られているのです。

 

まあレアケースだとは思いますが・・・。

 

でもクレームとかトラブルって、すごく悪い言い方をすると、お詫びして、お詫びのレター(偉い人の名義で出す謝罪文書)を出せば、水に流れるのです。

 

不思議です。

 

でもそれを一度でも経験してしまうと、頭下げてスイマセンしたら済む話、と、クレームやトラブルを軽視してしまいます。

 

本当は良くないです。でも慣れてしまうのですよね。なので、クレームやトラブルが起こっても、「やべーなーどうしよっかー」とヘラヘラしながら対策会議みたいになるんですね。

 

このように、クレームヤトラブルを問題視しないで慣れてしまうこと自体が嫌になってしまうのです。

 

二枚舌を使わないといけない

ハッキリ言いまして、営業は二枚舌を使います。これはもう自分で自分が嫌になりますね。

 

仕事で二枚舌だとなんだかプライベートでも二枚舌になってしまうんですよね。イヤになります。

 

例えばよく言われる値引きですね。もう値引きできません、これ以上無理です、簡便してください。

 

実際はかなりまだ値引けます。

 

また、製品のメリットとかデメリットとかで、デメリットをちゃんと伝えないとか、聞かれてないから答えないこととか。

 

やはり最終的に営業としての評価はノルマなので、それを達成するためには二枚でも三枚でも舌を使います。

 

慣れてくるとそれが当たり前になってしまって、「よし、うまく騙せた」みたいな感覚さえ持ってしまいます。

 

正直、私は、うまく騙せたってちょっとニヤついてしまうようになってしまっていて、自分がイヤになることがあります

 

しかし、仕事柄、二枚舌を使わざるを得ないのです。

 

上記の通り、営業というよりは、自分で自分が嫌になりますよね。だから営業辞めたいなって思うのです。

 

アポ取りや売込みをしまくる

営業の仕事と言えば、コレだと思いますが、それはそれで実はイヤですよね。

 

逆の立場で考えたら、仕事中に、アポとかセールスの電話とかメールくるのって、少々うざいですよね。

 

必要な時はこっちから呼ぶから、と言っても、グイグイ行くのが営業の仕事。

 

すなわち嫌われるの覚悟で、ガンガン行かないといけないのです。

 

テレアポしまくったら、9割以上は、断られたり、話も聞かないで電話切られるとかです。

 

何と言うか、煙たがられている感じですね。

 

新卒当初、私もこれがメンタル的につらかったです。自分がされて嫌とか不快なことを毎日毎日やらないといけない。

 

慣れるのに数年かかりました。

 

15年経った今でも正直、あまりやりたくない仕事の一つです。

 

 

接待の実施とその準備

これもまあ嫌になる要素ですね。接待って、タダでうまいもの食べれてお酒飲めてとか思う人は多いでしょうが、全く持ってNoです。

 

接待って、酔わせて色々情報吐き出させたり本音を探ったりという駆け引きの場です。

 

みんなでお酒を交わして仲良くしましょう見たいなのではありません。

 

もう少し言えば、お酒交わして仲良くというのは上層部のみです。

 

担当者は、お酌したり話している情報を後でメモして上司に連絡する為に必死に聞く耳立てているとかです。

 

なので、美味いものであっても味わっている余裕は、時間も気持ちもありません。

 

おまけに段取りとか準備が超大変です。

 

店の手配、料理、好き嫌いの把握、遅くなる際のタクシー手配とか、かなり疲弊します。

 

昭和40年代とか生まれの人は、未だに接待大好きで、何か交渉したりお願いするときは接待するみたいな考えしかなく、部下に、接待を手配しろ!みたいなことがしょっちゅうです。

 

接待自体は間違いではないし、効果もありますが、正直、イチ担当からすれば面倒くさいだけで、何のうれしさも無いです。

 

営業は良い店を知っているべきと言う意味不明な常識

営業はよく飲みに行く、接待もする、だからよい店を知っている、というか知っていて当たり前みたいな意味不明な常識も、営業と言う仕事を嫌になるポイントですね。

 

私は飲みにもいかないし、接待も基本しないので、良い店とか何も知りません。

 

で、前述の接待云々の話が出ると色々聞きます。

 

え?何で営業なのに知らないの?みたいなことをよく言われます。

 

時には、自分で言って雰囲気確かめてこいとか、自分の足で探すのも営業の仕事みたいなことを言われます。

 

ちなみにその時の費用は自腹です。

 

やる訳ないですよね。

 

でもこれをやらされるような仕事も実在します。

 

そういう場合は速攻で辞めた方が良いですね。

 

 

嫌いな人や性に合わない人を避けれない場合がある

これは一概に営業だけとは言い切れませんが、営業には多いと思います。

 

この人は生理的に合わないという人とも接していかねばなりません。

 

特に、大口顧客や得意先の担当者の場合は、どんだけ嫌いな人や合わない人でも必ず接点を持ち続けないといけないので、かなりストレスです。

 

もしそんな人たちと接待ってなったらもう超絶ストレスですよね。でもそこから逃げることは出来なくて、担当なんだから、仕事なんだからやれよって言われて終わりです。

 

かといって、接待のみならずそれ以外でも接することを減らすことは難しいため、ストレスフルな中で色々と仕事をしなくてはなりません。

 

昨今は外部、つまり取引先からもパワハラの認定と言うのも増えていますが、そんな事はどこ吹く風で、ボロクソ言ってくる顧客とか、クレーマーのような顧客もいます。

 

すごく悪い言い方ですが、どうでもいい取引先、つまり取引を打ち切られても別に痛くもなんともない顧客に嫌な客が居れば、それは放置でOKです。

 

実際私も放置しています。

 

しかし、大口の顧客はそうはいきません。何を言われてもニコニコ接して、無理も承知で受けるみたいなことは日常茶飯事です。

 

上層部は現場の苦労を知りませんというか、実際に苦労するのは実務担当なので、どんな事に対しても大口顧客ゆえに、「ハイわかりました!!」となります。

 

 

とりあえず営業に仕事を投げとけ見たいな文化

社内もそうですし顧客もそうですが、何かあったら営業、何でもかんでも営業、とりあえず営業に仕事投げとけっていう良く分からない流れがあります。

 

そのため、良く分からないから営業に話を振るって感じで一方的に仕事を振られて終わりみたいな風になります。

 

さらにそれが顧客からの件だと、「それは営業の仕事ではありません」という感じで断ったとしても、最終的に顧客からは「営業なんだからオマエが対応しろよ」みたいにブーメランで返ってきたりします。

 

断っても結局まわりまわって営業の仕事になってしまうみたいなことは営業あるあるですね。

 

あとそれは営業じゃないだろ?みたいなことも当たり前のように営業に仕事がパスされます。

 

対顧客であれば、何でも営業だみたいなマインドが多くの人にはあるのでしょう。そのため、対顧客に関するものは全てと言っていいほど営業の仕事みたいになります。

 

例えばですが、新しいカタログ送るのですが、送付して良いか悪いかチェックリスト送るので確認してくださいみたいな。

 

言い訳というか営業に話を振る理由としては、「顧客と接しているから送っちゃダメなところがあるかないか確認」とのこと。

 

顧客DBあるし、そこに、カタログ送付NGとかも情報入れてるのに、「それが正しいかどうか確認」みたいなことを言ってきます。だからそんなものマーケティング部門で判断しろよって感じですよね。

 

 

営業辞めたいならば選ぶべき道は大きく2つ

営業辞めたい、このまま長くは続けたくない、と言う場合、選ぶべき道は、転職とキャリアチェンジです。

営業じゃない仕事に転職

最も楽と言うか、あなたに負担が少ないのは、転職によって、営業ではない仕事に就くことです。

 

例えば、マーケティングとか営業企画と言う仕事であれば、本記事で書いているような営業辞めたいと思う瞬間は相当減ります。

 

私も以前営業企画の仕事をしていたときは、営業辞めたい瞬間の出来事はほぼゼロでした。

 

ただ、キャリアアップと言うか年収アップは難しい可能性があります。ゼロではないです。

 

一度、転職エージェントで情報収集してみてください。

 

実際に利用した転職エージェント【迷ったら全部活用してみる】ネットで転職エージェントって検索すると、めちゃたくさん出てきます。 比較サイトもたくさんありますが、評価がマチマチで何が正...

 

転職する気なくても問題ないですし、費用も掛かりませんから。

 

もし、ノルマが厳しいとか、ノルマの存在がイヤだというならば、ノルマ無し営業と言うのも存在します。

 

楽な営業を実体験に基づいてご紹介【ノルマ無しの営業は実在】 楽な営業の仕事なんてあるのかな・・・。営業=ノルマみたいなイメージだから、ノルマに追われる日々は辛いな。 転職サイ...

 

 

キャリアチェンジ

ある意味転職で違う仕事に就くのもキャリアチェンジですが、そういった事に加え、手に職系を考えてみるのも良いと思います。

 

私の経験と実際の仕事の状況からですが、ITエンジニアと言うキャリアもぜひとも検討して頂きたいです。

 

将来性もあるし、営業のようなややこしい面倒くさいストレスフルな事はかなり減ります。

 

リモートも多いしむしろリモートで完結することも多いです。おまけに努力次第では独立してフリーランスなんてのも可能です。

 

20代ならば全くの未経験でもイチから学べて就職まで支援してくれるサービスがあります。

 

もちろん、仕事との相性とか、拒否反応的なものもあるかもしれないので、無理は不要です。

 

が、食わず嫌い的なところもあるかもなので、一度無料説明会で肌感覚を持ってもらってから検討してみてください。

 

GEEK JOB:20代は無料。7割以上が未経験スタート。カリキュラム体験有。

>>GEEK JOBの無料相談を受けてみる

 

ゼロスク:35歳までは無料。

 

 

プログラマカレッジ:30歳までは無料。殆どが未経験。体験入学もあり。

 

まとめ:営業辞めたいと思ったら行動です

まとめますと、営業辞めたいと思う瞬間と言うのは数え切れないほどあります。

 

いくつか私の体験で、「あーそれそれ」みたいなのをピックアップしました。これ以外にもあると思います。

 

重要な事は、それが辞めたいと思う最大の要因と言うか、致命的なものかどうかです。

 

何でもそうですが、パーフェクトに全てにおいて嫌な事はありません、というようなものはありえないです。

 

仕事もそうだし人もそう。

 

ですが、あなたにとって、営業という仕事が嫌で、辞めたいなと思うならば、それは辞める為に何か行動を起こすべきです。

 

得に一番最初に書いている直感的なところや性に合わない的なところは、もやは本能と言ってもいいので、ちょっと将来続けれないなと思うならば、別の道を模索しましょう。

 

転職もありですし、私の経験として、大きく別の道に舵を切りますが、ITエンジニアも選択肢です。

 

辞めることは決してネガティブではないです。いかに辞めた後やその次のことを考えるか、です。

 

自分に正直にいきましょう!

 

辞めるという決断の背景と理由が重要。辞める=悪ではない仕事でも何でもそうですが、「辞める」という事が悪いことみたいなイメージがありますよね? 辞めた人は、継続できないだとか、心...