その他IT

IT業界に未経験で受からないのは〇〇!理由をこっそり教えます。

IT業界目指したいけど、受からないかもしれない・・・。

 

未経験だとやっぱり受からないのか・・・。

 

書類選考は何社か落ちているしな・・・。

 

そんな悩みや気持ちをお持ちのあなたにお教えする、IT業界に未経験で受からない理由を、お教えします。

 

今、IT企業で実際に働いていて、かつ、未経験で転職できた私がお教えするコツです。

 

まあそりゃそうだよなと思うと同時に、納得いただける理由だと思います。逆にこれがわかっていれば、IT業界への未経験での転職成功に近づきます。

 

IT業界に未経験で受かるために

求人情報にあなたの経験やスキルが書かれているか

求人情報の中にある募集要項とか、募集条件とか、求める人材とかをしっかり読み込みましょう。

 

これがめちゃくちゃ重要です。

 

その中に、あなたがこれまで経験してきたことや持っているスキル、今仕事をしている業界の事などが書かれているかどうかです。

 

ここで最初の書類選考の突破が関係してくると言っても過言ではありません。

 

何故なら、私はその募集要項の内容を見て、自分がマッチしていたので、未経験だけどIT企業にエントリーし、転職できたからです。

 

募集要項には、例えばですが、「XXXXの経験がある人」とか、「〇〇業界で働いていた人」などの記載が必ずあります。

 

ここにあなたの経験や職種がマッチしているかどうかです。その点においては、IT業界において未経験かどうかは問題ではないです。

 

IT業界における求人情報の中にある募集要項に、あなたの経験やスキルに関する記述があれば、そこはエントリーしておきましょう。

 

逆に言えば、特段あなたの経験やスキルに関しての情報が無い場合、その求人に応募しても書類審査で落とされる可能性が高いです。

 

 

職種が合っているかどうか

これも当たり前と言えば、当たり前ですが、今の職種とIT業界で目指したい職種が合っているかどうかです。

 

技術系の職種の人がIT企業のエンジニア職に応募する、という感じです。

 

事実、私も、ITとは無縁でしたが、営業系の職種という意味では、同じ職種として応募しました。

 

いわば業界が違う=売るモノが違う、というだけです。

 

これも極端ですが、今は人事の仕事をしているけれどIT企業のエンジニア職にエントリーする、みたいな感じだと、どう考えても受かる見込みは無いでしょう。

 

確かに、IT企業は多少の育成期間や育成コストをかけてでも人材を確保しようとしています。

 

しかしそれは、あくまでベースとなる、ある程度のスキルがあることです。

 

全くの素人というと失礼ですが、職種も背景も違う人材をイチから育成するほどのことは、企業はとても出来ませんし、その余裕もありません。

 

 

年齢の壁

ぶっちゃけ、年齢はかなり重要です。

 

私の経験と、IT企業に居る実態を踏まえると、20代なら余裕で大丈夫です。

 

30代もまあなんとかなりますが、30代後半、つまりアラフォーとなると、かなりハードルは高くなります。

 

全く無理という訳ではないですが、可能性は低めと思った方が良いです。

 

本当かどうかは別として、35歳転職限界説なんていうのもあります。

 

一概にそうとは言えませんが、30代後半から新しい業界、というのは、採用する側からしてもかなりのリスクを伴います。

 

実際、私が今勤務している会社の所属部署でも、新しい営業マンを採用しようとしていましたが、30代後半の候補者も居ましたが、その年齢から新しい事にフィットできるか…という点から、採用を見送りました。

 

これはエンジニアなどの技術職も同じですね。

 

 

IT業界に未経験で受からない理由

普通に考えると受からない

普通に考えると、未経験で、IT業界への転職は受かりません。

 

それはそうですよね?

 

転職は、ある程度は許容しつつも、即戦力を求めます。

 

そのため、どんなにスゴイ経験があっても、どんなに凄いスキルがあっても、即戦力ではないと判断されたら受かりません。

 

例えば、公認会計士です!!と言って、ITのエンジニアなどの技術職には受かりませんよね。

 

極端ですけど、こんな感じです。

 

つまり、どんなにバックグラウンドがすごくても、IT業界において、役に立たない、意味がない、即戦力にならない場合は落ちます。

 

まあ普通に考えてそうですよね。

 

未経験でも限度がある

上記にても述べましたが、全くの畑違いだと正直可能性は低いなど、未経験であっても限度があります。

 

職種の例を出しましたが、今営業なのに、技術職として転職したい!となると、なかなかハードルは高いです。

 

というかその場合ほぼ無理に近いと言い切れます。

 

稀に、本当にそういった障壁を一切取っ払っている企業もありますが、その場合は入社後に非常に頑張らないといけません。

 

異業種、異職種という壁を短期間で突破しないといけないためです。

 

なので、通常は、未経験OKと言えども、ある程度の上限があります。

 

営業と技術では、仕事内容はもちろん、知識については全く異なることから、その時点から教えないといけないとなると、単に技術職を育成するのとは訳が違います。

 

 

年齢が高いと組織上問題が出てくる

上記にて、30代後半となると未経験はキツイとお伝えしましたが、それは組織上の問題が出てくるからです。

 

20代なら、まだ若手であり、年齢によっては第二新卒なんていう表現もあります。

 

しかし、30代後半となると、多くの組織では、プロジェクトリーダーなど、中心的な仕事をします。

 

また、ある程度の役職が付き、部下の育成や組織のマネジメントなどの仕事も求められます。

 

そのため、そのくらいの年齢にて未経験者を採用して育成していくとなると、組織の面で見ると、「自分より給料が高いのに、自分よりスキルが低い」というような不満を持つメンバーが出てきます。

 

そうなると、組織のバランスが崩れてしまったり、未経験で入れたとしても居心地が良くない等、デメリットが多いです。

 

「すぐにキャッチアップすれば良いんでしょ。そのくらい自信あるよ」

 

と思うかもしれませんが、あなたがそう思っていても、周囲はそういう見方をしない人も居るのです。

 

マネージャークラスは、組織をいかに活性化させ、組織として結果を残せるかどうかが重要なので、組織にとってマイナスに働く可能性のあるケースは避けます。

 

そのため、年齢による壁はどうしてもあることを理解しておきましょう。

 

ただ、絶対年齢によっては無理だということは無いので、これも例えば募集要項を見て、あなたの年齢が条件に合っているかどうかをまずは見極めましょう。

 

 

まとめ:IT業界に未経験で受からない理由は明白

まとめますと、IT業界に未経験で受からない理由というのは、それなりに論理的というか、明白です。

 

求人内容の中の経験やスキルがあなたのそれとマッチしていない

そもそも職種が合っていない

年齢の壁

 

これが主たる要因です。

 

IT業界に未経験であっても、私のように、募集要項に経験してきた仕事がある等すれば、受かる可能性はあります。逆に言えばそれが無いと未経験は厳しいかもしれません。

 

また、今のあなたの職種やスキルや経験と、IT業界でチャレンジしようとしている職種がミスマッチだとそれも厳しいです。

 

全くの畑違いを育成するほど企業は余裕はないです。

 

あとは年齢ですね。

 

これはIT業界に限らずですが、どうしても年齢が高めだと異業種間の転職は難しくなります。組織としてうまく機能しなくなる可能性があるからですね。

 

このように、よく考えてみると、確かにな、と思うような事で、未経験で受からない事になります。

 

上記でも述べましたが、逆に、これら受からない理由をもとに、しっかりとした視点で転職活動をすれば、未経験でもIT企業に受かると言えるでしょう。

 

やみくもに狙ってもダメです。

 

しっかりと、「狙える」企業に対して、エントリーしていきましょう。