その他IT

機械設計を辞めたい SIerなら異業種だけどその経験を活かせます

機械設計の仕事しているけど、辛いし楽しくないし、辞めたい・・・

 

でも転職するにしても同じような仕事しか無さそう。機械設計の仕事が活かせる別な職種とかってあるのだろうか?

 

こういった疑問にお答えしたいと思います。

 

いきなり結論ですが、是非、SIerを目指してください。

 

SIerではあなたような機械設計の仕事の実務経験がめちゃくちゃ重要です。

 

詳しく解説していきますので、是非、今後の参考して下さい。

 

機械設計を辞めたいならSIerでその経験を活かそう

SIerは機械設計の経験ある人材を求めている

SIerで機械設計の経験がある人材を求めていて、システムを作ることについては知らない状態、いわゆる未経験でもウェルカムです。

 

実はこの領域において、SIer界隈では、市場は頭打ちだと言われていたのですが、最近また再燃してきているんです。

 

で、市場を分析してみると、実は頭打ちとか言うのは単なる感覚論的だったようで、超大手企業でも全然システム化が進んでいないんですね。

 

その、頭打ちの話が出たのは、超大手からの引合いや商談が途絶えたことから、全般の流れとしてそう感じ取ったのです。

 

が、実は名だたる超大手企業でも全くシステム化が進んでいないことがわかり、そういったところが、DX(デジタルトランスフォーメーション)の波や、グローバル化の波にまかれて、システム化が必要になってきた、という感じなのです。

 

そうしないと生き残れないという感じですね。

 

かなり急ピッチでやっているので、実はこの領域のエンジニアも相当足りないです。

 

 

ITやシステムに関して未経験でも全く問題無い

機械設計をやってきたあなたが、SIerを目指すにあたって、IT関連を未経験であっても全く問題無いです。

 

私の会社にも、機械設計をやっていて、そこから転職してきた人はたくさんいます

 

上記の通り、積極的に採用しているからですね。

 

ITやシステムの知識と経験があっても、機械設計の知識をSIerで習得するのは困難です。だから、ITやシステムの知識は後でキャッチアップしていけば良いだけなのです。

 

また、SIerでシステム作るとなるとプログラミングの知識が必要ですが、これもキャッチアップできるようになっています。

 

なお、実際SIerでプログラミングをすることはあまりありません。プログラミングにか関わる仕事と言えば、プログラミングに必要な工数や内容の確認です。

 

プログラミングは、主にパートナー企業と言われる、いわゆる二次請けのようなところに依頼します。(プロジェクトチームの一員として入ってもらいます)

 

もし、プログラミングの工数とか内容が分からない場合でも、別の人がその内容を助けてくれますから、安心して未経験で飛び込めますよ。

 

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

 

機械設計からSIerは相性が良い

機械設計の経験とSIerの経験でシナジー効果

機械設計の仕事から、SIerの仕事に転職すると、その経験を活かすことができ、なおかつシナジー効果を得ることが出来ます。

 

つまり、あなた個人もそうですし、SIerの社内でも、価値が高まります。

 

機械設計やっていたらからそれを活かして他の設計の仕事とか・・・という風に考えがちかもですが、フィールドを広げてSIerにチャレンジすると良いです

 

SIerで、機械設計の仕事のシステム化を過去に担当してきたエンジニアでも、実務で機械をやってきたという人は少ないです。

 

つまり、機械設計もシステムも両方知見と経験がある、と言うのはレアであり貴重な人材です。

 

少し失礼な言い方かもですが、機械設計をやっているあなたが、転職先の候補として、SIerって浮かびますでしょうか?

 

正直、浮かばなかったと思います。

 

でも、システムを作り上げるには、実際の仕事の事がわかっていないと出来ないし、仕事上の課題もわかっていないといけません。

 

もちろん、システムを作る前に色々と確認はするのですが、そこで、実際機械設計をやっていると、リアルに困っていることとがわかるし、相手の気持ちもわかるし、ということで、仕事の経験が活かせます。

 

さらにはそれによって、とても価値の高いシステムエンジニアになることが可能です。単に機械設計をやっているよりもはるかにやりがいある仕事だと思いますよ。

 

 

人材が不足状態です

IT業界は人材不足と言われていまして、アプリ開発とかAI開発とかがフォーカスされていますが、機械設計の領域のシステム化に置いても同じで、人の奪い合い状態です。

 

この領域は、前述のよう頭打ちと思われていましたが、それに反して案件が非常に多く、どんどん人を採用したないと足りません。

 

単にシステム入れて、はいどうぞ、では全くダメで、時にITコンサルから始めないといけないです。

 

ビジネス規模と人材の必要量は比例します。

 

他のIT業界と同じく、人材不足状態なので、上記の通り、未経験でも、過去の機械設計の実務経験があれば、システムの知識をキャッチアップ前提で、転職できる可能性は十分になります。

 

まとめ:機械設計を辞めたならばSIerにお越し下さい

まとめますと、機械設計を辞めたいというあなた、是非、SIerに転職を検討してみてください。ウェルカムです。

 

機械設計とSIerって繋がらないかもですが、密接に仕事上で関わりしますし、SIerで機械設計の経験と知識はめちゃくちゃ活かせます。

 

現場の実態とリアルを知った上でIT・システムも知っているというのは、非常に強いです。

 

だから、SIerとしてもそういった人材を求めて中途採用を行います。

 

ITやシステム未経験でも、過去に何人も採用していますし、入社にキャッチアップ出来るようになっています。

 

機械設計を辞めたいと思っても、似たような仕事になってしまう懸念があると思いますが、SIerと言う異業種に見えて経験の活かせる仕事がある事を知って下さい。

 

キャリア検討の参考になれば、嬉しいです。

 

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』