筋トレ

筋トレを続けるコツは?[結論:優先順位上げて甘えを無くす]

筋トレを続けるコツを知りたい。

 

続けるためのモチベーションとか、筋トレで成果出している人はどういうことをしているのか知りたい。

 

こういった疑問にお答えします。

 

筋トレは、ハッキリ言って楽なことはない上に、結構な期間を続けないと成果が出ませんから、なかなかキツイです。

 

でも続ければ成果が出ます。

 

ジムでバキバキの人も、挫折しそうなことが必ずあったはずです。

 

ここでは筋トレを続けるためのコツやポイントをご紹介していきます。私も実践しており、挫折しそうなときは心が折れるというかやる気が出ないときに応用しているものです。

 

続けるポイントを押さえて、バキバキを目指しましょう。

 

 

筋トレを続けるコツ

1週間で筋トレ日を決める

出来れば1週間のうちで、筋トレする曜日を決めましょう。できるれば時間まで決めれるとベストです。

 

筋トレを継続するためには、「筋トレをする事そのもの」をまず決める必要があります。

 

当たり前すぎて何言ってんだって気にもなると思いますが、これやるとやらないでは大違いですし、気持ちの面で全然違います。

 

筋トレは最も効果の出るタイミングで行う必要があり、それがざっくり2日おき、もしくは3日おき、という感じのスケジュールです。

 

この筋トレ日を決めない事で、起こる現象は以下です。

 

空いている時間に筋トレをやろう

 

これでは簡単に筋トレ日に筋トレできません。

 

空いている時間ってハッキリ定義できませんし、もしその空いている時間に何か仕事が来てしまったらそっちを優先してしまいますよね。

 

筋トレの優先順位を上げるためにも、まずは予定を決めておきましょう。

 

 

 

何とかして予定の日に筋トレする

上記に関係してきますが、仕事や付き合いなどいろいろあると思いますが、何とかして予定通りの日に筋トレやりましょう。

 

正直、1回でも「今日はまあいっか」と思って、予定を変更してしまったりすると、そのあとは惰性的に、「まあいっか」が増えていきます。

 

これは続けれない典型ですね。

 

人間、1回でも楽をするとか、習慣化を妨げる行為があると、それ以降、「まあいっか」に対する罪悪感というか、予定を覆すことに対して抵抗がなくなってしまいます。

 

 

仕事のみならず家庭の事情とか体調とかもあると思います。

 

なので、非常に大変ですが、なんとかして予定通り筋トレしましょう。

 

最初は大変ですがここを何とか乗り切るというか、予定通り筋トレすることを徹底しましょう。

 

 

 

成果を信じて愚直に筋トレする

筋トレは継続することで成果出ます。

 

なのでそれを信じて愚直に筋トレに励むことがポイントです。

 

筋トレは、ハッキリ言って、なかなか効果が出ません。

 

特に自分で自分の体を見ていても、ハッキリした効果は見て取れません。

 

あなたは自分の体は風呂とかで毎日見ていますから、ほんのわずかずつしか変化しないのを手に取るように変化を感じれることがありません。

 

勉強みたいに、「昨日わからなかった問題が解けた」というような、ある意味劇的な変化が筋トレにはないです。

 

しかし、その裏で、牛歩ではないですが、確実に成果、つまり筋肉がついてきていることは間違いないので、愚直に筋トレを続けることが大事です。

 

未来が見えないとか、成果が明確に出ないというのってメンタル的にかなりキツイですが、必ず成果が出てきますので、それを信じて追い込み続けましょう。

 

違う言い方をすると、筋トレによって、メンタルが強化されるとも言えますね。

 

成果が出ない(明確に出ない)中でも自分に向き合って筋トレを続けれるというのはかなりメンタルが鍛えれます。

 

筋トレの挫折を阻止する筋トレのメリットをご紹介[全て実体験] 筋トレのメリットを詳しく知りたい。 筋肉がつくに至るまでの途中経過でも得られるメリットが知りたい。 ...

 

筋トレによって得る未来を妄想する

筋トレによってあなたが得たいもの、達成したいことを想像することで、続けやすくなります。

 

正確に言えば、続けるモチベーションが出ます。

 

あなたは筋トレで何を得たいですか?

 

太りたい、モテたい、とにかくバキバキの体になりたい、それらを想像しましょう。

 

逆に言えば、筋トレによって何を得たいのかがハッキリしていないと、続けにくくなるということです。

 

どんな事でもよいです。人に言えないようなことでもよいです。

 

ちなみに私は以下です。

 

タンクトップ着ても恥ずかしくないガタイになりたい

誰でもいいから「バキバキですね」って言われたい

「〇〇パパ、筋肉スゴイですね」と、保育園のママ友から言われるのを妄想する

 

少々変態なところもありますが、要は、カッコよくあり続けたい訳です。夏場薄着になっても恥ずかしくないとか、半そでから見える腕の筋肉いい感じとか。

 

人によっては、「なにそれ?」みたいなことでも、あなたにとってそれが発奮材料ならOKです。

 

その筋トレによって得たい未来を描きつつ筋トレすることで、モチベーションを保つことができ、大変な時もしんどい時も続けれます。

 

筋トレは目的ではなく手段として考えるのです。

 

あなたが得たい未来のために筋トレはあるのです。

 

そう考えると、筋トレやらないと未来にたどり着けない、という風なマインドになるわけですね。

 

精神論チックですが重要です。

 

未来を妄想しましょう。

 

 

筋トレのやる気が出ない原因は大きく2つ。解決策も紹介[初心者向け] 筋トレのやる気が出ない時ってどうしたら良いのだろう? 今日筋トレやる日だってわかっているけどやる気が出ない。やらな...

 

 

 筋トレを続けたいのに続けれないのは何故か

とはいえ、筋トレは続けることで成果が出るのにどうしても続けれないという方もいるでしょう。少々厳しめですがアドバイスします。

 

自分に甘いだけ

筋トレ続けたいけど続けれないというのは、自分に対して甘いだけです。

 

いきなり厳しい内容で申し訳ありません。怒らないでください。

 

でも、実際のところ、「むむ。。。確かに。。。」って思ってませんか?

 

筋トレって別にやらなくてもよいし、誰からもやれと指示されてないものですよね。

 

本当に、筋トレで太りたいとか体を大きくしたいとか、目的を達成したいのでしたら多少つらくても耐えて続けるべきところです。

 

何でもそうですが、楽に良い結果を得ることは難しいです。

 

世の中の宣伝を見てみると「誰でも簡単に手軽に〇〇!」みたいなのがありますが、そんな簡単に良い結果は出ません。

 

何でもそうですが結果を出している人、成果を出している人は、あなたには見えない裏のところでめちゃくちゃ努力してます。

 

なので、筋トレ続けれないという場合は、何かしら甘えがありますので、その甘えを無くしましょう。

 

 

ソッコーでの効果を期待しすぎている

自分でも、1ヶ月くらいでちょっと効果が出るんじゃないだろうか?というように期待をしすぎている可能性があります。

 

テレビCMとかネットの情報とかで、3か月でこんなに!みたいなのを見ているので、それを自分に置き換えて無意識にソッコーでの効果を期待していないでしょうか?

 

それで、「なんだ、1ヶ月ガチってみたけどダメじゃん」みたいになって、続けれなくなってしまうのです。

 

時にはそういった、ソッコーで効果が出る人はいます。が、大半むしろ8割9割はそんなことはないです。

 

短期間での成果を期待しすぎているので、そうではなく、もっと長期目線での筋トレを考えるべきです。

 

そうすれば、短期間では効果が出ないと初めから自分に言い聞かせれば、続けなければ成果が出てこないというマインドが形成されます。

 

これによって続けれるようになります。

 

精神論のようですが、ぶっちゃけこれです。

 

 

続ける自信が無いなら誰かの力を借りる

筋トレで成果を出して筋肉つけてモテたいとか、バキバキなりたいとか、目的がハッキリしていても、どうしても続けれないとか続ける自信が無い場合、誰かの力を借りましょう。

 

何でもよいです。ざっと以下があります。

 

・Twitterとかインスタで励ましてもらう

・サロンとかグループとかに入って相互に励ます

・パーソナルジムで続けざるを得ない状況を作りだす

 

最後だけ毛色が違うきますがこんな感じです。

 

Twitterとかインスタとかはコメント欄で励ましてもらえるので多少続ける意欲が出ます。

 

サロンとかは、筋トレのがあるのか分からないですが、同時にみんなで・・・みたいなのがあると自分も頑張ろうってなりますよね。

 

一番効くのはパーソナルジムですね。

 

結構なお金がかかりますし日時は決めれる上、専任トレーナーがいますから、正直、逃げ道がなくなるので、もはや続ける以外の選択肢が無いです。

 

ただ、比較的短い期間で効果が見込めるというメリットもありますので、続けることに自信が無いとか、一度挫折したとかなら、高いですが、パーソナルジムの選択はアリです。

 

筋トレというか、体を大きくする専門だと以下があります。

 

太る専門のREP UP GYM

太る(バルクアップ)コースのあるMIYAZAKI GYM

実は太るコース(マッスルゲインコース)があるRIZAP

 

活用の検討をしてみても良いですね。

 

まとめ:筋トレを続ける為には精神論だがそれ最強

まとめますと、筋トレを続けるコツは、精神論的なところもありますが、それが最強であり最重要であります。

 

筋トレは楽ではないです。ハッキリ言ってシンドイですし、やりたくない気持ちになるときもあります。

 

でもそれは全部打破する方法やそうなる理由があるので、解決可能です。

 

続けないと成果が出ません。逆に言えば続ければ成果が出ます。

 

筋トレに挫折している人は、皆、何かしらの理由で続けることができなかったからです。

 

一度くらい挫折しても良いですから、じゃあどうしたら挫折しないのか?を考えて続けれるようにしましょう。

 

時にはあなた自信を追い込む必要があるかもです。

 

筋トレを続けるコツを見つけて実行して、筋トレによって得られる未来を現実にしましょう。