プログラミング

プログラミング言語の違いって何?[どれ選べばよいか分からない場合]

よーし、プログラミング勉強してITエンジニアめざすぞ!(/・ω・)/

 

でも言語ってどれが良いのかな。調べたら色々と言語があるけど違って何?文法がどうのこうのとかオブジェクト指向で云々言われてもよくわからん。

 

言語の違いとかじゃなくて、ド素人でもわかるような違いと言うか、選ぶときの基準みたいなのはないのか?

 

 

こういったお悩みにお答えしたいと思います。

 

気合入れてプログラミング勉強するゼとなった時、まず最初に選ぶべきは、プログラミング言語をどうするか、つまり何を学ぶかですよね。

 

でも調べてみても、素人目線からすれば何が良いのかサッパリ分からない情報ばかりじゃないですか?

 

私もそれで悩みまして、何が良いのかまったくわかりませんでしたが、独自の判断基準で決めました。

 

私はPythonにしましたが、それをどういう風に決めた方を紹介します。

 

言語選定の参考にしてください。

 

プログラミング言語の違い[超素人には不要]

いきなり結論と言うか、何言ってんだ的な事を言いますが、素人にプログラミング言語の違いは分かりません。と言うか分かったところであまり意味が無いです。

言語の違いを言われたところで分からない

例えば、プログラミング言語のJavaとC+の違いですが、分かりますか?

 

ググれば出てきますが、素人のあなたには、全て呪文に聞こえるはずです。

 

つまり、言語の違いは何だとか、文法的にどうのこうの言われたところで、初心者のあなたが選ぶに際して参考にならないのです。

 

例えばですが、世界の言語に例えると分かりやすいです。

 

フランス語とドイツ語の違い分かりますか?と言われたところで、わからないですよね?

 

なんとなくは分かるけど、どっちも馴染みが無い(学校でもあまり習わない)というか、そもそも文法とかも知りませんし、なんて読むのかもわからない。

 

そんな中で、じゃあどっちを学ぶべきかって、判断出来ませんよね?

 

それと同じで、言語の違いで選ぶのは本質から外れています。

 

また、難しいとか簡単(初心者向け)とかもありますが、全くの未経験なら、正直どの言語やっても難易度って同じだと思いますよ。

 

次で述べますが、難しさとか内容とかではなく、何を目指すかで選ぶべきです。

 

 

言語の違いではなく何を目指すかで選ぶ

学ぼうと思う言語を選ぶには何を目指すか、です。

 

例えば前に出した、フランス語とドイツ語でお話します。

 

あなたが、フランスで仕事をしたいとかフランスに永住したいとか、そういう目的がある場合、どっちを選びますか?

 

フランス語ですよね。自然な流れです。

 

でも実はドイツ語の方が簡単なんですよね。文法が英語とほぼ同じ出し、発音もローマ字読みとほぼ同じです。

 

かたやフランス語は、男女で使う言葉(動詞)が変わったり、発音も特殊で難しい部類に入ります。

 

こんな感じで、簡単そうだからとか、文法がやさしいって書いているからとかで選ぶと本来の目的を見失います。

 

この例だと、簡単だからドイツ語学んだけど活用できるシーンが無いみたいになります。

 

目的を決めておかないとプログラミングを学び始めても挫折します。

 

だから、プログラミングを通じて、何を(どういう仕事)やりたいのか、どういう生き方をしたいのか、とかでもOKですから、目的を明確にしておく必要があります。

 

 

プログラミング言語の選び方[超初心者向け]

ではどうやって選ぶかですが、上記の通り、まずプログラミングを学んで何をやりたいか、です。

 

大きくはWeb系やアプリ系とシステム開発系という感じで分かれます。

 

Web系やアプリ系はいわゆる一般消費者向けで、あなたも良く使うメルカリとかTwitterとかいうサービスの領域です。

 

システム開発系と言うのは、いわゆる法人向けです。あなたも仕事で、勤怠システムとか出張精算システムとか、〇〇システムっていうものを頻繁に使ってますよね?

 

ああいったものを開発するような仕事です。

 

まずどっちの仕事に就きたいかを検討してください。

 

それだけでだいぶ言語が絞られます。

 

Web系やアプリ系だと、ざっくりですが一例を挙げてみますと、以下があります。もちろんこのほかにもあります。

 

・Ruby

・PHP

・Java

・Python

 

システム開発系だと以下が一例です。

・C言語(C+、C#)

・Java

・VB(Visual Basic)

・JavaScript

・PHP

・Python

・Ruby

 

ここまで絞って初めて、「学びやすい」「初心者向け」などという基準を追加します。

 

求人が多いとかシェアが多いというのも重要ですね。

 

また、Web系およびアプリ系のRuby、PHP、Java、Pythonは、システム開発系にも入っていることが分かります。

 

これを踏まえると、例えば以下のような選び方が出来ますよね。

 

Web系/アプリ系が良いかシステム開発系が良いか決めれないからまずは、Ruby、PHP、Java、Pythonのどれかにしよう

 

あるいは、

Web系の仕事に就きたいと思っているから、中でも言語としてのシェアが大きいのがJavaだからまずはJavaかな

 

というのも答えの一つです。

 

もしも絞り切れないとか、絞ってみたけど不安という感字もあると思うので、そういう場合はプログラミングスクールにて無料体験をやっているところがありますから、それを活用してみて下さい。

 

・テックパートナーズ:14日間の無料体験が可能(PHP、Laravel)

・テックアイエス:無料説明会の際に体験可能(PHP、HTML/CSS、Javascript)

・LESALTO:7日間の体験が可能(PHP、Java、Python)

・プログラマカレッジ:無料説明会の際に体験可能(Java、PHP、HTML/CSS)

 

 

実際に触れてみれば、直感的でも良いですから、イケそうor無理だなが見えると思います。

 

 

 

プログラミング言語の選び方[私の例(参考です)]

参考までに私の場合ですが、私も調べてみた中で、以下の結論に至り、Pythonを選んで学習開始しています。

 

Web系/アプリ系でもシステム開発系でもどっちでも使える言語→これは実際に今のIT企業でのプロジェクトでPython使って開発しているのがあったので。

 

人工知能、ビッグデータの分野で活用されている→この分野も実際に今のIT企業のプロジェクトで体感しており、今後大きく伸びるので、人材としても必要とされるだろうと思っています。

 

高い月額でいけるかもしれない→これも今のIT企業で体感していますが、人工知能やビッグデータの分野のプロジェクトでは、非常に高い単価でビジネスしています。月額400万円超えとかあります。

 

文法が簡単と言われている→学んでみないと分からないし何が簡単か意味不明だったが、難しいよりは簡単な方が良いと判断。

 

こういった感じで、今の仕事の実態とググれば出てくる情報を整理して、最終的にPythonに決めたのです。

 

体験してみるのは今は本業のIT企業での仕事もあるのでできずでしたが、参考書買ってコードを模写していく感じで実際に触れてみました。

 

他の言語との違いはあまりわかりませんが、その比較している間があれば勉強時間に充てるという風にしています。

 

 

プログラミング言語の違いについて思う事

全くの未経験で、プログラミングのズブのド素人からプログラミング学習を始めた立場から思うことを述べていきます。

 

 

目的と手段を理解する事

プログラミングを学ぶことに対する目的と手段を理解することが重要だなと思います。

 

すなわちこの記事でお伝えしているように、何を目指しているからこの言語、問う感じです。

 

簡単そうだから、無料で学べるから、と言うのも重要ですが、それだと手段を選んでいるだけで、それを学んで習得してどうなりたいのか?が無いのです。

 

何でも良いと思いますよ。

 

・将来フリーランスになりたい

・AIエンジニアっていう仕事の響きがカッコいい

・自分でサービス立ち上げたい

 

色々あると思います。

 

例えば将来フリーランスになりたいのであれば、早く習得して早く実践できるように、と言うのが一つ重要ですよね。

 

となると、

 

・習得しやすい言語

・短期で学べるスクールのある言語

・早く実践できるように求人の多い言語

 

という風になり、これらを満たすのはJavaですね、となります。

 

でも私も色々とググりまくって調べましたが、こういった選び方ってあまり情報が無いんですよね。

 

なので、ここで書いてみました。

 

 

迷ったら取り合えず触れてみる事

プログラミングをしたこともない超素人であれば、正直どの言語から始めても大差ないんじゃないかなと思います。

 

その前に、プログラミング言語ってどういうもの?何?とか、どうやってプログラム書くの?みたいな疑問もあると思います。

 

すなわち検討もつかないものじゃないですかね。

 

そんな状態であれば、どの言語が良いとか学びやすいとかを調べて確定するのは非常に難しいので、実際に肌で感じる事で選びやすくなります。

 

言い方悪いですが、Java、PHP、Ruby、Pythonあたりだと、前に述べたようにWeb系でもアプリ系でもシステム開発系でも道はあります。

 

なので、道が決めれないという人も居るでしょうから、この4つの中から選ぶのどれかというスタンスでOKじゃないでしょうか。

 

じゃあどうするかと言うと、ググった情報はもちろん重要ですが、とりあえず全部一旦体験してみてから決めるというのもアリです。

 

 

前に述べましたが、世界の言語も同じように、あなたにとって、取っつき易い取っつきにくいというのもあると思います。

 

なので、一度体感してみて、スッと入ってくる言語、何となく頭に入ってこないというか拒否反応的な言語、みたいにして分類して選択してみるのも手段です。

 

プログラミングスクールで無料体験が出来ますからそれを活用しましょう。

 

無料体験したからと言ってそこに決める必要は無いし、無理な勧誘もされません。

 

 

・テックパートナーズ:14日間の無料体験が可能(PHP、Laravel)

・テックアイエス:無料説明会の際に体験可能(PHP、HTML/CSS、Javascript)

・LESALTO:7日間の体験が可能(PHP、Java、Python)

・プログラマカレッジ:無料説明会の際に体験可能(Java、PHP、HTML/CSS)

 

 

 

 

正直どれもゼロスタートなので机上の比較は無用

そもそも論ですし、これまでお伝えしてきたことを踏まえてですが、そもそもどの言語もゼロスタートだと思いますから、机上での比較は無用ですし無意味に近いです。

 

どの言語も初めてで見たことも触れたこともないならば、難しそうとか簡単そうとかわからないですよね。

 

なので、下手にググって情報集めてうーんどうしようかなって考えるよりは、色々と触れてみて、あなた自身の肌感覚や相性で決めるのもありです。

 

だから、どうしよう・・・決めれない・・・となったならば、実際に分からなくてもコード書いてみるとか、参考書1冊買って模写してみるとか。

 

参考書高いなら図書館で借りるとかでもいいです。

 

生きた情報というか、体感ならば、上記の通り、プログラミングスクールの無料体験が良いです。

 

いずれにしても、迷っていたり決めらないならば、あなたの感性で決める感じです。

 

無料ですから何もミスることもないし、心配することもないです。

 

ぜひどうぞ。

 

 

 まとめ:プログラミング言語の違いは初心者には無意味

まとめますと、プログラミング言語の違いは、超初心者にとっては、どの言語を学ぶかを選ぶための情報としては無意味です。

 

そもそもどれも初めましてのものですから、良い悪い、簡単難しいの判断があなた自身の力ではできません。

 

ネットの情報は、その道のプロ、つまりエンジニアとして食っている人が書いたものですから、簡単とか言われても、初めてだから難しいに決まっています。

 

なので、あなたがプログラミング学んで何をやりたいか、どういう仕事に就きたいか、どういう生き方をしたいのか、何でもいいですから目的を定めるのです。

 

そしてそれに合った言語を選んでいき、その時点で初めて、簡単とか難しいとかこの仕事に向いているとかで選びましょう。

 

絞り切るためには、情報を整理することも重要ですし、無料で体験してみるのもありです。

 

実際に言語に触れてみて、あなたが直感的に感じる感覚で選ぶのです。

 

合う合わないはおそらくあるでしょうから、その直感を信じるのは重要ですよ。

 

違いとか難易度とかだと誤った判断をしてしまう可能性もありますから、そこに直感も入れて言語を選んでみてください。

 

共に頑張りましょう!

 

・テックパートナーズ:14日間の無料体験が可能(PHP、Laravel)

・テックアイエス:無料説明会の際に体験可能(PHP、HTML/CSS、Javascript)

・LESALTO:7日間の体験が可能(PHP、Java、Python)

・プログラマカレッジ:無料説明会の際に体験可能(Java、PHP、HTML/CSS)