営業職

営業に異動になって辞めたいと思う・・・[勇気を出して辞めよう]

他部署から営業に異動になったけど、嫌で辛すぎて辞めたい。このまま耐えれないよ。。。

 

こうしたお悩みにお答えします。

 

他部署から営業に来ると、しんどくて、辞めたくなりますよね。売上ノルマがきつかっり、顧客との人間関係構築にストレスを感じたりなどなど・・・。

 

にもかかわらず、結構多くの人が、畑違いの仕事から営業に異動になって来るケースが多いです。

 

嫌で辛いのに耐えて耐えて続けるしかないのでしょうか。

 

そんな事無くて、辞めたいと思うほどの仕事は無理して続ける必要無いです。

 

この記事では、そんな、営業に異動になって辞めたいと思うくらいツライあなたの気持ちを楽に出来るような内容を発信していきます。

 

あなた自身の行動も必要ですので、不安も大変な事もありますが、前に進んでいきましょう。

 

営業に異動になって辞めたい(辛すぎ)

辞めたいならば辞めて全く問題無し

辞めたいと思っているのであれば、辞めて全く問題ありません。

 

冷たい言い方に聞こえるかもですが、そういう意図は無いです。

 

シンプルに考えて、嫌で望んでいなくて楽しくも無い仕事を我慢してやる必要は無い、という感じです。

 

辞めたいって思うのは、相当なストレスを感じていたり、心底嫌で苦痛しかない、みたいな感じかと思います。

 

そんな状態で仕事していたら、そのうち、体も心も壊れてしまいます。

 

やりがいもなく、苦痛しかない仕事は早くドロップアウトしたほうが良いです。

 

おまけにあなたの意志が全く反映されていないのであればなおさらです。

 

簡単に言うなよ、って思うかもですが、結局そのうち心身どちらか壊れるので、壊れてから考えるか、壊れる前に考えるか、と言う感じです。

 

営業に限らずかもしれませんが、そのような状態で辞めたいと思うのは当たり前で、耐える必要性も低いし、耐える事で得られるものも少ないので、辞めて全く問題無いです。

 

仕事を辞めなさいのサイン(営業辞める為の見極め) こうした疑問にお答えします。 営業辞めたいって思っているけれど、踏ん張って頑張るべきなのか、本当に辞めた方...

 

向いてない仕事を続けた結果はこちら[営業が向いてません] こうした不安にお答えします。 営業の仕事が向いていないのはあなた自身よく分かっていても、収入無くなるから簡...

 

 

 

辞めるなら早い方が良い

辞めたいと思っていて、辞めようと思うならば、早ければ早いほど良いです。

 

と言うのは、長く営業の仕事を続けると、それがあなたのキャリアや強みとなってしまうからです。

 

つまり、長く居れば居るほど、あなたは営業としてのキャリアを構築していくよう会社が考えたりします。

 

また、転職市場では、営業の即戦力として見られます。

 

営業からの逃げ道がどんどんなくなっていってしまう訳です。

 

営業に異動となる前のキャリア、あるいはまったく別のキャリアで今後生きていくのかを選択できる時間があるうちに、営業を辞めて次を目指した方が良いです。

 

 

 

辞めたいと思う理由は分析して理解しておく

辞めたいと思う理由、背景、経緯などは、あなたなりにしっかりと分析して理解しておきましょう。

 

正直、感覚としては、「なんとなく」や「生理的に無理」とか「嫌なものは嫌。説明は難しい」みたいな感じと思います。

 

それは正しいと思いますよ。

 

本能的に嫌で辞めたいって思う感情、他人に説明するのは難しいです。直感みたいなのもありますからね。

 

嫌いな食べ物は何故嫌いなのか?と聞かれても、嫌いなものは嫌い、おいしくないし、と言う感じですよね。

 

しかし、一応、異動した先の営業の仕事を辞める手段として、後半で紹介しますが、転職という手段を取る場合、何故辞めたいのか?という説明ができるようにすることは必須になります。

 

ちなみにですが、もちろん、直球で、「何故辞めたのか」と言うのは聞かれませんし、あなたからも言う必要はありません。

 

その土台となる考えは理解しておいた上で、いわゆるプラスの理由と言う風にするのです。

 

何故?を3回くらい繰り返してそれに対する答えを出しておけば、だいたい説明可能なストーリーが出来上がりますので、やってみてください。

 

 

 

再度異動出来るならベスト

営業に異動になって、でも辞めたいというとき、手段としてベストなのは再度異動することです。

 

同じ会社の中で仕事が変わる、あるいはうまくやれば元の部署に戻れることもありますから、色々と楽です。

 

短期間で再度の異動と言うのはなかなか難しいかもしれませんが、不可能ではありません。

 

実際、私が以前働いていた企業でのことですが、半年で元の部署に舞い戻ったという人が居ました。

 

ベテランの方でしたが、企画から営業に異動になった方でした。事業規模の縮小に伴い人員整理みたいな感じで他の部署の営業に異動になったものです。

 

全く無理で、仕事が生理的にも全く受け付けない感じだったのを強く訴えたようですね。

 

このように、苦痛であることを訴えるのは重要なので、遠慮なく訴えてください。そうしたら異動で営業から離れられるかもしれません。

 

なお、その訴えによって、「使えないヤツ」というレッテルを貼られるかもしれませんが、気にしないようにしましょう。

 

それによって昇格や昇給が危ぶまれるのかなどは分からないからです。

 

もしも、昇格や昇給が数年経っても全く無いのであれば、その時に対応を考えれば良いです。

 

未来に起こるかもしれない不安は、だいたい8割くらい発生しないからです。

 

営業から異動したいのだがどうしたらいい?[経験者が解説します] こうしたお悩みにお答えします。 営業の仕事が辛い、嫌だ、辞めたいって思ったら、まず考えるのは異動して別の仕...

 

 

 

営業に異動になって辞めたいと思うのはおかしくない

営業に異動になるのは最悪にシンドイ

他部署から営業に異動になるのは、かなりシンドイので、辞めたいと思うことは何もおかしくありません。

 

事実、私の知っている人にも、エンジニア部門から営業にコンバートされて、辛くて辞めたいと言っている人は数えきれないくらいいます。

 

みんな、「無理、やってられない、辛すぎ」と言って、結局、元のエンジニア部門に戻りました。

 

営業は、売り方とかテクニックとか色々巷に情報はあふれていますが、結局のところ、顧客とどう仲良くなり、うまく付き合っていくか、が全てです。

 

簡単にいますがこれが一番難しくて一番ストレスです。

 

厄介な顧客は多いですから、ストレス値が高いですね。

 

ソリが合わない、うざい、パワハラ系、昭和の石頭など、ありとあらゆる顧客に柔軟に対応し、時にハードな交渉をすることが求められます。

 

普通に営業の仕事の中でもシンドイのに、別の仕事からコンバートされてきたら、もう辞めたくなるのは当然です。

 

 

 

不本意な仕事はマイナスしかない

あなたが望まない、つまり不本意な仕事は、マイナスな事しかありませんから、辞めたいと思うのは何もおかしくないです。

 

この記事の中でも少し述べていますが、貴重な一度の人生を、辛くて嫌で辞めたいと思うほどの事に費やす必要などありません。

 

また、不本意な仕事は、会社にとってもマイナスです。

 

営業となるためには、その分、多くの契約を取る必要がありますが、結果を残せない場合、会社は不要な投資をしているとも言えます。

 

あなたと言う社員に給料や福利厚生など投資していて、その投資を回収できないのです。

 

マイナスしかないですよね。

 

辞めたいと思うその気持ちは、実はあなただけではなく会社のマイナスも救うことになるのです。

 

 

 

営業に異動になって辞めたいあなたが取るべき行動

再度の異動を強く訴える

まずは、再び異動出来るように強く訴えましょう。元の部署でも良いですし、他に行きたい部署があるならそこでもOKです。

 

少しリスクはあるかもしれませんが、精神的に辛くてこれ以上は耐えれないみたいな訴えをしても良いです。

 

事実だと思いますし、それを隠して耐える事は何もメリットが無いので、正直に辛い事を訴えてみてください。

 

確かに、仕事が辛いとか、今の仕事は耐えられないというのは甘えに聞こえるかもしれませんし、場合によっては今後の昇給や昇格の道が断たれる可能性もあります。

 

しかし、かといって、耐えて潰れても意味ないですし、嫌で辛い仕事を続けるのは苦痛です。

 

一度しかない人生を、そんなしんどい事に費やすのはもったいないと思いませんか?

 

多少、将来の道が閉ざされたとしても、クビになる訳ではありませんし、空いた時間と心の余裕があれば何か別の副業が出来るということも言えます。

 

不安に感じますが、不明確な事なので、今悩んでもしょうがないですから、思い切って堂々と正直に訴えかけてみてください。

 

 

転職

異動が無理そう、あるいは、時間がかかりそうなら、転職と言う手段を考えましょう。

 

異動申請と転職活動スタートは並行してやった方が良いですね。

 

異動がダメだった、から始めると少し時間がかかります。

 

転職は、職務経歴書等の書類準備、面接対策、エントリー等、本腰入れて始めるまで結構時間がかかります。

 

また、書類選考がサクサク通るとも限りませんし、給料や仕事内容であなたの希望するものにマッチするまでに時間もかかります。

 

なので、並行して実施したほうが良いです。

 

転職は、エージェント活用が一番早いし楽です。

 

たくさんのエージェントがあるので、どれが良いかハッキリ言って決めるのは難しいですが、私の経験上、メジャーな以下3つにまずエントリーしておけばハズレは無いです。

リクルートエージェント



 

マイナビエージェント



 

DODA

 

どれもメジャーどころで、あなたもCMなどで聞いたことのあるものばかりと思います。

 

あなたの要望に合った求人を、調べなくてもバンバン紹介してくれるので、待ちの姿勢で大丈夫なので、仕事しながらの活動に合っています。

 

まずは登録して一度エージェントと相談して、そこからどうするかでOKです。

 

ちょっとエージェントとソリが合わないとかイマイチだなと思ったら交代も可能ですし、極論そのエージェントは使わないという手もありです。

 

動き出さないと始まらないので、まずは登録から開始してみてください。

 

 

 

まとめ

まとめますと、営業に異動になって辞めたいと思うならすぐに辞めるための行動を取ることをおすすめします。

 

辞めたいと思い詰めるくらい嫌で辛い仕事を耐えて続けるのは、非常に苦しいです。

 

また、耐えて長く営業をしてしまえば、あなたの今後は営業のキャリアが強く前面に出てしまい、会社でも営業としての育成されることとなり、転職市場でも営業の即戦力の扱いになってしまいます。

 

営業のループから抜け出せなくなりますので、辞めるなら早めの方が良いです。

 

周囲の意見やあなた自身の不安もあると思いますが、今行動しないと、将来逃げ道が無く鳴ってしまいます。

 

なるはやで行動しましょう!

 

今回は以上となります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。