仕事

仕事が辛すぎるなら思い切って半年くらい休もう[その方が効率的]

仕事が辛すぎる。でも辞めることはできない。生きていくにはお金がいる。でも明日も仕事に行かないといけない。辛過ぎる・・・。

 

こういった状況に置かれているあなたへのアドバイスをさせていただきます。

 

私も仕事が辛すぎて家に帰って毎日泣いたりしていた時期がありました。家のドアが閉じると緊張の糸が切れてとめどなく涙があふれて止まらないんですよね。

 

精神的なのはもちろん、肉体的にも辛すぎて、全身じんましんが出たり、高熱で幻覚を見たりとかもしました。

 

あの時の自分に今声をかけれるなら、とにかく休めということです。

 

この記事を読めば、仕事が辛すぎるときにどうすべきか見えてくると思います。

 

仕事が人生のすべてではないので、気楽に考え、まずは辛すぎる現状を脱出するようにしましょう。

 

仕事が辛すぎるならば長い間休みましょう

しばらく休んでまず仕事から離れる

仕事が辛すぎるという状況であれば、仕事から離れた方が良いので、しばらく休むようにしましょう。

 

仕事が辛すぎるというのは、仕事内容とか人間関係とか色々要因があると思いますが、要因は関係なく、いったん仕事から離れた方が良いです。

 

仕事に対して体が拒否反応を示しているような状態なので、そのまま続けると心身に異常が出てきます。

 

実際私は、人間関係でとても辛い思いをしてましたが無理して自分にムチを打って仕事を続けた事で、うつ病になり、完治まで2年かかりました。

 

また人間関係でなくとも、例えば残業時間が月に80時間を超えると過労死ラインとか色々ありますよね。

 

そんな状態であれば、辛くて当然ですし、働くために生きているいわば労働マシーンのようになってしまいっていて、危険な状態です。

 

心身が壊れて私のようにうつ病になる前に、できるだけ早く、いったん仕事から離れましょう。

 

うつで人生終わった・・・。絶望的状況ですが治療を優先すれば復活しますうつ病になってしまった・・・出世も無理だろうし、人生終わりだ・・・ うつ病になってしまったら、その病気自体も辛いですが、今...

 

休んでいる間に一度人生見直す

仕事していると、毎日が怒涛ですし、おまけに辛すぎるという状態だと、人生を見直すというか、これでいいのか?のように考え直す機会ってあまりないですし、そのための心の余裕もありません。

 

なので、休む事で、気持ちの余裕を取り戻し、人生振り返ったり、今後どうしていきたいのかを見つめる等をやるべきです。

 

気持ちの余裕が無いと、できません。

 

多くの人は、新卒で入った会社で配属された部署でその仕事を惰性で続ける感じになりますが、それがあなたにとって求める人生でしょうか?

 

それがYES、つまり会社で一生懸命働いて地位を上げていくとか出世するとかが、あなたにとってのやりがいなら問題ないです。

上記は、全く悪い事ではありません。人それぞれ考え方、生き方、意義が違います。

否定するつもり等毛頭ありません。

 

なかなか、こういった心の余裕をもって人生振り返り、人生見直しをする人は少ないので、仕事が辛すぎるなら、なおさらやった方が良いですよ。

 

 

休むヤツ=悪、サボリという輩は無視してOK

時々、有休でさえも、悪とかサボリとかいう輩がいますが、そういう人は無視してOKです。

 

しばらく休むというのは、正直、なかなか勇気のいる決断ですし、周囲の目も気になりますよね。

 

分かります。

 

私は過去に、育児休業ですが、半年会社を休んだ事があります。

 

育児休業という制度で、法的にも会社も認めているのに、「みんなが働く間にのうのうと休むなんて」とか「家のパソコンから仕事しろ」なんて言わました。

 

長期で休むなんて、本当に勇気がいるし、正直、尻込みしてしまってできないというのが普通です。

 

私もそうでした。

 

でも、あなたの人生、特にサラリーマン人生あと何十年の事を踏まえると、そんな周囲の目はどうでもよくないですか?

 

また、仕事が辛すぎて精神的にも肉体的にも参ってしまっている状態で、今後体を壊す可能性があるのに、不休で頑張りますか?

 

それこそ、心身を壊したら年単位で使いものになりません。

 

繰り返しますが、私はうつ病になって、軽度でしたが完治まで2年を要しました。

 

仕事は誰のためでもなくあなたが自分のために行うものなので、辛すぎる等という状態ならば周囲の目とか無視して休む方が圧倒的に効率が良いです。

 

 

休んで最高だった半年間[実体験]

前でも述べましたが、私は育休でしたが、半年会社を休みました。

 

控えめに言ってこの休みは最高でした。

 

子育て自体はハッキリ言って仕事よりしんどかったですが、仕事を一切やらない事と育児に専念する中で、人生を見直す機会になりました。

 

周囲からの批判もありましたし、半年休む事で出世や昇格に影響が出るのは確実(後で詳しく書いています)なので、不安もありましたが、勢いで取得しました。

 

ちょうど、人間関係悩んでいた時期でもあったので、一回リセットするにはちょうどいいなと思って踏み切りました。

 

半年間、仕事を離れたことで、今後どうしていきたいか、どういう働き方をしたいか、そのために何をすべきかをかなり整理できました。

 

人生のロードマップみたいな感じですね。

 

あとマインドとしても、休む前は、仕事は全てに優先みたいな昭和な考えでしたが、家庭とかプライベート最優先という考え方になりました。

 

なので飲み会とかは一切行かないです。プライベートも、例えば会社のイベントとかゴルフ大会とかは全て行きません。誘われても全て断ってます。

 

会社の人とは仕事オンリーで関わります。

 

ゴルフとか飲み会とかに費やす時間とお金を将来に向けて自分に投資する感じです。

 

会社はお金を稼ぐ手段、命かけるほどのものではない、適当でOK、みたいな感じですね。

 

人間関係も思った以上に気遣う必要なんかなくて、適当でOKです。

 

心が軽くなりました。

 

状況は違いますが、この経験から、仕事が辛すぎるという昔の自分に対しても、気にせずまず休めよと言いたいです。

 

休むことに対する抵抗もあるし、将来への影響や不安もあるのでなかなか切り出せないし、むしろ休むという選択肢すら持っていないのではないかと思います。

 

あなたもそうじゃないでしょうか?

 

私の経験から言えることは、気にせず休むことで、あなた自身を守ることになります。

 

 

仕事が辛すぎて休むのはダメな事なのか?

正直周囲からの評判は良くない

前でも述べていますが、正直、仕事が辛いから休むということに対して、周りからは批判されることもあります。

 

というか批判めいたことを言われる可能性の方が高いです。

 

日本は、同調意識みたいなのがあって、それが邪魔しています。私もこれは超無駄だと思います。例を挙げてみます。

 

・飲み会に参加しないと批判される

 

・飲み会で酒を飲まないと批判されて無理やり飲まされる

 

・みんな仕事しているのに有休取ると非難されるから有休なのに仕事

 

・会議にひとりだけリモートで入ると楽していると思われる

 

上記の通りです。

 

要はみんなでお手て繋いで苦しい事楽しい事を一緒にやりましょう、やらないヤツは歩調を乱す悪、みたいな感じです。

 

悪は極端な表現ですが、わかりやすくするためにこう書きました。

 

飲み会なんて典型例ですよね。

 

断ったら「付き合いが悪い」「結束力を下げている」「飲み会も仕事」みたいな意味不明なロジックで詰められます。

 

また、表向きは何も言われなくても裏で「アイツは付き合いが悪い。だから成績がイマイチなんだよ」みたいな陰口をたたかれています。

 

休むも一緒で、表向きはたぶん大丈夫ですが、裏でけちょんけちょんに言われていると思います。

 

そう考えると辛くなりますが、このまま続けるとあなたの心身が崩壊しますので、勇気をもって休む決断をしましょう。

 

 

半年くらい休んでも人生の誤差

正直、半年くらい休職しても、人生の中で見れば誤差だと言えます。

 

実際半年休んでみてそう思いますし、何よりその半年間が有意義すぎます。

 

特に今後の人生をどうしていきたいのか、自分などういう働き方、生き方を今後していきたいのかを考えるめちゃくちゃ重要な時間でした。

 

ある意味、その半年を将来のために投資するくらいな感じですかね。

 

将来の数十年を有意義で最高のものにするために、半年休むって考えると効率的ですよね。

 

 

 

仕事が辛すぎるなら無料で出来る人生の見直しを

転職活動

会社や仕事は現時点のものが全てではないです。世界は広いです。転職活動をする事で、自分を見つめなおす機会があります。

 

例えば、自己分析ですね。あれはまさに自分の見つめなおしになります。

 

何が好きで何が嫌いで、将来(3年後、5年後、10年後とか)はどうなっていたいのか?を考えておかないと、めっちゃ浅い転職理由みたいになるので、しっかりとした見つめなおしや棚卸が必要になります。

 

私も過去に転職を2回経験していますが、毎度自分の棚卸はかなり行いました。

 

なので、単に人生の見つめなおしをするよりも、転職活動のひとつとしてやった方が、メリットがあります。

 

転職しなくても良いですし、良さそうな会社があれば転職してしまう(内定出ればの話ですが)のもアリです。

 

転職エージェントの力を借りることで、より早く効率的に棚卸とか振り返りとかできますから、活用してみてください。

 

 

実際に利用した転職エージェント【迷ったら全部活用してみる】ネットで転職エージェントって検索すると、めちゃたくさん出てきます。 比較サイトもたくさんありますが、評価がマチマチで何が正...

 

プログラミングの仕事を目指してみる

プログラミングは楽という訳でもありませんし、簡単というものでもありませんが、選択肢のひとつとしてぜひ考えてもらいたいです。

 

ざっくりですが、ホームページやアプリを作るような仕事であるWeb系と呼ばれる仕事と、会社で使われているシステム(例えば勤怠入力とか)を作るシステム開発系と呼ばれる仕事があります。

 

どっちが良いとかはあなたの好みとか相性とかにもよります。

 

特にあなたが20代ならば、全くの未経験からであってもプログラミングスキル習得からその後のIT企業への就職まで無料で対応してくれるサービスがあります。

 

これらの無料サービスは、事前に体験会とか説明会があり、それを受けてからどうするか決める感じでOKなので、まずは選択肢を増やす意味で、体験会や説明会を受けてみるのもアリと思います。

 

プログラミングの事をサッパリ分からなくても問題ないですし、現に体験会にも何もわからないけどとりあえず参加してみたという人はかなりいますが、気にせず足を運んでみましょう。

 

無料のGEEK JOBを現役IT企業勤務の私が解説[やや追い込み型]完全無料のITスキル習得&就職支援サービスのGEEK JOBについて、現役IT企業勤務の目線から解説していきます。 結論、...

 

[コスパ最強のキャリアチェンジ]完全無料のプログラマカレッジ人生を変えたい、このままの仕事や職種を将来も続けたくはないというあなたに対し、私からはIT業界やITエンジニアへのキャリアチェンジという...

 

仕事が辛すぎて休むと正直出世や昇格には影響アリ

1点だけ、現実的なことを最後にお伝えします。

 

仕事が辛いなら休みましょうと、お伝えしましたが、正直に言いますと、出世とか昇格には影響があります。

 

おそらく同世代や同期からは遅れます。

 

実際私は半年の休みによって、2年くらい遅れています。

 

が、仕事に対する考え方を変えれば、この程度の遅れはどうでもよくなります。

 

挽回も可能ですし、気にしたところでどうにもならないので、気にせず淡々と仕事する感じでOKでしょう。

 

会社での立場やステータスに固執することが不要になりますから、気にするだけ無駄です。

 

また、会社で働く事が全てではないという考えになるので、例えば会社での出世とかは一切無視してもう一つの収入の柱を作ることにフォーカスするとかもありですよね。

 

メジャーになってきている副業とかですね。

 

極端ですが、出世レースから外れたり窓際族になったりしたら、クビにならないけど給料はもらえて社会保険料とかも半分負担してもらえる等サラリーマンのメリットを受けらて、かつ、副業的な事に時間を割くことができますから、逆にラッキーかもですね。

 

あなたがどういう人生を歩みたいか、どういう人生が幸せかを分かっていることが大切ですね。

 

仕事なんて適当でいい[ただのお金を稼ぐ手段です(悪気はない)]仕事って、給料をもらうかわりに身を粉にして働くとか、家族やプライベートを犠牲にして何よりも優先するみたいな風潮があるのはあなたも知ってい...

 

まとめ:仕事が辛すぎるなら休んで今後を模索

まとめますと、仕事が辛すぎるという状態ならば、いったん仕事がから離れる形でしばらく休みましょう。

 

そのまま続けても良いことはなく、やがて心身を壊してしまいます。

 

その結果、年単位で治療に時間を要することになります。

 

そうなると、半年くらい休んだほうがあなたにとっても会社にとっても効率的です。

 

批判する人は無視してOKです。あなたの人生あなたの心身なので、周囲の声など無視してあなたの判断で突き進みましょう。

 

そして休んでいる間に人生設計を見直せば、あとは仕事が辛すぎるというのが、いかに視野が狭いとか、無意味な思考だったかが分かります。

 

仕事など適当でOKですから、あなたの人生を充実させる方法を見つけることが重要です。

 

仕事が辛すぎるならば、一度仕事を休み、自分を見つめなおして今後のプランを練りましょう。

 

そしたら仕事の辛いのはどっかに消えてなくなりますよ。