営業を辞める

結婚式に職場の人は絶対呼ばないといけない?気にしなくて良いです

結婚式に職場の人ってあまり呼びたくないけど呼ばないといけないのかな・・・

世間体というか一般常識的に呼ばないといけないのかな・・・

 

こういった疑問にお答えしたいと思います。

 

職場での人間関係が微妙なら呼びたくないでしょうし、呼ぶとしてもじゃあどこまで呼ぶの?という疑問もありますよね。

 

解説いたします。

 

結婚式に職場の人は絶対呼ばないといけない?

結論からいきなり言いますが、結婚式に職場の人は、呼ばなくても良いです。

呼ばないといけないと言うのは固定概念

結婚式に職場の人を呼ぶのって、何だか固定概念化していないですかね。

 

結婚式場の人と打合せしていても、乾杯の挨拶はどちらの職場の・・・・とかいう感じで話をしてきますから、呼ばないといけないのかなって思ってしまいます。

 

また、親戚・兄弟・友人の結婚式見て、殆どが結婚式に職場の人が招待されているかと思います。

 

なので、そう言ったのを見ていると、「結婚式に職場の人を招待する」が、当たり前と言うか、そうしないといけない、というような思考になります。

 

ですが、よくよく考えれば、職場の人を呼ばないといけない決まりはないです。

 

そう考えると、結婚式に職場の人を呼ぶというのは、単なる固定概念と言えます。

 

 

呼びたくないと思うなら呼ばなくて良い

あなたの気持ちに正直に答えることが重要で、あなたが、職場の人を結婚式に呼びたくないなら、呼ばなくて良いです。

 

結婚式という華やかでめでたい場に、わざわざ呼びたくも無い人を呼びますか?と考えると、普通は呼ばないですよね。

 

ホームパーティーに、嫌いな人を呼ばないですよね。

 

そんな感覚と同じで、呼びたくないなら呼ばなくて良いです。

 

自分に正直に考えて、結論を出せばよいです。

 

誰まで呼ぶのかで余計な考えが増える

仮に職場の人を呼ぶとしたら、誰まで呼ぶのか、等を考えなくてはならず、余計な事が増えます。

 

部署が大きいほど困りますね。

 

課長を主賓とするのか、部長を主賓とするのか、等。

 

また、もしも部署を兼務していれば、どっちの部署長が主賓なのか、とか。

 

あるいは、同僚や後輩が多い場合は、あまりに多すぎてもダメなのでどこかで区切らないといけない等。

 

結婚式って、ただでさえ考えることが多く、何度も何度も打合せします。おまけに、当然のことながら、平日は仕事ですから、時間が限られます。

 

そんな中で、考えることが増え、おまけに会社がらみの人選というか、誰まで呼ぶべきかという問題は、とても面倒です。

 

呼ばれたら、この後にもありますが、嬉しい反面痛いなと思っていますし、呼ばれないとなると、「アイツは普段世話になっている俺を呼ばない」みたいなしょうもない文句を言うヤツが必ず出てきます。

 

全く持って、余計な事ですよね。

 

であれば、最初から呼ばなくて良いです。

 

 

 

実は職場の人も呼ばれたくないかも

これは、職場の人を結婚式に呼びたくないあなたに朗報ですが、実は呼ばれたくないと思っている可能性があります。というか高いです。

以下のような思いがあります。

・ご祝儀を払いたくない

・コスパが悪い

・挨拶しないといけない

・休日出勤みたいになる

 

詳しく見てみましょう。

 

ご祝儀を払いたくない

ストレートすぎるかもですが、職場の人は、結婚式に招待されても、ご祝儀を払いたくないと思っている可能性があります。

 

めでたい事とか、結婚式に呼ばれるのは光栄だみたいな風潮がありますが、ぶっちゃけ、ご祝儀代って痛すぎる出費です。

 

あなたが逆の立場ならどうでしょうか?

 

親友の式とかならまだしも、会社の同僚とか後輩とかでそんなに仲良くないとか、あるいは使えないイマイチな部下のお祝いとしてなんで¥30,000も払わないといけないんだみたいな気持ちになりませんか?

 

上記の通り、お祝い事で、こういう文句的なのってタブー視されてますが、ぶっちゃけると、あまりノリ気ではないのにご祝儀代を払うというのは痛いし、腹落ちしない感があります。

 

おまけに、職場の人で更に上司に当たる人は、ご祝儀の相場は¥50,000なんて言われてますからさらに痛いですよね。

 

上司や管理職はたくさん給料もらっていても、財布は奥さんが握っているかもしれないですからね。

 

どうやって捻出するか、みたいな話になりますから、職場の人からすれば痛いだけです。

 

 

挨拶しないといけない

これは上司に当たる人に限るかと思いますが、挨拶とか乾杯の発生とか、役割を果たさねばなりません。

 

単に一言だけなら良いですが、スピーチになりますから、ある程度話す内容を考えたりしないといけません。

 

おまけに、新郎新婦の親とか友人とかいろんな世代の人が居るので、淡々と話すだけでは何も面白くないです。

 

暗黙のルールみたいな感じで、ちょっとオモシロイ話をしないと、みたいなこともあります。

 

上司からすれば、面倒な仕事が一つ増えたという感じでしょうか。

 

何も考えずペラペラ話せる人なら良いですが、なかなかそういうスピーチ慣れしている人は居ないです。

 

上司からしても、正直、少々迷惑な話です。口に出せない、出さないだけで、そう思っています。

 

 

コスパが悪い

ご祝儀にも関係してきますが、結構なお金払ったわりに、出てくる食事とエンターテイメントとというか、時間の有益な使い方からすれば、結婚式はコスパ悪いです。

 

たぶん、ご祝儀代くらいの額なら他の店でもっといいもの食えますし、酒もいいもの飲めます。

 

よく考えてみてください。1人¥30,000の飲み会って超絶エグゼクティブなところにいけますよね?

 

その通りです。

 

コスパで言うと、あまり良くないので、職場の人からすれば、メリットは無いに等しいです。

 

休日なのに出勤日みたいな感じ

特に、招待した職場の人で、同僚や後輩等が感じるかと思いますが、上司とかと同じ席で酒を飲むなんてもはや、勤務日と同じです。

 

気あいあい仲の良い部署ならまだマシですが、表向きだけよくて裏ではギスギスしている部署なんて、控えめに言って最悪じゃないですかね。

 

せっかくの休日なのに高い金を払って上司と一緒に酒を飲むなんて、ぶっちゃけ全然楽しくない休日ですね。

 

だけど、せっかく呼ばれたのに断るのは良くないし、上司が出るのに部下が欠席はダメみたいな、これも暗黙のルールですが、そういうのありますよね。

 

 

となると、休日出勤みたいに部署メンバー勢ぞろいで、更に飲み会みたいな感じになるので、嫌な人にとっては最悪でしょう。

 

お祝い事は呼ばれることが良い事みたいなこともありますが、正直、会社の人はあまり良く思っていないかもしれません。

 

結婚式という形態にするから呼ばないといけない

よくよく考えると、「結婚式だから職場の人を呼ばないといけない」、という考えはないでしょうか?

 

二次会には、会社の人って来ませんし呼びませんよね。ただ、親戚も来ることは無いですが。

 

つまり、結婚式という形を取るので、会社の人も呼ばないといけないというマインドになる可能性もあります。

 

結婚式場からしても、人数が多い方が、ぶっちゃけ儲かるので、出来るだけ多くの人に来てもらうようなプランが良いです。これはビジネスの側面から考えて普通です。

 

60人のプラント80人のプランでは値段が変わりますから、当然、結婚式場にとっての利益も変わります。

 

なので、最初から結婚式ではなく、いわゆる1.5次会とか、親戚と親しい友人のみ、という形にしておけば、あれこれ考えなくて良いし、固定概念から解放されるという感じになります。

 

最近は公私峻別をハッキリさせる傾向もあるので、職場の人を呼ばないという選択肢は大いに増えています。

 

マイナビウェディングとかの大手でも1.5次会というキーワードで依頼すれば紹介をしてくれますし、1.5次会専門の会社もあります。

 

相談は無料ですから、選択肢として考えてみても良いと思います。その場で契約しないといけないとかは全く無いので、まずは相談をして、考えに合うかどうかを見てみるのもアリでしょう。

 

 

まとめ:結婚式に職場の人は呼ぶ必要は無し

まとめますと、結婚式の職場の人を呼ぶべきかどうかという点については、呼ぶ必要はありません。

 

なんとなく、呼ばないといけない、お世話になったしなっているから門出の場は呼ばないといけない、なんていう固定概念的なものがありますが、気にしなくて良いです。

 

その固定概念は、親戚とか友人とかの結婚式に参加したらみんな職場の人を呼んでいるとか、スピーチは職場の上司とか、何となくそれが当たり前、みたいな感じから来てます。

 

でも、結婚式にルールは無く、別に誰を呼ぼうが呼ばまいが、自由に決められます。別に上司のスピーチを無くすというのでもOKです。

 

固定概念を一度払拭してみると良いです。

 

また、実は、職場の人からしても、あまり呼ばれて嬉しいみたいなのは表向きだけで、ご祝儀払うのは痛い、とか、ご祝儀払うなら他のところでもっと言いもの食えたりいい酒飲めたり出来る、みたいな思いを持っているはずです。

 

要は、呼ばれたからと言って、嬉しいとは限らないということです。

 

そう考えると、本当に呼ぶことが正しいのか?という気がしてきますよね。

 

上っ面の考えだけだと、せっかくの結婚式なのに、なんだかモヤモヤしますよね。

 

ならば最初から呼ばないでOKです。

 

結婚式という位置づけがそうさせている可能性もあるので、最初から結婚式ではなく1.5次会と呼ばれるものにすれば、職場の人を呼ばないとと言う縛りからも解き放たれやすいです。

 

職場の人はお世話になっていると思いますが、だからと言って、結婚という門出のタイミングを見守ってもらう必要は全くありません。

 

思い切って、職場の人は呼ばないという決断は、全く問題無いと思います。上記の通り、職場の人も実は呼ばれてあまりうれしくないという事もありますから。

 

あなたがどう思うのか、正直に考えれば、呼ばなくて良いのでは?という答えになるはずです。