転職

営業辞めたいあなたに推奨したいキャリア3選まとめ 

営業辞めたいけど、次のキャリアってどんなのがあるのかな、どんなところを目指せるかな?ネットでは何でもOKみたいな情報もあるけどリアルな情報が知りたい。

 

こうした疑問にお答えします。

 

営業辞めたいって思っても、「じゃあ次どうする・・・」と言う不安に陥ると思います。

 

ネットを見ても、何でも大丈夫そうみたいな感じですから、実際のところどうなのか?という情報はあまり見かけないですよね。

 

この記事では、今、営業の仕事して、辞めたいけど次どういう職種や仕事が狙い目なのかを解説していきます。

 

デジタルセールス

営業を経験しているという意味で、一番、営業ではない仕事でキャリアを積んでいけるおススメはデジタルセールスです。

 

いやいや、セールスってあるから結局営業じゃないの?今のツライ仕事と変わらないのでは??

 

このように感じると思いますが、実際は異なります。

 

営業の仕事で嫌なものである、接待、訪問、情報取り、人間関係構築などが不要なものばかりです。

 

しかもこのデジタルセールスは最近多くの企業が取り入れ、専門部隊を作るくらいまでなってきており、求人も多くニーズも高い仕事です。

 

是非検討してみてください。

 

デジタル セールスとは?経験者が詳細を解説します こうした疑問にお答えします。 デジタルセールスは、名称としては最近耳にするようになった新しい言葉ですが、中...

 

デジタルセールスのメリットとデメリットまとめ[実体験に基づく] このような疑問にお答えします。 私は実際に営業の仕事を10年以上経験する中で、デジタルセールスの業務も経験...

 

 

 

Webマーケティング

次にお勧めしたいのがWebマーケティング職です。

 

Webマーケティングは、Webから集客したりモノやサービスを売れるようにする仕事です。

 

マーケティング職の内訳と言うか、そのうちの一つと言う感じです。

 

通常のマーケティング職は、Webに限定せず、広告を打ち出したり、展示会などで製品やサービスをアピールしたり、時にスポンサー等になってブランディングするなどがあります。

 

Webマーケティングは、マーケティングとしての手段をWeb、例えばSNSだとかホームページだとか、と言う感じです。

 

営業の仕事とは異なりますが、どういったニーズがあって、それに対して何をセールスしたらよいのか、という基本的な知識は活かすことができます。

 

営業は顧客に最も近い立場ですから、どういう内容をWebマーケティングでやれば顧客は興味を持つのかなど、現場でしか分からない経験をしている点は、他のマーケターとは一味違うところです。

 

WebマーケティングはBtoCのビジネスがメインと思われがちですが、BtoBのビジネスにも増えてきてます。

 

BtoBはWebで全て完結するというよりは、知名度を上げる、プッシュ型の情報提供をする、営業の効率を上げるために多くのリード(見込み顧客)を獲得するなどの必要性が高まっています。

 

実際に私がWebマーケティングの仕事をしてみて感じたのは、営業の経験というか、肌感というか、そういったものが非常に使えるな、と言うものです。

 

上記の通り、Webマーケターのみなさんは、現場の営業の苦労や顧客との交渉のタフさなどを分かっていません。

 

マーケティングの畑でずっと来たので、営業の現場の経験が無いからですね。だから、時に愚策のようなマーケティングをやってしまうことがあるのです。

 

あなたの営業経験を活かして、Webマーケティングの仕事が出来れば、結果を出せると思いますよ。

 

こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

 

 

Webマーケティングとは?[営業の経験が活かせて辛くない仕事] 上記に対して、お答えします。 私は営業からマーケティング部門に移り、Webマーケティングを仕事のひとつにし...

 

 

 

ITエンジニア(プログラマー)

 

急に内容が変わりますが、ITエンジニアも選択肢の一つとして持ってみてください。

 

理由として、全くの未経験状態から、ITエンジニアとしての基礎を学び、就職サポートまでしてくれるサービスが無料で存在するからです。

 

もう一つの理由は、ITエンジニアは、2023年時点で、圧倒的に人手不足だからです。

 

例えばGEEK JOBと言うサービスですと、20代に限定されますが、ITエンジニアとしての学習と就職がセットで完全無料です。

 

これは、転職エージェントと同じで、就職したら成果が払われる仕組みになっているので、それでビジネスとして成り立つんですね。

 

転職エージェント:転職支援サービスが無料

 

GEEK JOB:ITエンジニア育成サービスが無料

 

と、簡単に書くと上記の通りです。一般的には有料なITエンジニア育成サービスが無料なのでちょっと怪しげに見える訳ですね。

 

が、有料のITエンジニア育成サービスは、就職によって成果が払われる仕組みがありませんので、有料なのです。

 

いわば、企業がお金を払ってでも、ITエンジニアを育成したいと思うくらい、今、ITエンジニアは不足しています。

 

事実、私が働くIT企業でも、人手が足りてません。人手が足りていないので、ビジネスを断るケースが多くなってきていて問題になっています。

 

かといって、全くの未経験者をイチから育成するほど、IT企業には時間も無いし、育成を担当する人すら足りません。

 

正確に言えば、育成を担当するくらいなら、ビジネスを担当してくれ、と言うのが会社としての想いです。

 

そのくらい、人手が足りないので、営業を辞めたいと思っているのであれば、180度方向性は違いますが、ITエンジニアと言う選択肢も持ってみて良いかと思います。

 

 

 

正直、やすやすと異職種には難しいと思う

正直、営業を辞めたい、営業から違う仕事に就きたいと思っていても、特に転職で簡単に異職種というのは、結構ハードル高いと思います。

 

と言うのは、転職市場で言えば、第二新卒とか未経験OKなどではない限り、基本的には即戦力を求めるからです。

 

また、未経験OKの場合、その代償ではないですが、給与のアップは見込めません。そりゃそうですよね。経験ゼロ、スキルゼロの人を高い給与で雇うほど会社に余裕はありません。

 

もちろん、可能性はゼロではないですし、意気込みと熱い想いで未経験でも異業種へのキャリアチェンジを勝ち取れます。

 

が、ネットにある体験談をよくよく見てみれば、それなりに努力と言うかアピールポイントがあるんですよね。

 

例えばある記事で見たのは、営業から経理に転職した人のストーリーですが、経理の仕事に就くために簿記の資格を取った上で転職に挑んだというものでした。

 

丸腰では当然無理ですが、簿記の資格を持っている時点で経理としての素地はあるということが言えますから、会社としても未経験であっても採用しやすいし、何よりやる気と熱意を感じますよね。

 

ちなみに、私の会社の経理部長は簿記の資格持っていないらしいので、簿記が無くても経理の仕事には就けますが、こうした裏の努力やアピールポイントがあって、未経験でも異業種転職可能ってなります。

 

つまり、そもそも全くの未経験者を受け入れるほど会社に余裕はない、すなわちニーズが無い訳なので、簡単にサクサクと営業から違う職種には行きづらいと言えます。

 

逆に言えば、先の経理へのキャリアチェンジのように、何かしら資格とかスキルを持っていれば未経験であっても戦力となる判断がされるため、異業種への転向がしやすい、となります。

 

なので、営業辞めたいなら、丸腰でキャリアチェンジに挑むのではなく、何かしら次の仕事に向けてのスキル獲得などをした方が成功しやすいと言えます。

 

WebマーケティングとITエンジニアはその最たるものですね。

 

もちろん、キャリアチェンジもそうですが、スキルの習得は簡単ではないですので、まずはこれらの仕事・職種を知る事から始めて、興味がありそう・面白そう・自分に合いそうなどが直感でもOKなので、感じるかどうかで判断してみてください。

 

 

 

 

まとめ

まとめますと、営業辞めたいあなたにおススメしたい次のキャリアは以下です。

 

デジタルセールス

 

Webマーケティング

 

ITエンジニア

 

どれも、目指せる手段はありますし、中には無料のものもあります。リスクゼロですね。

 

なので、敬遠するのではなく、まずはどういう仕事なのか、どういうキャリアを将来歩めるのか、年収ややりがいはどうなのかなど、色々情報を集めてみてください。

 

分からない事や、イメージ出来ないのは全く問題ありません。

 

一番問題なのは、分からない、イメージ出来ないからと言って、選択肢から外すことです。

 

まずは選択肢に入れる事から始めてみてください。

 

今回は以上となります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。